ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

答5 ヒステリックですか?急に怒り出す彼女に恐怖!

恐怖!幸せの後に訪れる彼女の怒り

okoruonnna

「ふう・・お腹いっぱいだわ・・美味かった」

百合子の料理。その家庭的な味に大満足だ。

まだ二十歳のこんなに若い子がちゃんと料理を作れるとは・・世の中捨てたもんじゃねえや。

百「じゃあ食器とか片すね~」

「お、洗いもの?俺やろうか?」

百「ううん・・ゆっくりしてて。いつもご馳走になってるから。」

「じゃあ・・お言葉に甘えて。」

女性から思いやりを受け取ると男として嬉しい。

こういう「デキた女」は早くに結婚してしまうんだろうなあ・・。タバコを吹かしながら俺は思う。

ジャバジャバとキッチンからは食器を流す水の音が聞こえる。

「俺・・キテるな。」

毛根の話ではない。福岡に来てからというもの上手く行き過ぎな気がする。

ここまでくると、俺の人生の残り「運」はあまり残っていないかもしれない。

 

「さて・・もうちょっと酒でも飲んだら風呂でも入って身を清めるか・・」

今日はきっと二人の初夜になるに違いない。俺は完全に調子に乗っていた。

百「ふう!洗い物終わったばい!」

「お疲れ様です。ほんとありがとう~!こっち来て晩酌しようぜ。」

百「うん・・。疲れちゃった。・・ちょっとゆっくりする。」

彼女はそう言ってビールをチビりと飲んだ。そして俺にもたれかかった。

TVの中では鉄腕ダッシュでTOKIOのリーダーが何かにチャレンジしていた。

百合子のしっとりとした長い髪からは良い匂いが漂ってくる。彼女の髪になじんだシャンプーの香だ。

これだけの好条件下。オッサンといえど発情しないわけにはいかない。

俺は首を無理やりに捻じ曲げて彼女にキスをした。百合子から熱い空気を感じる。

そしてチンジャオロースのピーマンの臭いがした。

「ん、ちゅ・・」

次第に舌が絡まり、激しくなってくる。

そして俺は彼女のFカップに手を伸ばそうとした。ムニっとボリューミーな手触り。興奮も最高潮だ。

しかし、それも長くは続かなかった。

「痛い!ゐててて!」

百合子が俺の手の甲を思いっきりつねる。なんだこのデジャヴ感は!

「なぜでござる!?」

百「コホン!ちょっといい?アナタこの前と同じことしてるよね。」

「・・・はい。」

百「ちゃんと付き合うまではさせないし、触らせないって言ったやろ?お前はバカなの?」

はい・・ママ。

「俺らもう付き合ってなかったけ?てか事実上はもう・・」

百「付き合おうなんて言われてない!なんか軽い!」

「そんなこと言われても・・。」

突然キレ始めてられても困る・・やはり百合子にはメンヘラの素質がある気がする。いやこの場合俺が悪い気がする。

さっきまでのいい雰囲気がもろくも崩れた。

 

百「しかもトイレに長い髪の毛落ちてた!YUちゃん他に女いるでしょ?」

うっかりさんである。僕は掃除を怠った。きっとそれは谷山子のものだろう。

だって俺の髪の毛は肉眼では見れないほど短いのだから。

「えっと・・多分俺のアソコの毛・・かな?」

百「うそつけい!こんなストレートなのない!」

「知らんがな!千の風にのってきたんや!」・・認めたら間違いなく終わりだ。コ○される。

百「しゃーしいっちゃ!キサンくらすぞ!?」

※「しゃーしい、しゃーしか!=せからしい=うるさい、やかましい、うざい的な博多弁です。」「くらすぞ=ぶっ飛ばすぞ」と思っていただいて間違いないです。皆さんは福岡でなるべく使わないように。俺はめっちゃ使われたんで覚えました。(泣)

「いや・・キサンとかくらすとか・・女の子がそんな言葉使っちゃだめだよ・・。」

百「他に女がいるなら帰るし、もう会わん!」

「ファー・・。な、なんでそうなるの?」

女って極端。30分前までのあの幸せはどこへ?

「いや百合子の勘違いだし、俺もどこから紛れ込んだのか・・驚いております。それに、ちゃんと真面目に付き合おうと思ってますよ・・。」

ええ・・僕はクズですよ。

百「ほんとに他に女いない?」

「うん。勿論・・。」

百「ちゃんと大事にしてくれると?浮気せん?」

「ええ・・と。努力する。」

百「・・・」(真剣なまなざし)

「・・・・」(眼球きょろきょろ)

百「わかった、信じる。」

「ふう・・良かった。」

百「怒鳴っちゃって・・ごめんなさい。」

「いいよ。もうくらさないでね。」

彼女は再び俺の肩にもたれかかる。

俺は懲りずに彼女の胸へと手を伸ばした。馬鹿なのである。

百「YUちゃんごめん・・今は気分じゃないの。」

百合子は苦々しく笑ってそう言った。

俺は彼女から発せられる何とも言えないオーラに怖くなって手を引っ込めるのだった。

これは二股とか無理や・・そんなことをすればきっと事件になるに違いない。

ーーー終わりーーー

百合子と出会った「ラブサーチの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

百合子の出会い話(答編)

  1. 百合子が博多に会いにくる。
  2. トラブル発生!俺のフェラーリ(ワゴン車)壊れる?
  3. マリノアでクルーザーを見ながら昼食デート
  4. 彼女の手料理は俺の男心をガッチリ掴む
  5. ヒステリックですか?急に怒り出す彼女に恐怖!

みんなのコメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. これは、YUTAROさんがちょっかいだしたらあかん女やと思いますよ。

  2. 九州女はこわかねぇ!
    その分、情にあつかね!

    • 気の強い子は多いかもしれませんねー!情熱的で情が深い子も多いですが、別れ際さっぱりしてる子も結構いますよー。九州は全体的に離婚率が非常に高いですから!

  3. 彼女は勘がいいですね(>_<)

    Yutaroさん、どう出る?(^_^)

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top