ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

見4 期待と恐怖が入り交じる。彼女が作る雑煮

初めて食べる彼女の雑煮(福岡バージョン)

福岡雑煮

二人でスーパーへと入る。

3日ともなると食材を買い求めるお客たちで店内は混雑していた。

 

「えっと・・何作ってくれるの?」

衛「約束どおり雑煮だけど?」

(雑煮だけかよ・・。)

そうと思いつつ、野菜コーナーでかつお菜をカゴに投入。

かつお菜は高菜の仲間で、福岡の雑煮には欠かせないものらしい。

衛「YUくんちって大根ある?」

「大根?無いけど?」

衛「じゃあいれとくね。」

雑煮に大根入れるの?

鰤(ぶり)と鶏肉もイン。これはきっと雑煮のついでに「煮物的な物」を作ってくれるに違いない。

雑煮と煮物・・味のジャンルがちょっと被っている気もするが・・。

案の定ビールなんかもカゴに入れてお会計。

 

「あの・・・肝心の餅は?」

衛「餅とかは実家から持ってきた。」

 

買い物を済ませて家に到着。衛生女の大量の荷物をなんとか部屋へと運ぶ。

 

「ふう・・腹減った・・。」

衛「私も・・さっそくお雑煮作っちゃおっか!」

「手伝おうか・・?」

衛「大丈夫・・一人でできる。」

少し自信のなさ気な彼女の表情が、少しだけ俺を不安にさせる。

 

衛「あっ・・これ実家のおせち貰ってきたんだ。良かったら食べて。」

「おお!ナイス!んじゃとりあえずビールで乾杯しよか。」

 

乾杯を済ませて、正月番組を見ながら一人でおせちをつまむ。

トン・・トン・・。

キッチンからはぎこちない包丁の音が響いてくる。大丈夫だろうか?

10分・・20分・・30分。

40分を過ぎる頃、俺はやっぱり不安になってキッチンを覗きに行った。

「じゅ、順調?」

キッチンでは衛生女が腕を組んで携帯を覗き込んでいる。

(もしやクックパッド・・?)

いや・・ここは下手な自己判断よりもネット上のレシピに頼ったほうが「安心・安全」である。

衛「大丈夫!大丈夫だから!気が散るから部屋に行ってて!」

鍋はシューシューと蒸気を吹き出していた。

「あっそう・・?(これ大丈夫じゃないヤツだ)」

俺は冷蔵庫からビールをもう一本取り出して、部屋へと戻った。

さらに20分ほどして、部屋のドアが開く。

 

衛「おまたせ☆」

「お、おう。」

 

彼女は味噌汁用のお椀を2つテーブルへと載せた。

出汁のいい香りが鼻をくすぐる。

 

衛「うまく出来てるかはわからんけど・・。」

 

俺はゴクリと唾を飲み込んで、お椀の中を覗き込む。

菜っ葉(カツオ菜)に丸いお餅に鰤、しいたけ、かまぼこ、鶏肉、人参と大根が所狭しと入っている。(他に里芋とかスルメイカなどが入ることも)

煮物で出てくると踏んでいた鰤や大根、そして鶏肉が雑煮の中にINしている。

これが福岡の雑煮か・・さすが食の街だけある。

餅と餅菜というシンプルを極めた名古屋の雑煮とはかなり違う。

愛知の雑煮名古屋はマジでこのレベル。

 

「な、なんか豪華やね。いただきます。」

俺はズズッと汁を飲み込んだ。

「お・・美味い!」

少し濃い目の味付け(煮詰めたせい?)だったが、予想していたよりも美味い。

鰤も鶏肉も、そして初めてのカツオ菜も美味である。

「やるやん!衛生女やるやん!」

衛「やろ?私もお雑煮くらい作れるのだよ。」

自慢気に言う彼女。今日はちょっと頼もしい。

 

「さて・・おかわり貰おっかな?」

衛「え?無いよ。」

「何が?」

衛「おかわり。」

「え?」

衛「え?」

「・・嘘だ。」

衛「ちょうど二人分の分量で作っちゃったし。」

「マジで?あんなに手間かけたのに?」

衛「だって余ったら勿体無いし。おせちもあるし・・。」

 

1時間もかけて、おかわり無しとは・・。

逆に二杯分きっちりで作るの難しいと思うんですが・・。

 

衛「そかそか!そんなに美味しかったのねw また明日の朝作ってあげるよw」

初めて食べる彼女の雑煮はわずか1杯でエンドロールを迎えるのだった。

ーーーつづくーーー

衛生女と出会ったサイトを見る

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

みんなのコメント

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. かわいいじゃん!(*^_^*)

    手間かかってもちゃんと食べれば!
    良しとしましょう!!

  2. 美人で

    料理もうまくなって

    隠れ巨乳

    スタイル良し

    いうことなし

    羨まし~~~~~~~~~~~~~~~

    • 料理は「クックパッド」先生のおかげですけどねw
      でもそこは医療系の仕事ということもあってか分量通りに作ってくれるんで味は悪くないですw

  3. By はらほれひれはれ

    なんか平穏すぎて、つまらん!!(笑)

  4. 余り物は許さない

    キッチリ彼女ですね😃

  5. ヲレも九州人だけどスルメイカ入るね。
    具は大根、丸餅、人参、セリ、スルメイカだった。

    正月に湯谷温泉でお雑煮食べたときは何これ?状態だった。。。
    正月菜と餅、合わせ味噌、削り節のみ(笑)

    九州のお雑煮が懐かしいですわ。

    • 九州の雑煮は具だくさんですよね~。
      東海地方は基本シンプルなのかも・・。味噌系の雑煮はまだ食べたことがありませんw

      ちなみに僕が九州に来て変わったのは「醤油が甘くないとダメ」になっちゃった点ですね。(鹿児島は甘すぎますが)

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top