ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

山1 山ガールに誘われて・・俺は由布岳に登る

再び彼女と!爽やかに山登り

yuhudake7月も終わりに差し掛かろうとしている。

今日、俺は早起きしてある女性を迎えに来ていた。

場所は福岡市の南にある柏原だ。そう彼女の名前は山子だ。

彼女との初対面は一緒に福岡の外れにある「油山」に登るという、俺にしては珍しいアポだった。

これが意外にも楽しかった。ということで山登りの素晴らしさを教えてくれたのが彼女なのだ。

山子前回の話⇒たまには爽やかな出会い。初アポは山登りだった。

6月のある日、仕事終わりの彼女から焼き鳥屋に誘われた。

その頃の俺は百合子と付き合っていたのだが・・行きますとも。もちろん。

焼き鳥屋で雑談を繰り広げていると、再び山登りの話になった。

「最近、登ってる?」

山「ちょっと前に宝満山に登りましたよ!」

「お!相変わらずの健脚ですな!」

山「YUTAROさんは?」

「俺もちょくちょく油山に登ってるよ!」

そんな感じで爽やかな会話に終始する。

山「それじゃあまた今度二人で登りましょうよ!」

女の「今度」は二度と来ないこともある。

「いいねえ・・どこ行く?」

山「そうですねえ・・どっか行きたい山あります?」

うーん・・九州の山なんてほとんど知らないからなあ・・

てか俺はお前という山に登りたい・・。彼女はHさせてくれないし・・。

「あっ!そういえば湯布院あたりに由布岳ってあるよね。湯布院から別府に行く道中にいつも登山口の看板見かけるんだけど、気になっててさ。」

・・と山登り初心者が調子に乗って言ってみる。

山「わかるかも!アフリカのサバンナみたいなとこですよね?」

「そうそう!そこに登ってみたいんだけど」

山「私も気になってるんですよ~♪じゃあ行きましょうよ!」

ということでその日は「行けたらいいね!」くらいで予定も立てずに爽やかな話をして別れた。

それから1か月くらいして、彼女から電話がかかって来た。すでに百合子とは別れた後である。

山「来週の水・木曜日に連休が出来たんで、この前話してた由布岳登りませんか?」

美容部員はシフト制なのでこういうこともたまにあるようだ。

「いいねえ!いこいこ!」

梅雨が明けたので久しぶりに体を動かしたいと思っていたところだ。

山「水曜日と木曜日どっちがいいですか?」

できれば彼女とは爽やかな関係でいたかった。

しかし俺にはチ○コが生えているクソ野郎だ。

「なんなら泊まりで行っちゃう?山登りの後の温泉とか憧れるわあ・・」

玉砕覚悟で物申す。

山「え!それ素敵ですね!温泉に泊まりましょう!」

え・・?嘘。

俺の中の彼女は身持ちが堅そうなイメージだったので100%却下されると思ってた。

もしかすると男として見られていないのかも?彼女いわく俺は少しゲイっぽいらしい。

「え?いいの?じゃあ宿予約しとくわ。」

山「えー!お宿は私に決めさせてくださいよ~行きたい旅館があるんです♪」

「高いのは無理よ?」

山「割り勘ですって!しかも安いらしいんですよ!その旅館!」

女の子と泊まれるならどこでもいい。

「じゃあお願いしちゃおっかな。時間とか細かいことはメールで決めよう。」

・・ということで今日に至るわけだ。

今日は雲ひとつ無い晴天だ。(九州はPM2.5がめっちゃ飛んでますけどね)

絶好の登山日和だろう。俺は爽やかなままでいれるだろうか?

ーーーつづくーーー

山子と出会った「ワクワクメールの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

山女との出会い話(山編)

  1. 山ガールに誘われて・・俺は由布岳に登る
  2. 彼女の手作り弁当が嬉しい!ここに嫁候補現る。
  3. いよいよ由布岳を登る。なんだかんだで素晴らしい。
  4. やまなみハイウェイを通り「草太郎庵」へ・・
  5. 童貞こじらせても魔法は使えないが奥手になるから気を付けろ。
  6. ドSなイケメンマッサージ師のおかげでハートに熱を帯びる
  7. 浴衣がはだけて我慢ならねえ!・・彼女に飛びかかってみる。
  8. 青い空、新鮮な空気、白い肌、ピンク色の乳首。今日は良い日だ!

みんなのコメント

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 山子の道も一歩から😉

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top