出会い系体験日記

春色8 ホテルに入って焦らされると心臓に悪い。

更新日:

乱れ乱れて乱れ咲き・・。

乱れる女

「おお!メッチャ雰囲気いいですねえ・・。アジアンな感じ。」

ラブホの部屋はセンスよく作られており、インテリアデザイナーのセンスのよさが伺えまする。

 

ひとしきりお部屋探訪をして、ソファへと座る。

 

「お酒にする?お風呂にする?それとも私?」

鯉「YUちゃん・・それなんか違うから。男の人からは言わないよw」

「じゃあ鯉女が言ってみてよ。」

鯉「お酒にする?お風呂?それとも私?」

「お前だああああ!」

俺はオオカミの形相で彼女に飛びかかった。

形のいいオッパイに顔をうずめた。ふうう!メスの良い匂い。

鯉「うーん。それもちょっと違うよね。」

「ダメ出しが冷静!!」

鯉「そういう事は、お風呂入ってからね。」

「数ヶ月会わない間に何があった?」

鯉「あはは・・。」

「でも、めっちゃ良い匂いするよ?」

鯉「ダメです。」

「・・はい。じゃあ一緒にお風呂に入ろうよ。」

鯉「うーん。ダメ。」

「なぜなのさ!?」

鯉「だって久しぶりだし・・女子はね。いろいろチェックすることがあるんです!」

「ほほう・・。一緒にムダ毛の処理とかしてもいいんだぜ?」

鯉「もう!YUちゃん先に入ってきて。すぐ終わるでしょw」

「うん。髪の毛ないから1分で終わる・・っておーい!」

 

ということで一人でシャワータイム。

髪の毛は諦めているので、ボディーソープで全身を洗う。

 

頭、顔、肩、腕、胸、背中、腹・・チンコ。つまりボーダレス。

 

熱いシャワーで洗い流して、タオルで拭き取る。

乾燥も含めて、3分もかかっていない。鯉女の言う通りだ。

 

(俺ってば、インスタントラーメンかよ!)

 

歯ブラシを持って部屋へ戻る。

 

「お先でございます~。」

スマホをチェックしている鯉女にご報告。

 

鯉「はやっ!ちゃんと洗ったの?」

「オカンみたいな事を言うねえ・・。洗ったよ?匂い嗅いでみ?」

鯉「うん。良い匂い!合格!」

合格って・・。

もしかして俺・・加齢臭出とったんか?

 

「ほら・・鯉女も、さっさと入っておいでよ。」

鯉「さっさは嫌だけど、入ってくるねw」

お次は彼女の番だ。

 

ゴシゴシゴシ・・歯を磨く。まだか?

タバコを一服。まだか?まだか?

ホテルのルームサービスをチェック。まだか?お!コスプレ!がある。

 

こっそりアダルトチャンネルを視聴する。まだか?×10。

(もうコイツで抜いたろかしら?)

 

結局彼女が風呂から上がったのは、40分経ってからだった。

俺の10倍以上だ。

もう!女ってなんでこんなに風呂に時間かかるのよ!?

 

「待ってたよ~!待ちくたびれたわよ~!洗面所に鍵かかってたから、ハミガキ終わっても、口が濯げないまま、タバコ吸っちゃったよおお・・。」

鯉「あっ・・それはごめんね。」

とりあえず口の中が気持ち悪いので洗面所でガラガラぺッ!

口の中すごいミント臭だ。

 

「よし!行くでえ!」

俺は鯉女を押し倒した。

彼女は、オー・デ・コロンの匂いが、同じボディソープの香りに変わっている。

でも俺よりも、良いの匂いがするのはなぜだろう。

 

彼女の髪に触れると、しっとりと濡れていた。

んちゅ。んちゅ・・。

 

熱を帯びた唇が絡み合う。

キスってなんでこんなに気持ちいいのだろう。

 

彼女の耳の周辺や耳の穴を舌でグチュグチュに舐める。少ししょっぱい。

 

鯉「だめえ・・耳よわいからああ。」

「フーフーフー!」

鯉「んああ!ゾクゾクするう!」

うん!反応が楽しい。

 

俺は、首筋を愛撫しながら、彼女のパジャマのボタンを外していく。

キレイに引き締まった、彼女の腹筋がお目見えだ。

 

(やあ。久しぶりだね。)

ピンと立った。お乳首様を口全体で転がしながら、体全体を愛撫する。

 

肌の一部分が、チクチクする。これは彼女の努力の結晶だ。

 

鯉「ああん!」

パジャマのズボンを下げると、いきなり彼女の陰毛が顔を出す。

 

(・・パンツがない。)

履いていないのは、女子ならではの事情があるのだろう。きっと。

 

こっそりマンマンの匂いを確かめつつ、親指で全体を優しく撫でる。

彼女の愛液が、ぬるっと指に絡みついた。

ソレをすくい取るように、舌先で舐め上げる。

 

鯉「ああん・・あん。だめえ。」

こういう時の「ダメ」って、なんて心地いい響きなんだろうか。

 

入念に、熱心に、彼女のマンマンを舐めると、俺の口の周りは、愛液でドロドロになった。

 

鯉「ゆ、YUちゃんのも触りたい・・の。」

「ど、どうぞ。」

俺は、息子を彼女の前に差し出す。

 

鯉「かわいい・・。」

(オイ!!それは絶対に言ってはいけない言葉だぞ!!)

 

ジュプジュプジュプッ!

でも・・鯉女のフェラに可愛がられて即勃起。

 

「も、もう・・入れてもよか?もう・・俺・・いろいろしかぶりそうばい。」

急な博多弁の登場。

「しかぶる」⇨「小便やウ◯コなどをダイナミックに漏らす事」

つまり俺の使い方は間違っている。

 

鯉「・・・うん。」

 

枕元の帽子を高速で息子に被せる。

彼女を仰向けに寝かせると、ガバっと足を広げた。

 

(ああ・・観音様が丸見え・・こりゃあ・・ええ眺めや。眼福眼福。)

 

ずぶぶ・・

 

彼女の中に息子が飲み込まれて行く。

さいしょは・・ゆっくり・・いや我慢できねえ!

 

勢いよく、腰を振り。

鯉「ああああ!そこっ!はげしっ!」

 

腰を打ち付ける度に、じゅぶじゅぶ!と凄い音がする。

ゴムと化学反応した、彼女の愛液の匂い。・・意識が飛びそうだ。

 

じゅぶじゅぶ!

鯉「ダメ!ダメ・・今日・・すぐいっちゃ・・。」

なんやこれ・・なんやこれ!エロ過ぎる!

 

大股を開き、ガンガンに突かれて悶ている彼女がとても切ない顔で乱れている。

 

俺のエロセンサーが総動員。

エロは触覚、聴覚、そして、視覚だ!

 

「ああ!俺も・・いくうっつつ!」

 

Yo!精子が発射オーライ!

Mo!制止はきかなーい!

 

ドクッ!ドクッ!ドック・・

 

(ああ・・・・。今日はなんと幸せな日だろうか。)

⇩前回を読む⇩

春色7 本気?ラブホテルに女性だけで泊まるのが流行ってる。

⇩一話目から読む

春色1「時速119キロもスピード違反じゃないよ~♪」本当はもっと出る説

YUTAROオススメの出会い系

サクラなしで会えるサイトは?

出会い系や恋活アプリには、サクラを使った、詐欺サイトや悪質アプリが量産されています。どれだけお金を費やしても絶対会えません

管理人が実際にたくさんの女性と会えている優良サイトで出会いライフを楽しんでね♪

ワクワクメール 150人以上と会えた、若い子も多い!

ワクワクメール

ユーザー数700万人超え。サクラを一切なしで信頼度が高く、恋活からアダルトな出会いまでイケる。YUTAROもココで150人以上の子と会えている。タイプを細かく絞って女の子を探せたり、無料で使える伝言板など、低料金で出会い探しができるのは非常に助かる。20代の若い女子が多いのもありがたい。

ハッピーメール ユーザー数1700万人と驚異的

ハッピーメール

ニュースなどで何かと話題の出会いSNS。ユーザー数は1700万人と桁違いの利用者。YUTAROのアポ実績は100人以上の頼りになるサイト恋活よりも大人系の出会いに強い。サポート対応力にも定評があり。初心者も安心して利用できる。

-出会い系体験日記
-

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない! , 2018 All Rights Reserved.