「山しのぶ」に奮発して泊まってきた。恋人とマッタリ過ごせるお宿

山しのぶ玄関

今日は記念日。小田温泉「山しのぶ」へ

▷遠恋前の彼女と過ごす貴重な時間編の1話目へ

YUTAROと苺女は旅館へ到着。

今回お邪魔した旅館の名前は「山しのぶ」という旅館。

山しのぶは、以前に泊まった「草太郎庵」の姉妹旅館だ。

山4 やまなみハイウェイを通り「草太郎庵」へ・・そばうめえ!温泉後に悶絶

12部屋しかないので、ゆっくりまったりお忍びデート向き。

黒川温泉郷から少しだけ離れた、小田温泉に属している。

山しのぶは公式サイトから予約すると一番安い。

この宿のように、公式サイトから予約を受付ているところはあるので、じゃらんや楽天トラベルなんかと値段を比較してみて、お得に予約するのもテクニックの一つだ。

 

せっかくだから、彼女とゆっくりイチャイチャしようと露天風呂付きの部屋にしようと思ったが、4万円を超えるので予算オーバー。

ただでさえ奮発しているので、正直キツイ。貸切風呂で一緒にゆっくり入ろう。

山しのぶの情報とレビュー

旅館名:山しのぶ

住所:熊本県阿蘇郡南小国町満願寺5960

公式サイト:「静寂な森の宿 山しのぶ」

オススメ度:[star5]

恋人や家族と行けば、きっと喜ばれる旅館だと思う。

12室しかなく他のお客さんとほぼ合わないので、お忍びで行くのもアリ。

泉質は、「ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩温泉」と色々混ざってる。メタケイ酸は310mgとスーパー美肌の湯だ。

ちなみに料金はちょっとお高め。最低でも二人で3万円代後半はかかる。でも、それに見合った価値ある旅館。

立ち寄り湯なら500円とお得に入れる。ただ時間帯は短いので注意。予約は公式サイトからが一番お得

 

雰囲気とセンスの良いお宿

「うわ・・この宿めっちゃ良いやん。」

苺「くう!素敵すぎる。」

 

・・宿の雰囲気がたまらなくいい。

なんて言うか玄関先に、柄杓で打ち水しまくりたい感じ。(意味不明)

館内は、日本家屋と古民家が融合した感じだ。

センスの良い調度品が、木をふんだんに使った内装とバランスよく融合している。

・・旅行ブログっぽい事を書くのは、これくらいにしておこう。

 

「なんか、めっちゃ広ええええ!」

恥ずかしい大人は、仲居さんに、館内を案内されながら、部屋へと到着する。

苺「わあ・・YUちゃんお部屋もキレイだよ。」

 

ここが今日の二人の「愛の巣」になる予定だ。

申し訳ないので、ティッシュの消費はなるべく控えめにしたいところだ。

 

仲居さんにお茶を入れてもらって、お庭を借景にしながら一息つく。

景色の良い温泉で◯◯るのは野暮

「さてさて・・一緒にお風呂に行きますか?」

苺「いきなり!?」

「夕食の時間も迫ってることですし。」

まあ、ほら?とりあえず一発みたいな?

 

苺「わかった。ちょっと浴衣に着替えてくるね♡」

「おう、俺も頭にタオル巻いとくわ。」

苺「それ・・必要?」

しばらくして彼女が浴衣姿で登場。素晴らしい。

浴衣というメイド・イン・ジャパンのコスプレを見るだけでも、温泉旅館に来る価値はある。

 

苺「先にお風呂に入ってて。」

「うい。」

 

オイラはザバザバと手早く、大事な部分に湯をかけて、岩風呂へと浸かる。

夕日が傾いて、オレンジ色の光が木々に当っている。いい眺めだ。

ちゃぷん・・。極楽でござります。

 

彼女の細い裸体がやって来る。

俺はシャワーで大事な部分を洗う、彼女から目をそらした。

非日常の風景に、日常的な絵はいらない。

 

ちゃぷん・・。苺女が俺の横へと座る。

苺「はあ・・。気持ちいい。」

 

髪を上げて、露出したうなじがとても美味しそうだ。

眼前の景色と、彼女のうなじを交互に眺める。

 

(今、イチャイチャするのは野暮だな。イチャイチャするのは・・・。)

 

苺「珍しく触って来ないよねw」

「俺ってそんなキャラだっけ?」

苺「違ったっけ?」

ということで、チューくらいはしておこう。

上京記念にサプライズ

風呂から上がって、囲炉裏で休憩すると夕食の時間だ。

 

「旨え・・馬刺し旨いよおお・・。」

苺「てか野菜の美味しさが感動レベル。はい辛子蓮根あげる。」

「馬刺しをくれよおお・・。ここに住みてえよおお・・。」

何もかもが旨い。

 

食事が済むと、仲居さんがケーキを持ってきてくれる。

 

苺「わあ!けど・・なんのお祝い?」

「誕生日だわ。」

苺「??もしかしてYUちゃんの?ww」

「違う。さすがに自分の誕生日に、自分でケーキ用意するのは泣けるわ(笑)」

苺「でも私、1ヶ月も先だよ?」

「前祝いかな?あと東京おめでとう記念。」

苺「・・・嬉しい・・。」

 

そう言って涙ぐむ彼女。つづく「ありがとう」の言葉に、なんだかオイラも目頭が熱くなるじゃない。

ーーーつづくーーー

( 5/8話目 )

※タップで開きます。

8 Comments

yuyu

素敵な旅館ですね!いってみたいなぁ。
柄杓で打ち水しまくりたい感じになるかな(笑)

返信する
ぴゅあ

ブログなんて自己満足?なので人の評価とか気にすることないですよー。
少なくとも自分はこのサイトで色々なサイトを知り、良い思いもしてきましたからね。
ただ高評価でもいくつかは地域差がありまして使えないサイトもありましたが。
もう35なんで10年以上経ちますがまだ読んでますよ。あにいの年表が欲しいです笑

返信する
YUTARO

おーー!久しぶりのぴゅあちん。人の評価というか、嘘の体験談が腹立つんですよね~。ぴゅあちんもう35歳かー!時を過ぎるのが早すぎる。
簡単なのだと、2004年ネットで恋人ゲットナビ!オープン⇨2005年に日記開始⇨2008年札幌移住⇨2011年福岡移住⇨今に至るですかねw

返信する
ぴゅあ

噂の体験談当てにならないというか絶対嘘ですよね笑
最近はこのアプリで〇人とやれたとか、絶対やれるlineの送り方とか多いですね。
今はアプリの感想で本当か大体わかりますが。
どこも普通の女性がかなり少ない気がします。

婚活アプリもいくつか登録しましたが半年くらいで全て諦めました。
会ってないのに長い付き合いになりましたね笑
陰ながら応援し続けます

返信する
YUTARO

>噂の体験談当てにならないというか絶対嘘ですよね笑
>最近はこのアプリで〇人とやれたとか、絶対やれるlineの送り方とか多いですね。
>今はアプリの感想で本当か大体わかりますが。

出会い系やってたらそんなに簡単にヤれないってスグわかりますからね。
最近は500人に会ったとか、出会い系歴16年だとかそんな輩も出てくる始末。(それだけたくさんの女の子会うのにどれだけの苦労したと思っとるんじゃw)

ぴゅあちん応援ありがとう☆まだまだ男盛りなんで、諦めずにカムバックしてきてくださいね☆

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。