プレゼント渡そうとしたら「別れフラグ」立った!

オシャレ空間。ウィズ・ザ・スタイルへ。楽しいクリスマス会が一変。

▷「別れ」のクリスマス・イブ編の1話目を見る

博多駅に到着。

博多駅に筑紫口から入ると、つい数日前に鯉女を見送った新幹線の改札口が見えてくる。

楽しかった思い出を頭によぎらせながら、東急ハンズの前にある大きなエスカレーター前で苺女を待つ。

 

(うわあ・・カワイイ子多いなあ・・。)

5分ほど人間ウォッチングしていると、苺女がやって来た。

 

苺「待った?」

「ううん。今来たとこばい。」

 

ベタな待ち合わせトークをして、クリスマス会は開始される。

 

「てかキレイにしてきたやん!見違えた!」

彼女は、黒のコート姿にシックなデザインのワンピースとカーディガン姿で、いつもより大人っぽい。

苺「いつも変な格好してるみたいやんw でもセットした髪がグチャグチャになっちゃった。」

「・・髪があるだけでもいいやん。」

苺「疲れたー!最近仕事ほんと忙しいたい!」

「やっぱ年末はお客さん多いとね?」

苺「うん!多い!」

 

他愛もない会話をしながら、予約したお店へ移動する。

向かう先は「ウィズ・ザ・スタイル」という、オシャレなお店だ。

美野島にある自宅から歩いて10分程度の距離にある。

ウィズ・ザ・スタイル

ウィズ・ザ・スタイル:http://www.withthestyle.com/

ウィズ・ザ・スタイルの中には、ホテル、ダイニングバーや鉄板焼き、イタリアンレストランなどがあり、結婚式もできる。

記念日に連れていけば、ここ一つでなんとかなる気がする。

 

苺「ウィズ・ザ・スタイルって初めて来た!ここずっと来たかったと!」

嬉しそうにはしゃぐ彼女。

「なんか・・激オシャレやな。」

俺はこういう開放的でオシャレな空間は落ち着かない。

 

ムーディにライトアップされた大きな水盤を抜け、予約したレストランにへ入る。

 

苺「キャー!凄い雰囲気いい!YUちゃん予約してくれてありがとうね!」

普段は和な居酒屋ばかりなので、苺女のテンションも上がっている。

 

「だってクリスマスやしw」23日だけど。

 

普段飲まない白ワインで乾杯すると、前菜が運ばれてくる。

ガブガブと白ワインを飲み、二人は楽しくご歓談。

うん。今日はいいクリスマスになりそうだ。

 

「あっそうそう・・プレゼント。」

白ワインが赤ワインになり、メインのお肉が食べ終わる頃、俺はクリスマスプレゼントを渡そうと切り出した。

これ以上酔っ払うと、雑な感じで渡してしまいそうだったし。

 

お年玉を貰う子供のように、苺女の顔が喜びでほぐれる。・・・そう思っていた。

しかし彼女が見せたのは、少し困った表情だった。

 

そんな苺女のリアクションに戸惑う。

やっぱり23日にクリスマスデートはアカンかったのか?

 

苺「あの・・YUちゃん。実は大事な話しがあって・・。なかなか言えなかったんだけど・・。それ聞いてからプレゼント渡してくれるか決めて欲しい。」

「え・・・?」

なにこれ・・?

突然の別れ話フラグはなに?

ーーーつづくーーー

( 2/5話目 )

※タップで開きます。

12 Comments

せん

まぁ、悩み事が一つ消えそうでいいんじゃないの?
衛生女さんに集中できそうじゃないかい
あ、、、鯉女が加わるのか・・?
ややこしい人ですなぁ

返信する
ファンです♪

女性の~大事な話って………だいたい別れ話だったりしますよね。。。
( ノД`)…
違う話だと良いのですけど。。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。