恋人から突然の別れ話。遠距離恋愛は続かないワケ。

別れる

もっと会いに行けば良かった?悔やんでも時間は巻き戻らない。

8月6日。今日の最高気温も30度後半だ。うだるように暑い日が続いている。

もう少しでお盆に突入だ。もうすぐ苺女も夏休みで福岡に帰ってくるはずだ。

まだ決定事項ではないものの、久しぶりに会えると思うと嬉しいし、待ち遠しい。

衛生女と旅行へ行ったり、福岡の友達との飲みごとも多くて、ここ10日間ほどはスカイプで顔を見ながら話せない事が多い。

そんな時に限って、苺女から「今からスカイプで話せる?」という誘いが多く来てしまう。

その度に「ごめん今日は無理」と断っていた。

 

「そういえば、お盆は福岡に帰って来れると?」

このLINEを彼女に送って、今日も俺は男友達と飲みにでかけた。

その日は大いに盛り上がり、翌朝まで飲んでしまった。

ベロベロになって、自宅のマンションに帰ってくる。ダルい体と、頭痛のガンガンで、布団へと倒れ込んだ。

スマホを見ると、苺女からLINEが来ていた。

 

苺「うん来週帰ってくるよ。今日はスカイプで話せる?」

返事が来ていたのは、今から10時間ほど前だ。

「ああ・・やっちまった。」

YUTAROは、人と会っている間は、ほとんどスマホはいじらないので確認が遅れてしまった。

「ごめん!友達と朝まで飲んでた。今から寝るけん、起きたらスカイプしよう。」

二日酔いで頭が回らず、思いやりのないメッセージ内容になってしまう。そこらへんは得意分野なのに台無しだ。

「水、水・・。胃腸薬・・。」

俺はそれらを流し込むと、気絶するかのように眠りについた。

布団で二日酔いと戦いながら、なんとか起きることができたのは夕方ごろだった。さっそくスマホを確認する。

意外にも、彼女からの返事は来ていなかった。

ただ俺が送ったLINEのメッセージには「既読」がついている。

「おかしいな・・。あいつマメだから読んだら返事くれるはずだけど。」

忙しかったのかもしれない。でもなんだか胸騒ぎのようなものを感じる。

 

もっと会いに行っておけば良かったのかもしれない。

毎日数分間でもスカイプで話しておけば良かった。せめて昨日に戻ったら何か変わっていただろうか?

いまさら悔やんでも時間を巻き戻す事はできない。もう手遅れだったのだ。

急にやって来た別れ話に対応不可。

時間は8月6日午後9時頃だ。

二日酔いの胃のむかつきが少し収まったころ。

ニコチン切れを起こした俺は、キッチンでタバコを吸いながら、近くのコンビニへと食料調達に出かけようかと考えている。

いつもなら声を聞きたがるのに、胸騒ぎが大きくなる

その時LINEの通知が鳴った。苺女からだ。

苺「今、ちょっと良いかな?」

「いいよ。どうしたの?電話かスカイプで話す?」

苺「いやLINEでいいよ。」

いつもならSkypeか電話で話したがる彼女なのだが、今日はちょっとそっけない気がする。

俺は朝の胸騒ぎが、大きくなっていく感覚に襲われた。

「私達もう別れよう」に狼狽

苺「あの・・言いにくいんだけど。」

「いいよ。言ってみて。」

苺「私達もう別れよう。」

「ああ・・やっぱり」というのが感想と、「なんで?」というのが半々だ。

俺の心臓は早く脈打っている。

タバコを持つ手がブルブルと震えて、灰がコンロの上へと落ちた。

俺が彼女に会いに東京へ行ってから一ヶ月ほどしか経っていないのに何故?

あの日はあんなに楽しかったじゃないの?

別れの理由はなに?

「別れたいと思う理由を聞いてもいい?」

電話で話せばもっと詳しく聞けるかもしれない。でも声が震えてしまうかもしれない。

俺たちは淡々とLINEで話を続けることを選んだ。

「最近スカイプできなかったから、もしかして浮気とか疑ってる?」

返事が無かったのでこちらから聞き出すことにした。

苺「そういうわけじゃないの。寂しかったってのもあるけど。」

「他に好きな人が出来たとか?」

苺「出来てないし。あのね。今は勉強に集中したいの。」

「遠距離恋愛でたまにしか会えないんだから、勉強に集中するにはいい環境だと思うけど?本当にそれだけ?」

苺「あとね。YUちゃんってもうオジサンだから。」

俺はキッチンの引き出しを開けて「オブラート」を探そうとしたが、そもそもオブラートなんて買ってなかったことに気づく。

年齢差を承知で付き合っていると思っていただけに、ガツンと意識を刈り取る辛辣な言葉だ。

オッサンだから待たせるのは悪いらしい

苺「学校卒業しても、福岡に帰ってくるとも限らないし。このまま待たせるのも悪いかなって思って・・。ワタシじゃなくて近くのいい人探したほうがいいのかなって思ってたの。だから。」

親切心で別れてあげると言っているのだろうか?

ふつふつと怒りが湧いてくる。

「そっかわかった。別れよう。」

苺「ごめんね・・。本当にごめんね。」

なんやコイツ・・?

ありったけの怒りをLINEに載せて届けたかったが、楽しい時間を共にした女性だ。俺はこみ上げる言葉をグッと抑えた。

 

「今までありがとうな。東京で頑張るんやで。」

気がつけば震える指が、思っている事とは違うメッセージを送っていた。

苺「うん。ありがとう。YUちゃんも体に気をつけてね。」

「はは・・酒を控えるわ。東京なんて行かせなければ良かったな~w」

もう東京に対して責任転嫁だ。

苺「そうだね。東京なんて行かなかったら私達結婚してたのかもね。」

理不尽に責められる東京さん。ごめんねアナタは悪くないから。でも何かのせいにしないとやってられない。

こうして8月6日。僕達の遠距離恋愛はいともアッサリと消滅するのだった。

( 1/3話目 )

※タップで開きます。

8 Comments

YUTARO

あれだけラブラブな時期を経ても、本当にあっさりしたもんですねwまるで催眠術から冷めたような感じでw まああっさりしたほうが次に行きやすいんですけどね。

返信する
ラピュタとナウシカ

電話じゃなくてラインだけで話をすすめたのは、師匠の声を聞くと情がわいて別れることができなくなると判断したからかもね。

返信する
YUTARO

僕から女の子と切る時も結構LINE使っちゃいますね~。じゃないと相手の声を聞く事で情だったり、うまく気持ちを喋れなかったり・・ってのもあるのかな・・。面と向かって別れを言える人って凄いのかも?

返信する
YUTARO

思い出も多いですからね~。僕の場合別れる瞬間よりも別れてしばらく経ってダメージを感じますw

返信する
YUTARO

二股してたら申し訳なくて相手に怒れないって考えだったら二股もせずにこんな日記書いて無いんだなあw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。