ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

転3 彼女からのダメ出し

彼女がいたことを話してしまう俺

ukkari「筑紫女!」

天神で見つけた見覚えのある後ろ姿に向けて俺は呼びかけた。

間違いはない。忘れない。久しぶりだというのに確信があった。

たくさんの人がいる中で一人の女性だけが立ち止まる。

そしてゆっくりと振り返った。

「あっ!やっぱり!YUTAROさんだ!」

にこやかに彼女は微笑む。きっと俺の顔も笑っていたに違いない。

筑「聞き覚えのある声だと思った!でもよく私ってわかりましたね。」

「いや筑紫女は後ろからでもわかるよ。」

筑「え~!私そんなに変わった骨格してます?」

「博多弁」を話さない標準語の筑紫女は訛りのキツい福岡では新鮮だ。

百合子のコテコテの「筑豊弁」を聴き慣れた俺からすればなおさらだった。

とにかく、久しぶりに彼女の顔を見て、その声を聞いた俺は嬉しかった。

「じゃあ何食べよっか?」

筑「今日はYUさんが決めてください。」

「んじゃ・・久しぶりに魚が食いたいな。」

筑「よっし!探しましょう。」

4ヶ月のブランクを感じさせないほど、二人はスムーズに合流を果たす。

二人は高架下のビックカメラからほど近い雑居ビルに入る。

この今泉界隈にも飲食店は腐るほどある。(福岡では店探しに困ることはあまりない。)

入ったのは漁師直通の魚自慢の店だ。

「うわあ・・人がたくさん!結構騒がしいね。店変える?」

人気店なのか入ってみると既に人が大勢いた。店員さんも元気がいい。

こういう店は嫌いじゃないが、やっぱりデートには向いていない。

筑「大丈夫ですよ!私賑やかなところ大好きですから!」

「そう言ってもらえると助かる・・。」

筑紫女の朗らかさに涙がにじむ。

俺は百合子と付き合っている間、女性に対してずいぶん気を遣うようになってしまっていたらしい。

急に噴火する火山は神経質に扱わなければならなかったから・・。

スッと肩の荷降りたような気がした。

「じゃあ刺し盛りとカマ焼き!」

筑「私はサラダとだし巻き卵!あとエイヒレ!」

久しぶりに美味しいビールを飲んだ気がする。

「んで・・どうなのよ?」

筑「え?何がですか?」

「いや・・しばらく合わないうちに彼氏とかできちゃったのかな・・って。」

開始直後に核心を突いてみる。たとえ彼氏がいても筑紫女とはいい友達になれそうだ。

・・だが、それなりに緊張している自分がいた。

筑「うーん。YUTAROさんは?まずはそちらからどうぞw」

「俺は・・」

ここは真実を言うべきだろうか?

「えっと・・この前まで付き合っていた人がいたよ。」

筑「・・・・」

やっちまったか・・。

筑「えーー!!ってことは別れちゃったんですか?」

「・・はい。」

筑「福岡の人?」

「・・・はい。」

筑「じゃあこっちに引っ越してスグに付き合って、スグに別れたってこと?」

・・す、するどい。彼女はなかなか頭の回転が早いようだ。

「・・おっしゃるとおり。」

筑「だめじゃーん!なんで別れたの?どうせYUさんの浮気でしょ?クズじゃん!」

あれ?決めつけられてダメ出しされてる。クズって・・俺・・そんな印象しかないのか?

「違うよ・・実は・・かくかくしかじか・・。」

事の顛末を彼女に話す。

筑「そっか・・束縛激しいのはキツいですね~。私も自由人だから無理だなあ。」

おっさすがフリーダム筑紫女。

「んで筑紫女は最近どうなのよ?」

次は彼女のターンだ。

筑「えっと・・私は・・。」

ーーーつづくーーー

筑紫女と出会ったサイトを見る

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

筑紫女との出会い話(転編)

  1. 別れ・・そして新しい日常
  2. 4か月ぶりに筑紫女の姿を見て
  3. 彼女からのダメ出し
  4. 恋愛の話はヤボだったらしい。
  5. 目の前から消えていくご馳走

みんなのコメント

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. イチバーン

  2. いつも楽しく拝見させてもらってます😅🙏

  3. 自由人同士?

  4. 自由人(^o^)vばんざい

  5. 付き合ってたって、言わなくてよかったんじゃない
    変なとこマジメやね・・・

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top