ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

新5 乳首強くつねられたい・・ドMな彼女の本性

狭い部屋に男と女・・手を出すなというのは無理

tuneru

タイトスカートからはみ出した生足。くっきりと浮き出したお尻の形。

健康な男子ならば、これを間近で眺めていて手を出さないほうが無理な話である・・。

俺は半ば衝動的に彼女のスカートを捲し上げてしまっていた。いろいろ溜まっていたのである。

 

衛「ちょっちょおお!」

いきなりの無体に驚きを隠せない彼女。

目の前には白いおパンティが映し出されている。

このままうっかり通報されれば、犯罪者道を一直線だ。

「ええやん?ええやん?」

島田○助バリのええやんで説得を試みる俺。

合意を得ないまま彼女をベッドの上に押し倒す。

一人暮らしの1Kはその点とても合理的にできていた。衣・食・住・性のほとんどがこの部屋だけでできてしまう。

そのまま彼女のシャツまで捲し上げると、衛生女はとても奇妙な状態になった。

彼女は「楽だから」という理由で、ブラトップ(なんかブラとシャツが一体になってるヤツ)をこよなく愛す人だ。

ブラを見るのも男性の愉しみの一つ。

それがわかっていない彼女に俺は怒りにも似た感情をぶつけた。

片方のお乳首様を舌先で愛撫しながら、もう一つのお乳首様を強くつねったのだ。

衛「!!ああ・・いたっ・・」

「痛い?」

衛「ううん。痛気持ちいい・・。」

俺の強烈な愛撫すらも、指圧レベルというのだろうか?

さらに強くつねりながら、さらに乳首を軽くかむ。

衛「ああ・・ヤバい・・激しい・・。」

明かりが煌々と点いたままの室内。彼女は恍惚の表情を浮かべている。

「・・どMでござるよ。」

さらに手際よくパンティを脱がせる。

彼女は腰元に捲し上げられたスカート。首元にブラトップ。後は裸という「適材適所」を真っ向から否定する格好になった。

俺は彼女の乳をやさしく、時に強く愛撫しながら、陰部を刺激する。

「ああ・・・そこヤバい・・。」

次いでに突起したクリちゃんも強めにツネってみた。

衛「ぎゃあ!さすがにそれは痛い!」

「あっごめん!」

・・やりすぎた。やはり物事には強弱が大事だったのである。

 

衛「YUくん・・ねえ・・入れてほしい。」

そう言うと、衛生女のアソコは俺の指をキュッキュと締め付ける。俺は頼まれたら断れない男だ。

俺はズボンとパンツを脱ぎすてると、下半身だけ露出するという変質者の容貌になる。

それから、手早く財布から取り出したコンドームを息子に装着した。

「準備よし!じゃあ自分で入れてみ?」

俺は決してどSではない。でも演じることはできる。

衛生女は俺にまたがる形になり息子に狙いを定める。

衛「ああ・・ヤバい・・。」

彼女は気持ちいい時に「ヤバい」を連発する。

大きな喘ぎ声などは立てず、荒い呼吸とヤバいを連発しながら、無我夢中で腰を振り始めた。

目の前では大きな胸が揺れている。わざとらしい喘ぎ声よりもこっちのほうが説得力がある。

俺は両手の指で揺れる彼女の乳首を強くつねる。

衛「それヤバい・・それヤバい!」

強くつねると彼女のアソコも強く俺を締め付けた。

そして彼女は念仏のように「ヤバい」を唱えるのだった。

それがエロティックで・・気持ちよくて・・俺は彼女の乳首をつねった。

衛生「もっと強く・・・ああ・・やばいいい!」

興奮は最高潮!あまり酒が入っていないからなのか、アソコの具合がいいのかわからないが・・そろそろイキそうだ。

「よし!ありったけのパワーをオラにくれ!」

そんな意気込みで彼女の乳首を思いっきりつねってみた。

その刹那・・・。

「痛ああああいい!」と彼女は絶叫し、強烈にぎゅうううと俺の息子を締め付けた。

「あ・・ごめん。」

反射的に謝罪すると同時に息子からはス○ルマが勢いよく噴出していた。

 

よく見ると衛生女の乳首は少し赤く腫れている。

「・・何事もやりすぎは良くないね。ごめんね・・。」

俺はティッシュでアソコ拭きながらまた一つ学んだのだった。

ーーー終わりーーー

衛生女と出会ったサイトを見る

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

衛生女の出会い話(新編)

  1. 博多新生活!メールを撒いたら意外な人物の返事が・・
  2. 走れ!アキレス腱がイカれても。あの子が待ってる!
  3. タイトスカートはあの頃のまま・・。
  4. 家に上がり込んだ俺は彼女のアレを捲し上げる。
  5. 乳首強くつねられたい・・ドMな彼女の本性

みんなのコメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. つねり上手!(笑)

  2. やる気スイッチ(^o^)v

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top