YYC体験談

良4 ホテルに誘おうと思ってた彼女が突然ゲロを吐く時の心境。

投稿日:2018年9月9日 更新日:

彼女がいきなり戻した。興奮・・困るんですけど?どうする?

吐きそうな女

Barスプーンを出て、再び夜の金沢へ吐き出される。

さて、どうしようか?雰囲気も上々、彼女も酔っ払っている。よし!ホテル誘うなら今だ。

 

ザワ「おえ・・オロロロ!」

「・・・え?」

横から突然ゲロが現れた。

状況を把握するまで、まるで時間が止まったかのような感覚に襲われる。

金沢の街、汚れる!

「・・大丈夫?」

ザワ「だ、だ、オロロロロロロ!」

ザワ子は道端で吐いている。

食べたもの、飲んだもの・・金沢の美味しいものを凝縮した液体が、ちょいブスの彼女から吐き出されていく。

ビール、日本酒、カクテルとちゃんぽんしすぎたのが良くなかったのかもしれない。

 

(お酒はあんまり強くないって言っちゃってたからなあ・・。ちょっと悪いことしちゃったかも。なんか罪悪感。)

 

この辺りは、石畳が敷かれている、すごくきれいな場所なので、「ゲロ吐きやすいスポット」がなく、仕方なく植木の隙間にある小さな排水口(のようなもの)にオロロさせて頂いている。

キレイな金沢の街を汚してしまってすいません。

ドン引きしないように介抱するのは至難の業

さすさすさす・・。

俺はその背中を、ゆっくりと擦った。

彼女のカーディガンの上から、ブラのホックの段差を手のひらで感じる。

じっとその背中に集中することで、彼女の吐瀉物から目を背けることに成功した。

 

ザワ子は嫁入り前の女だ。そして育ちの良さそうな女だ。

彼女も問答無用でゲロを吐いている姿を、まじまじと見られるのは本意ではないだろう。

たとえ美人だとしてもゲロを吐いている姿はブサイクになる。

ちょいブスのザワ子なら、幻滅してしまうかもしれない。そうなると・・性欲を失ってしまう。

世の中には見ないほうがいいもの、見てはいけないものが存在するのだ。

 

ザワ「YUさん・・あの・・ごめんなさい。・・バッグ・・。」

「バッグ?バッグがどうしたの?」

ザワ「バッグの中にハンカチがあるんで・・オロ!オローロアーノ!」

少し落ち着いたと思った刹那、イタリア語っぽくゲロを吐く彼女。

 

「よ、よしわかった!バッグからハンカチを取ればいいのだね?」

ザワ(コクコク・・。)

バッグからハンカチを取り出し、彼女に手渡す。

お水いる?それとも?

ザワ「ふうう・・だいぶ、楽になりました。ありがとうございます。」

「全然、俺こそお酒飲ませすぎちゃってごめんね。」

ザワ「私が悪いの・・カクテルもすごく美味しかったし・・。」

こんな時にまで丁寧な彼女。

「コンビニでお水買って来ようか?それともほ、ほて・・。」

この後、俺はすごくベタな言葉を吐くのだった。

ーーーつづくーーー

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-YYC体験談

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない! , 2018 All Rights Reserved.