東京半端ないって!電車の乗り方わからんもん!

東京怖い

僕は東京が苦手。路線図が迷路やもん!

▷遠距離彼女に会いに東京へ編の1話目へ

女性キャビンアテンダントの機内アナウンスが、まもなく羽田空港へ到着することを知らせる。

「東京か・・。」

YUTAROは東京へ苦手意識がある。

 

それはラッシュ時の電車の息苦しさのせいだろうか?

自転車に速度で負けるレベルの道路渋滞のせいだろうか?

希望を抱きながら、東京まで面接に出向いた挙げ句、ことごとく落とされたせいだろうか?(だって就職氷河期世代だったもん。)

ちなみに就職活動中のボクは、その鉄道交通網の複雑さから、面接会場までたどり着けず、魂をケツからひねり出しながら、山手線を三週して、サラリーマンと一緒に新橋でヤケ酒飲んで、そのまま名古屋に帰ったという過去がある。

YUTAROが東京を苦手な理由は、たぶんこのトラウマが大きい。

きっと2020年の東京オリンピックで、お目当ての競技会場にたどり着けない外人さんが多発する気がしている。

だから「東京なんて人間の住むところじゃねえぜ!」とかたまに思っている。

※コメントくれたりとかLINEでやりとりしてる東京の人達は、皆めっちゃいい人達だよ♡

 

そんな日本の首都へ・・landingだ!

 

「ふふっ!久しぶりだな・・東京さんよお!今日は借りを返しに来たぜ?」

今日のプランは「浅草デートをした後、できたばかりの東京スカイツリーでカップルデートっぽい事をする」・・である。

「さーて浅草までは・・。うーん・・わからん\(^o^)/」

迷路のような路線図は「わからんちんどもとっちめちん状態」である。(詳しくは一休さん)

東京路線図

※JR東日本より

こんなん読めへんやん?普通。

「よーし!こうなったら、さっそく苺女に電話だ。」

プルルル・・プルルル・・。

 

苺「もしもし?」

「あの・・浅草までいけません。」

苺「なんでよ?」

「行き方が意味不明。\(^o^)/」

苺「京浜急行に乗ってうんちゃらかんちゃら。それかモノレールでうんちゃらかんちゃら」

「???!!!www」

苺「わかった?てかなに笑っとーと?w」

「た、タクシー・・。タクシーなら目的地まで連れてってくれる・・。」

苺「タクシーなんて乗って浅草行ったら、一万くらいかかるよ?」

「あわわ・・。東京さ怖いとこだあ。」

 

俺は到着30分も経たないウチに、すでに東京に負けていた。

 

「福岡があ・・恋しい・・。」

せめて彼女にお土産の「めんべい」を渡さなければ、新橋で酒を飲むのはそのミッションを達成してからだ。

 

苺「もう!いい大人なんだからしっかりしてw」

俺はホームシックにかかっている苺女よりも、もっとホームシックにかかっていた。

 

それでも苺女と駅員さんに助けられながら、電車に乗る。(今でもどの電車に乗ってたどり着いたかわかってない。)

 

「わあ!ここが浅草かあ・・。おお!あれが噂のウ○コビル(ア○ヒビール本社)かあ!」

そう俺は「やれば出来る子(30代半ば)」なのだ。

浅草には何度も来ている。そういえば前回浅草に来た時は、二日酔いでゲロ吐いたっけ・・?

⇩詳しくはコチラ

出会い系失敗談 美人で性格も良い歯科衛生士と会ったのに二日酔いでやらかした

 

早速、苺女に到着と居場所を知らせる。

しばらくすると彼女が現れた。

苺「無事たどり着けたね☆良かった。」

そう言ってスタバのコーヒを手渡してくれる彼女。すっかり意識高い系である。

 

「おうおう。久しぶりやな~w」

苺「うん。ちょっと照れるね。来てくれてありがと☆」

 

三ヶ月ぶりにみる苺女の生身の笑顔。ちょっとだけ疲れが見える。

( 2/8話目 )

※タップで開きます。

8 Comments

YUTARO

東京は遊びに行って迷うとこです☆いつも東京行く時は渋滞覚悟で、車でいっちゃいますけどね~w電車だけは本当に苦手。

返信する
半蔵

東京、わかりづらいですよね。
上の方も言ってますが、バスが無敵だと思います。都内の行きたい場所は網羅しているし。ちょっと高めですが、確実に座れますしね。飛行機でちょっと疲れた身体には優しい乗り物です。
もちろんスカイツリーも直行できます。

東京編たのしみにしてます。

返信する
YUTARO

バスが便利なんですね~。東京の景色も楽しめそうだし、次回東京に行った時はバスで移動して見ようと思います☆

返信する
YUTARO

福岡ならまだシンプルでいいんですが、名古屋レベルでも路線図見るの面倒だったりしますwでも今はネットやアプリで検索すれば一瞬ですからね~便利な世の中になったもんだ☆

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。