真剣5 ラブホって本当に楽しい!旅先でコスプレをレンタルする。

コスプレ貸し出し

俺たちラブホへと入室。

ガレージ一体型のラブホの割りに室内はアジアン系のデザイナーズでとてもオシャレでキレイだ。

今まで北海道の網走、新潟の上越、福井のあわら、京都の宇治などガレージ一体型のラブホは外れ系が多かった。

やるじゃん下関!

彼女が運転してくれたのでラブホまで軽く睡眠がとれたせいか、それとも彼女からもらった「イブ」が効いたのか頭痛はすっかり収まっていた。

あれだけ辛かった肩の痛みもなくなっている。(鎮痛剤は肩こりにも聞きます。)

つまり!俺!元気!

「ありがとよ~ありがとよ~運転してくれてありがとよ~」

何度も魚女の思いやりに感謝し、調子に乗ってハグとキスを繰り返す。とても暑苦しかったことだろう・・。

魚「もう・・本当に頭痛かったの?」

少し呆れた顔で彼女は笑った。

「さっきまでは死ぬほど痛かったんよ。マジで。」

俺は彼女の白いワンピースの胸元のから手を差し込み、胸を揉みながらおどける。

弾力のある胸は俺の指を跳ね返す。

魚「あん・・ちょ・・ちょっと待って。今日はいっぱい汗かいたからシャワー浴びてもいい?」

「ほんとだ、ちょっとベタベタするかも・・。」

魚「ばか!すぐ汗流してくるね。」

「おおう・・俺も後で行くわあw」

魚「一緒に入るのは恥ずかしい。」

「なにを言う。」

とりあえずタバコを吹かしながら室内を見渡す。

まだ出来たばかりだろうか?

そしてテレビをつけてアダルトチャンネルチェック。

洋物、有名女優、そして熟女系のコアなチャンネル。(なぜか一つはマニアックなのがあるのよね。)

そして最後にチェックするのはホテルの「インフォメーション」だ。

ここでチェックアウトの時間や晩飯のメニューなどを吟味しなければならない。

「ふむふむ・・なかなかの充実ぶりだな・・住めるでこりゃ。」

!!!

コスプレ貸し出し

※画像はイメージです。

「こ、コスプレ貸し出しだと・・?」

ま、迷う。既にレンタルする気満々だ。

女子高生にするべきか、ナースにするべきか・・。それともメイド・・?

俺は想像する。彼女がコスプレを着ている姿を。どのコスプレが似合うのかを・・。

イマジンフォーザピーポー。

女子高生は消え、ナースとメイドが残った。

俺は患者になるのか?それともご主人様だろうか?

枕元にある電話の受話器を取った。

「コスプレの○○番をレンタルで!」

チャイムが鳴る。仕事が早い。

俺はコスプレを手に取ると、その足で洗面所へと向かった。

(今日のパジャマだよ・・。)

そして彼女のタオルの横にそのコスプレをそっと置いた。

「おーおい!俺もお風呂入るね~!」

あとは今日の汗を流せば完璧だ。ラブホって本当に楽しい。

ーーーつづくーーー

⇧魚女と出会ったサイトを見る

5 Comments

ぴのこ

あ! そこのラブホは、その昔(リニューアル前)は、『ホテルむらさき』て名前で、お化けが出るとか…出ないとか… 噂ありましたけど、出ました?

返信する
YUTARO

名前でもうアカン感じですがな笑
僕の楽しい思い出がー!∑(゚Д゚)幽霊は出なかったけど違うものが出たかもしれません。

返信する
十三

コスプレいいね~
アニメのコスプレする娘もいたな~
汚すと洗濯が大変だからやってないけど

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。