ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

転1 別れ・・そして新しい日常

7月。百合子と最後の面接へ

wakarebanasi時期は7月に差し掛かり、この福岡という地も梅雨の真っ最中だ。それでも、もうすぐ夏が来る。

札幌に住んでいたこともあり、汗が噴き出すような暑い夏は苦手だ。福岡に来るまではそう思っていた。

そんな7月の初め、俺は百合子に会っていた。

「ごめん・・もう駄目だわ。別れよう・・。」

百「うん・・私こそ束縛してごめんね。面倒くさかったやろ?・・いろいろありがとう。」

百合子の束縛はあれからエスカレートし、電話やメールが毎日のように鳴り響いた。

明るく楽しい電話ばかりならいいが、ネガティブな内容が増えてくるのはごめんだ。

二人で過ごしていても、どこかへ出かけていても、彼女に監視されているようで気が気じゃない。

束縛の激しい人に「やめて!STOP!」と言っても、なかなか聞き入れてもらえない。

特に自由人な俺がこの「彼女一筋」で生きていくには難易度が高すぎた。

彼女の思い通りに動かない俺。

そして思い通りにならない彼女は怒り方も激しくなって、デート中も大きな声でわめきたてる。・・俺はもう限界だった。

百合子はちょっとどころか完全にメンヘラ。彼女の家庭のことに同情もあった。だけど・・。

「こんなことになるために福岡に来たんじゃない。このままだと俺もヤバイ・・。」

俺は逃避行動をとるようになる。彼女の電話にもあまり出なくなり、より関係はギクシャクしていった。

「もうあかん。別れを切り出そう。」

・・そして今日に至る。

また逆上されるかと思ったが、思ったよりもサッパリとした最後だった。

彼女は俺にではなく、恋に恋していただけかもしれない。誰でも良かったのだ。

「じゃあね・・また。」

百「うん。」

最後に博多駅で百合子を見送る。彼女は早足で一度も後ろを振り返らなかった。

毎日のようにかかってきていた電話ももう鳴らない。今月の電話代は安く済みそうだ。

見た目は美人なのだから、引手あまたなのは間違いない。

今はいろいろな事が解決して幸せであって欲しいと思う。

再び自由になった。女遊びもせず晴れ間を見ては油山に登っていた。

でも、それも梅雨に負けて、次第に億劫になる。だって地面がドロドロなんだもん・・。

「んん・・ヤル気がおきねえ・・それに孤独だ。」

夏はもうそこまで来ている。

このまま引きこもってしまえば、去年の名古屋傷心していた俺、そして以前福岡に住んだ時の俺のままだ。

「いけん!それじゃあいけん!」

意を決して俺は携帯のストラップを手繰り寄せた。

「引っ越してからいろいろ忙しくて、なかなか連絡とれませんでした。良かったら近いうち飲みに行こうよ☆」

メールを送った相手は筑紫女である。

前回の筑紫女のお話し⇒あの子に会うべく宮崎からの大返し

福岡に越してきてから2か月。まだ一度も会っていない。

彼女は魅力的な女性だ。もしかすると既に彼氏ができているのかもしれない。

ダメだったら仕方ない。果報は寝て待てだ。俺は目をつぶり眠りについた。

・・朝方携帯がなっていることに気が付く。

メールではなくて電話だ。

「お!筑紫女やん!もしもし?」

寝起きだけど、少し興奮しながら電話に出る。

筑「あっ!YUTAROさん?お久しぶりです~!朝に電話してごめんなさい~昨日寝ちゃってて・・。」

テンション高めでしゃべる懐かしい声。彼女の声を聞くと少しだけ元気になる。ちなみに純福岡人なのに標準語だ。

「全然大丈夫だよ!久しぶりだね~!」

筑「今から新幹線で鹿児島出張ですwメール見ましたよ♪」

彼女は大手の会社に勤めていて、出張も頻繁にある業種についている。

「おお、すごいね!どう今週とか暇だったら飲もうよ。出張だから厳しいかな?」

筑「出張は明後日までだから・・週末は福岡に帰ってきてますよ。土曜日とかどうです?」

「もちろん!久しぶりにいろいろしゃべろう。」

筑「はい!じゃあ新幹線乗るんで、詳しいことはメールしますね。ではでは!」

2分ほどの会話だったが、久しぶりに彼女と会えることが決定してテンションが上がる。

でも「彼氏ができたの?」とかは聞けなかった。

そして俺は週末までの時間を今か今かと待つのだった。

ーーーつづくーーー

筑紫女と出会ったサイトを見る

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

筑紫女との出会い話(転編)

  1. 別れ・・そして新しい日常
  2. 4か月ぶりに筑紫女の姿を見て
  3. 彼女からのダメ出し
  4. 恋愛の話はヤボだったらしい。
  5. 目の前から消えていくご馳走

みんなのコメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 別れは、出逢いの始まり(^_^)✨

  2. 結局、何回交わったんでしょうか?

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top