ハッピーメール体験談

判決20 賢者モードの時に答えなんて出せない

投稿日:2016年7月10日 更新日:

突然の「好きです付き合ってください!」にキョドる

`beddan

事を終え賢者モードの俺。

賢者モードとは男性特有の「出すもん出しちゃったからちょっと今は愛とか恋とかどうでもいい」的な哲学的タイム。

「よし!今日は3発はしちゃうぞ!」

と最初は思っていてもこの賢者モードに足を引っ張られることが多い、中年期に差し掛かるとそれは顕著になってきている。

このモード時に愛情たっぷりのピロートークを繰り広げられる男性はきっと出世するに違いない。

 

「好きです!付き合ってください」

そんな賢者の時、筑紫女からの突然の告白が行われた。それはとてもシンプルな言葉だった。

(ん?んん?)

それでもその言葉を理解するのに一瞬時間が硬直する。

脳がようやく言葉を理解する。そして動き出した。

彼女も結婚適齢期だ。女としては一番脂の乗っている時。

このままデートして、飯食って、酒を飲んでエッチをする。

セフレ以上、恋人未満。そんな関係がいつまでも続くわけがない。

さすがの俺でもわかっていたが、今日はタイミングが悪い、今はタイミングが悪い。

「えっと・・うんと・・」

冷や汗を書きながら、何かを考えている。

「うん俺も好きだよ!付き合おう!これからは彼女としてよろしくね」

すぐにこの言葉が出てこない。俺は何を考えている。

断るのは違う・・イエスもちょっと違う。

たぶんきっと言い訳を考えているのだ。

筑「YUさん・・?」

不安そうな瞳が訴えかける。

「えっと・・その・・」

筑「はい・・。」

はっきりと答えを出さないクズ。

いつも好奇心で溢れている彼女の瞳が今は悲しげだ。

「その・・もう少し考えさせてもらってもいい?」

赤でも青でもない曖昧な言葉がポロッとでる。

しかし、優柔不断な俺の人格を的確に表した答えだった。

筑「はい・・突然だったから驚いたよね。今OKもらえないのは残念だけど。良い返事待ってますね!」

そう言って彼女は見慣れた明るい笑顔に戻った。でも声は少しだけ震えていた。

「ちょっとトイレしてくるね」

俺は何食わぬ顔でトイレの扉を開き、便座へと座り込んだ。

 

(えー!えええ!?どうしよう!どうしよう!)

いつもどおり、安定のクズはここにいる。

しばしトイレで悶絶して部屋に戻ると、彼女は裸のまま静かに寝息を立てていた。

起こさないようにタオルケットをかける。

な、なんかすいません・・今日はゆっくりお休み・・。

ーーーつづくーーー

前の日記次の日記

筑紫女の出会い話(判決編)

  1. 海外旅行から帰ってきたアイツ
  2. 日田の高塚地蔵尊へ。神社仏閣デートはお財布に優しい
  3. 琴ひら温泉【ゆめ山水】 女子に喜ばれる俺の行きつけ
  4. 「秘密だよ♪」彼女の作る料理に期待が膨らむ
  5. 彼女の料理ハンバーグ(仮)が予想外のメシマズ
  6. 俺と彼女は「住む世界」が違うのかもしれない。
  7. 塩辛いエッチとタイミングの悪い告白
  8. 賢者モードの時に答えなんて出せない
  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-ハッピーメール体験談
-

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない! , 2018 All Rights Reserved.