彼女を喜ばせるサービス精神も大事!旅行へ連れて行こう!

喜ぶ彼女

二泊三日の宮崎旅行へ。今日は彼女サービスデー。

彼女を一人失って、気がつけば9月も半ばだ。うだるような暑さも随分和らいできた。

クズのほうが失恋の回復は早い。

別れというものは、いつだって後味が悪い。

だけど、もう苺女を待つ必要も悩みも無くなったわけだ。

足枷が無くなったといえば言葉は悪いけれど、吹っ切れてしまえば、俺の心も軽くなっていった。

それにもう一人彼女がいる。セフレもいる。きっとクズのほうが失恋ダメージの回復は早いのだ。

自分が「どこかおかしい」と理解して、これからもこのままのクズで行こうと思っている。

三つ子の魂百までというくらいだから、オッサンになって染み付いた性質を変えるのは、きっと不可能なんだろう。

「してあげたいの精神」は大事

さて、しばらく登場していなかったもう一人の彼女の衛生女の話だ。

衛生女の前回⇨バレンタインを忘れた彼女。強引に「サプライズ」にして行く

汗っかきなYUTAROは夏場に出かけるのが嫌いなので、8月の間は衛生女とは夜の居酒屋デートばかりだ。

彼女もそれに満足しているのか文句は言ってこない。それとも言わないだけなのか。

 

「うーん。そろそろどこかに連れてってやりたいなあ・・。」

夏がすぎれば、そこそこサービス精神豊かになったりする。重かった腰を上げて、久しぶりに宮崎へと二泊三日で旅行することになった。

「してあげたい。連れてってあげたい。」の精神は恋人関係をメンテナンスする上でとても大事だ。

これを怠ると、自転車のチェーンのように錆びついてうまく回らなくなる。でもなかなか出来ないんだよなあ・・。

 

宮崎県というと、九州の中でも「一番行く機会のない県」に認定している(個人的意見です。)

だからこそ、今回の旅行は、新鮮な気持ちで行けそうだ。

テンションでわかる彼女の喜びっぷり。

さて宮崎旅行当日。彼女の家まで車で迎えに行く。

衛生女は大きなバッグを右手に持ちながら、いつも以上の笑顔で車へと駆け寄ってくる。

衛「やっほー!」

車のドアを開けての第一声。・・テンションが高い。

「お、おはよう・・。」

衛「いやあ・・楽しみで昨日は寝れんかったと!寝れんかったと!」

いきなりの寝てないアピールがウザめ。

「なんで・・二回言ったん?」

衛「なんもう!ボケーっとした顔してからに。」

「え?」

衛「ほら!出発進行!(昭和)」

「あ、はい。」

いつもはボソボソとこもった声で喋る衛生女が、「ハキハキ元気ちゃん」だ。危ないクスリでもやってるんだろうか?

それだけ今回の旅行が楽しみだという事が伝わってきて。俺も少しだけ嬉しくなった。

「しゅ、出発シンコー!」

衛「お、お!YU君もノッて来たねえ!」

車は南国へと向かって走りだす。

とりあえず、彼女は今すぐ仮眠を取るべきだ。

( 1/9話目 )

※タップで開きます。

6 Comments

半蔵

台風いかがですか?大雨の被害も収まっていない感じですが、大丈夫でしょうか。

何人も同時進行だとメンテナンスは大変ですよね。たぶん遠距離だと余計に大変な気がします。

いろいろ手を出すと、対応がいい加減になってしまう気がする自分としては、yuさんのマメさは見習わなくちゃなという気がします。

新しい展開楽しみにしてます。

返信する
YUTARO

半蔵さん、こっちは意外と大丈夫でした(外出てないけどw)
>何人も同時進行だとメンテナンスは大変ですよね。たぶん遠距離だと余計に大変な気がします。
ほんとにそう思います~もともと器用じゃないのでボロやサボりが出てしまいます・・。でも一番ネックなのは情熱や性欲が分散される事かもしれませんねw
肝心のマメさも若い頃と比べると随分衰えましたw

返信する
yuyu

衛生さんほんと美人!
モザイクからでも伝わる(笑)
たまにの旅行は刺激的でいいですね♪

返信する
YUTARO

あははそう言ってもらえると彼女も喜ぶかと思います。旅行は大好きなんでウキウキしちゃいますね。

返信する
こう

YUTAROさんの立ち直りの速さに

驚きます😃

衛生女と進展はあるんでしょうか(^_^)

サービス精神旺盛だから

一人に傾注したら

いい夫婦になるかも?

返信する
YUTARO

たぶん独りだったら立ち直りにも時間がかかったと思いますよ。立ち直りが早いのは二股の利点といいますか(クズ)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。