ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

あの日1 これからの俺 修羅の国に福岡に咲く一輪の百合

「出産&結婚騒動」後の俺。

「生きてても・・きっと良い事ない・・。俺なんてダメだわ・・。」

あの妊娠&結婚騒動の後、しばらくはショックで俺の精神は病んでいたと思う。

大阪子が「土下座をした玄関」を見ると、あの頃の気持ちが蘇って、気分が悪くなった。

とにかくあまり眠れず、寝汗をかき、心臓は常に高鳴っていた気がする。

 

親に「結婚しなかった理由」を打ち明けたのも10月に入ってからだ。これが一番堪えた。

ロクに大阪子とのことを話さない息子に対して、オカンはどう思っていただろうか?

俺は、きちんと答えが出るまで、結婚に関しても、出産に関しても「生返事」で返していた。

きっとオカンも、もどかしい気持ちを抱いていたに違いない。だから親に会って話すべきだと思った。

久しぶりに会った両親は「二人」から「一人」になっているにもかかわらず。俺に突っ込んだ話はしなかった。

さすがに全ての真実を打ち明けるのはショックが大きいと思ったので「なんか彼女が妊娠してたとか勘違いしてたみたい・・アハハ」的な感じで伝えておいた。

きっとそんな話、信じてはいないと思う。エコー写真も見ているし、愚息の嘘なんて小さな頃からお見通しなのだ。

それでも、両親は黙ってそれを受け入れた。

両親にそれを伝えてからスッと気が楽になった。毒はいつまでも体の中に溜め込んではいけない。

そして自らの「被害妄想」に毒されていることに気がついた。

一つずつ自分の置かれている状況を確かめていく。

・・周りの誰も俺を馬鹿になどしていなかった。

今回の件で失ったものは多かったかもしれない。・・だが俺は「自由」だった。

 

YUTAROが出会い系を再会したのは10月の半ばだった。「プチ引退」をして実に半年以上がたっていた。

それからリハビリを兼ねてたくさんの女性と会った。

まだ「女は信用ならない」という恐怖もあってリハビリには苦戦した。

 

・・女性の目をみて話せない。

 

そのせいか、ぞんざいに扱った女性もいた。失敗を重ねていく。

以前の俺はもういなかった。・・たが、リハビリを重ね、少しずつ・・着実に回復していった。

女性との接し方もなんとか「今までどおり」にできるようになった。

・・だがやっぱり「彼女」を作る気にはなれなかった。

心のどこかで女性と深く関わることを拒否している。

 

修羅の国に咲く一輪の百合

そんな折、いつもどおりラブサーチをポチポチしていると一人の女性と知り合った。

「修羅の国」と恐れられる福岡県。そしてさらに強力な修羅達だけが、しのぎを削る筑豊という地域の「タッガーワ」。彼女はそこに住んでいた。名産品はチ○ルチョコである。

syura01ここでは、男子には12歳から15歳までの間に100回の死闘を行う通過儀礼が義務付けられており、このため「男子の生存率は1%」。(嘘です)

そんな環境のせいか、彼女からもらった「写メ」は、まだ21歳ながらも大人びており、引き締まっていた。

彼女は・・「美女」であった。

でも・・なんだろう・・少しだけヤンキー臭がした。

彼女はまさに修羅の国に咲く一輪の百合であった。

百合の花言葉は「純粋」「無垢」「威厳」である。まさに彼女にぴったりだ。

だから百合子と名付けたいと思う。(なんか普通になっちゃった)

百合子のスペックは

  • 年:21歳
  • 乳:Fカップ
  • 身長:164cm
  • かわいいよりも綺麗

そんな彼女とやりとりするうちに「二人の愛」は育まれていった。・・少しずつ。

クリスマスには彼女の「ゴスペル」を電話越しで聞き、バレンタインデーには彼女手作りのチョコを「クール宅急便」で送ってくれた。

YUTAROの氷ついた心は彼女のプラトニックな愛によって少しずつ溶かされていったわけである。

なんかもう「俺たち付き合っちゃう?」的な雰囲気になっていた。

 

・・そして彼女とメールを開始して4ヶ月が過ぎようとしていた。

百合子に会いに名古屋を発つ・・「修羅の国」福岡へ

2011年3月。いよいよ百合子に会うべく・・そしてその道中の出会いを楽しむべく・・。俺は着々と出会い旅の準備を進めていた。

大阪子との波乱でやせ細った体もそれ以前くらいまで回復(リバウンド)してきた。

「女の子といっぱい知り合えるかな~♪(´∀`*)ウフフ」

「クズの思考」もうっすらと芽生え初めている。

午後3時。YUTAROは愛車と共に家を出た。

その時には既に日本が大惨事に見舞われていることも知らずに。

ーーーつづくーーー

百合子と出会った「ラブサーチ評価」

前の記事次の記事

みんなのコメント

  • Comments ( 27 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 第何章になるの?(笑)(*^^*)
    Re start!♪再び西へ向かう!
    Youアニキであった!

    みたびの幸せあれ-♪(^o^)♪

  2. この後、また日記が途絶えましたよね、、、覚えてます。

  3. 本当にタヌキが悔やまれる…
    大阪子がいなければ…

  4. 結末的には後のダメージど女性不振は仕方ないとして、しっかり大阪子とは切れたみたいなんで良かったです。

    人間そうそう変わらないし改心しない生き物なんで大阪子は同じ事を繰り返す気がしますが。

    日記に戻ると時期的にはあの地震の時ですね、、確かにレスは猛烈に荒れてましたね。

    自粛、不謹慎が飛び交うあの時期…山形産まれ仙台育ちの道産子歴25年クズ属変態科のジャミールも友達等の安否確認に追われてましたね。

    でも生活は全く変わらず何を言われようが普通に過ごしてました、仙台の友人に「たまたま運がなかっただけ、いつかお前もって事もある、それが遅いか早いかだけの話、お前は普通に変態セックスしてろ」と言われ出会い系もやってたしセックスも普通にしてました。

    時が経ち日記のレス荒れもなくなるのを見ると、こんな大変な時期にと大義名分を振りかざし自分は正しい自分は間違ってないとここぞとばかりに人を叩きヒーロー感満載で優越感に浸る…人間て世論に流される単純な生き物だなと言う印象があります。

    さぁ、新シリーズですね。YUTAROさんもこの時期の日記は言葉を選ばざるえないでしょうがブレずに自分らしく書いてくれるのを期待してます。

    • あの嵐がなんだったのかというくらい大阪子とはアッサリと切れました。
      また何かありそうな気もしたんですが、とりあえずは旦那と上手くやってるんだと思います。笑

      とうとうあの頃リアルタイムで書きたかった出会い旅ところまでやってきました。
      あの頃は何書いても叩かれてたんで途中で心折れちゃいましたね。
      一大事にのほほんと旅してる僕もいけませんが(´・_・`)
      被災された方々の意見も見事に割れてました。ジャミールさんのように「暗くなってどうする?」的な前向きな方も多かったのが救いでした。
      良く考えるとあれから四年、早いものですねー。
      2011年もほんとにいろいろあったんでこれ以上遅れないようにがんばります。
      p.s.現在ギックリ腰中です(´・Д・)」

  5. お母さんは大きな心を持ってますよね。
    素晴らしいお母様だと思います。
    伝えるのも本当に辛かったと思いますが、これからの楽しい日記を楽しみにしています

    • いやいやうちのはお母様ってガラではないです。でも両親には感謝してますよ。
      言わば嫁になる人に逃げられて、親戚中の「恥さらし」ですからね笑
      実家に帰ると笑い話ですからね。
      人生辛いことも3年も経てば笑えるようになるもんですね。

  6. つらい思いを噛みしめて

    また旅に出るのであった(^o^)v

    Yutaroさん、男は腰が基本(笑)

    お大事に~(^_^)👌

    • この頃にはある程度立ち直ってましたからね。まだしばらく女は信用できなかったけど。結果的に大阪子との縁が切れて良かったと思います。絶望的に腰が痛い・・。

  7. By 一本釣り漁師

    決着が着いたようで何よりでした!
    YUさんサイドにあった分厚い封筒は頂いたのでしょうか?
    当然の慰謝料ですよね!(^_^;)
    新たな出会い旅日記の展開を楽しみに読ませて頂きます(^^ゞ

  8. By 一本釣り漁師

    あっ・・・全話は続きがあったのですね〜(^_^;)
    眠いから続きは後程〜がコレかと思っちゃいましたw
    百合子との新たな展開を楽しみにしていますね〜!

    • 分厚い封筒は頂きましたよ~彼女への援助と名古屋までの引越し費用なんかを差し引くとあまり残りませんでしたが・・。いつもの出会い日記に戻りますよーん。

  9. 立ち直れて、本当に良かった!まだ、完全体じゃないかもしれないけど、元のゆうたろーさんに戻りつつあるし☆あとは、上がっていくだけさ~!

  10. YUTAROさんは何歳だったっけ?
    当方は性欲が38を境に激減してしまって少し寂しいですわ

    レーダーが何も反応しなくて壊れちまった(。´Д⊂)

    • レオンさんより少し後輩ですw僕も最近性欲がかなり減退してます。もう取っ替え引っ替え的な感覚ではなくなりましたね。女性に興味が薄れてきたというか・・。日記ではまだしばらくバンバンですよw

  11. By ところてん

    何か楽しくもあり嬉しくもあり、バカやってるのが人間って幸せなんだなと嵐の後の日記を読んでいて痛感しますわ。

    • こういう事ができる「自由」って素晴らしいと思いましたね。結婚してたらこうはいかなかったと思いますから。

  12. By ぼくみつる

    予想が悉く当たっていく・・・
    という事で、福岡編乞うご期待!

  13. 大阪子との件、とても大変でしたね。
    ハラハラしながら読ませて頂きました。
    DNA鑑定までしっかり実行するところまで見て行動力すごいなって思ってます。
    自分に置き換えて考えてみましたが
    自分だと情に流されたりして最悪の結末になってそうでした。
    DNA鑑定せずに逆に損害賠償請求されたりとか・・・。

    出会いの旅の新章、楽しみにしてます。
    個人的には筑紫女との再会を期待してます。

    • 僕も情で動いてしまうところがあるので、あのまま大阪子が名古屋に来ていたらそのまま一緒に暮らしていたと思います。とにかく新章楽しみにしてくださいね。

  14. お初になります

    まさかの我が地元、筑豊にまで来られてたとは…

    地元民でも田川は敬遠するのに凄い度胸ですね

    • 僕も田川がそんなに危険地帯・・失礼。福岡でそういう扱いだとはよく知りませんでした。wということで筑豊地帯も日記に出てくると思います。お楽しみにw

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top