ラブサーチ体験談

出会い系失敗談 美人で性格も良い歯科衛生士と会ったのに二日酔いでやらかした

投稿日:2014年9月17日 更新日:

歯科衛生士美人画像

デートなのに人生で最高レベルの二日酔い

昨日のテキーラがガッツリ残っている。空前の二日酔いだ。

出会い系サイトで知り合う⇒居酒屋デート⇒うまくいけば女の子とセッ○ス

こんな感じで、これが俺の一番のゴールデンコースだ。(酒を飲むと積極的になれるもんね。でもこれ実力じゃなくて酒の力?)

結果は出やすい分、慢性的に二日酔いになってしまう。

成功率は高くても、やっぱり酒の飲みすぎは良くない。おかげで体はボロボロだ。(´;ω;`)

東京最後の浅草アポ。でも気持ち悪くてバックレたい。

つらい二日酔い

早朝にホテルに帰ってきてからは地獄を体験した。テキーラの影響が時間差で現れたのだ。

午前5時

彼女の家から帰ったのは午前5時過ぎ。。

かなり酒を飲んだので、眠る前にウコンの力とへパリーゼの酒飲み界のツートップを一緒に飲んだ。そしてホテルのベッドに倒れ込んだ

午前9時

気持ち悪さで目覚めて、トイレでリバース。アルコールと胃液だけの吐瀉物が出る。

その後、例えようのない二日酔いの気持ち悪さ&嘔吐と戦うことになる。

胃と食道の中に異物でも入っているかのような不快感。吹き出る冷や汗。

「うう・・もう死にたい・・いっそバッサリやってくれ!」

  • 酒は飲んでも飲まれるな!
  • 女性とセックスするときはコンドームをつけましょう!

この二つの教え・・結局どちらも守ることができなかった。

デート時間が近づく。現場までゾンビモードで行く

午前10時

いよいよデートの時間が近づいてくる。あと二時間ほどで浅草まで行かなければならない。

待ち合わせは12時。浅草駅だ。

ここで俺は酒を抜くため、熱い風呂に入って汗をかくという暴挙にでる。

酒を飲んだ後はアルコールの影響で体は脱水状態にあるので、風呂に入ったり、運動をして汗をかくのは危険な行為らしい。

吐き気に強烈な頭痛をプラスするという結果に終わる。激しい頭痛で目の前の景色が歪む。

午前11時

(ああ・・せっかくのホテル宿泊なのに、ほとんど休めなかった。)

チェックアウトギリギリまで滞在した芝公園のホテルを出る。

(うう・・ちょっと歩いただけで気持ち悪い。)

ホテルを出てすぐにベンチがあったので、しゃがみこんで30分程過ごす。

(車には乗れない。いや・・飲酒運転で絶対乗れない。)

今日はさすがにキャンセルか?バックレたい。

いやいや最後の東京デートなのだ!ドタキャンはされても、するな!

午前11時半

きもい きもい ちかてつ きた
ひどいかおなんで ころし
うまかっ です。

ゾンビのような思考能力で、ふらふらと芝公園駅にたどり着く。

「こんなグロッキー状態で、複雑な東京の電車なんてわかりません。」

待ち合わせまでの時間もあまりない。

助けて駅員さーん!

なんとか浅草駅までのルートを教えてもらい、切符を買う。

地下鉄浅草線に乗ってからは、意識が途切れ途切れ・・真っ青になりながら電車に揺られる。

絶妙な揺れが、酸っぱい胃酸を喉元に押し上げてくる。

相手はラブサーチで知り合った歯科衛生士

そろそろ浅草駅に到着するので、今日の相手のご紹介。

---浅草子---

年齢:20代半ば

出会ったサイト:ラブサーチ

コメント:

職業は医療系で歯医者さんで歯科衛生士。

浅草に子をつけただけの安易なあだ名なのにな平安時代の随筆のようになってしまった。

ラブサーチで知り合ってから、メール期間は1ヶ月ほど。

メールで意気投合したというよりも、「今度、東京行くんで一緒に観光しませんか?」と自己中心的に誘ってみたところ、意外にもOKが出たという感じだ。

写真も見ていないので顔も知らない。でもとりあえず会っておこうと思う。(ブスが来たらバックレよう。)

「浅草駅・・?着いた?」

地下鉄の扉が開くと、ゾンビは下町に放たれた。

風情の下町浅草に到着。

二日酔いゾンビ

起きろ俺!ここからが本当の勝負だ!力の入らない足で、トイレに向かう。

ジャバジャバ!

浅草駅のトイレで顔を洗う、冬の冷水が毛穴を引き締め、顔の脂を奪っていく。

鏡には青白い唇をした変わり果てた自分の姿が映っていた。頭痛は少しだけ和らいだが胃のムカムカは収まらない。

あらかじめ浅草子と決めておいた今日のデート内容は、

浅草寺やその界隈の下町を散策した後に、お昼ご飯を食べるという初デートにはもってこいの平和なデート計画だ。

彼女もきっと今日のデートを楽しみにしてるはず。

(動け!動けえ!)

東京という戦場では体調不良という言葉は通用しないのだ。

呼吸を整え、地上へとはい上がる。

浅草の町並み

地上に上がると、そこには日本を代表する下町浅草があった。

駅のすぐ横を隅田川が流れるこの町。吾妻橋が川をまたぐようにかかっている。

道行くおばちゃん連中に混じって外国人が多い。

浅草駅にて電話で合流

「ぐふ!人が多い・・も、もう着いているかな?」

昨日、浅草子には電話番号を教えてあるのでそろそろかかってくるはずだ。

警戒心の強い。慎重派女子なら、電話じゃなくてメールが来るかもしれない。

グビグビ・・・自販機で買った、水を飲んでいると、携帯がバイブした。

「はい・・もしもし?」

浅「あっYUTAROさんですか?浅草子です。・・もうついてますか?」

「つ、ついてますよ~地下鉄の出口すぐです。」

浅「地下鉄のどこの出口ですか?」

「あっなんか銀座線?の4番出口です。屋台みたいな居酒屋があります。」

浅「4番出口・・あの・・もしかして、近くにいますか?」

「・・オレンジのコート着てます?」

浅「あっ多分わかりました♪」

運良く、同じ出口にいたようだ。

歯科衛生士は美人が多い?マスクの下の素顔は?

歯科衛生士美人画像

YUTAROの元に浅草子が近づいてくる。歯科衛生士、歯科助手は美人が多い

歯医者に行くと美人の歯科衛生士さんにドキドキしたものだ。

なぜ歯科衛生士は美人が多いのか?理由を考えてみたい。

歯科衛生士はほぼ100%女性の職業。

男性の歯科衛生士や歯科助手が歯医者で働いているところを見たことがあるだろうか?

全国的にみても男性の歯科衛生士はほとんどいない

看護士もあてはまるかもしれないが、最近は看護士は男性も増えてきているので、歯科とは少しだけ違うかもしれない。

女性が多いということは、美人の割合も増えるということだ。

歯科医師が自分の好きなタイプで選ぶから。

歯医者のほとんどが個人の開業医で男性が多い。街の歯医者さんは男性が多いというのも理由の一つだろう。

性目線で見たらブサイクよりも美人で若い歯科衛生士を雇ったほうが断然いい

YUTAROが歯科医師だったら、間違いなく、そういう感覚で雇ってしまうだろう。

しかも美人を雇えば、男性客も増え、いい宣伝にもなりそうだ。(ゲス)

マスク効果でしょ!?

マスク美人

歯科衛生士さんはマスクで口元を隠しているため、目元だけしっかりアイメイクしていれば、実は女性は結構美人に見えるのだ。

目元のメイクだけでいろいろな芸能人を再現できる、あのざわちんなんかがいい例だ。

これをマスク美人と言う。

口に関しての美意識が高い

歯がキレイ

彼女たちは、歯医者で働いている分、歯に関しての美意識はかなり高い。

歯並びが悪いかったり、歯が汚い人あまりいない。

矯正で歯列を整えていたり、審美歯科に勤めている歯科衛生士さんはホワイトニングをしていることもある。

歯が綺麗だと顔の輪郭も綺麗になる。

ということで顔全体のバランスも整っていることが考えられる。(歯並びが悪いと顔全体が歪むらしい。)

過去に出会い系で会ったことがある歯科衛生士や歯科助手は美人だったことが多い

歯医者は男性がほとんどいない、女性の職場(歯科医師以外)なので出会いもそれほどある職業じゃない。

だから出会い系サイトを使っている歯科衛生士もちょくちょくいたりします。(これは看護師さんも同じ)

彼女らは結構まじめに彼氏探しで使っていることが多いので狙い目だったりする。一度探してみては?オススメです。

さて浅草子は美人だったのか?

次のページへ >

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-ラブサーチ体験談
-,

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない! , 2018 All Rights Reserved.