Xmas戦線1 札幌のほの暗い部屋。 

ほの暗い部屋

久しぶりに帰った部屋には・・・。

早朝、一ヶ月もの出会いの旅を終えて、YUTAROは札幌の部屋に戻った。

扉を開けると部屋はまるでブラックホールように、圧縮された暗闇が広がっていた。

人の気配がしない。冷え切った部屋からは、淀んど空気と古い水の臭いがする。

 

「ううう・・。」

楽しかった旅の思い出が、ネガティブな思考で埋め尽くされそうだ。

 

俺は窓を開けて換気する。

念のために全ての部屋をチェックした。部屋には大阪子はいなかった。

 

部屋の状況からみても、彼女はほとんど部屋に帰っていないのだろう。もう二ヶ月以上会っていない。

 

「アイツどうやって生きてんだ?他に男でもできたか?」

 

一カ月も家を空けていたのだ。

彼女の性格上、男の1人や2人いても不思議ではない。

容姿もスタイルもいいのだから、札幌の男もほってはおかないだろう。

 

とにかく俺たちの関係は自然消滅したと思っていた。でも彼女からかかって来た電話は何だったんだろう。

自然消滅したと思ってた彼女から復縁の電話が怖い

 

俺は低くため息を吐き、「まあいっか。」とつぶやきホコリだらけの部屋の掃除を始めた。

掃除機は、ウィーンと排気音を吐き出しながら暴れまわる。

 

「次は洗濯!風呂そうじ!」

 

そして最後に恐る恐る冷蔵庫を開ける。当たり前だが中身は一ヶ月前と変わらない。

冷蔵庫のキムチは、あたりまえに賞味期限が切れていた。

 

「うえ・・きっと腐ってるよな」冷蔵庫の扉はゴミの日まで封印しよう。

部屋が綺麗になるにつれ、スッキリとした気持ちになる。不思議なものだ。

 

一通り部屋が片付くと、外は随分あかるくなっていた。テレビでは朝のニュースが始まっている。

自分がとんでもない「近所迷惑野郎」という事にも気がついた。

 

(・・まぶたが強烈に重いんですけど~。)

 

YUTAROはフローリングに座りこんだまま、深い夢の世界に誘われるのだった。

 

出会い旅では会ったたくさんの個性あふれる女の子達。俺は彼女たちを、遠くから眺めている夢を見た。

(もう・・会うことはないのかな?きっと。)

 

「寒い!体痛い!だるい!」

 

起きたら辺りは暗くなり始めている。布団も引かず、10時間以上は寝てしまっていた。

その日から旅の疲れで高熱に侵され、数日間寝込んだ。誰か助けて・・。

 

そうしているうちに、12月の残り日数はどんどん減っていく。

 

「もうクリスマスか・・?」

 

イブまであと3日。

あれほどヤンチャをした男の年末は暗く悲しい。

このままじゃ「しぬ~クリスマス」だ。

クリスマスに天に召される。そんな神聖なエンディングも悪くない。

 

明後日にはクリスマスイブがやってくる。

体重を測ったら、出発前よりも5キロ太っていたが、高熱であっという間に3キロ減った。

(結局二キロ太っとるやないかーい!)

安心しろクリスマスはただの平日だ。

365日

冷静になって考えてみると、クリスマスは1年365日の中のただの1日ということだ。キリストの誕生日でもなんでもない。

仕事から帰って、風呂入って、柿の種をつまみにビール飲んで。

いつもの生活をしていたら、劣等感も感じることはない。おとなしく家にいろ!

このドロドロとした資本主義世界に抗うアンタはカッコイイぜ?

 

(フゥ・・俺は誰と話していたんだ?)

とりあえず、クリスマスは明石家サンタでも見ながら、サンマでも焼いて食うか?

 

この季節、出会い系で相手を探すのは、必死さが恥ずかしい。

そして出会い系をしまくったことによる、「リバウンド」が出ちゃってる。

HPとMPが絶対的に足らない。もう誰にも会いたくない。

 

YUTAROは札幌の冷たい水道水を、ゴクゴクと胃の中に流し込んだ。

再び布団に横たわり、頭まで布団をかぶる。

 

(目が覚めたらクリスマスが終わってますように・・)

 

そう思った刹那、携帯が震えていることに気がついた。

着信の相手は…大阪子だ。

2ヶ月間行方不明だった彼女

大阪子は長い間、行方不明だった。失踪と行ったほうがしっくり来るかもしれない。

途中からYUTAROの日記を読んでくれた人のためにも、まず彼女の紹介をしておこう。

 

大阪子とは、俺が大阪から札幌に呼びだして、一緒に同棲生活を送っていた元キャバ嬢。

身長が高く、モデル体型でスタイルがいい。

性格は天真爛漫で掴みどころがない。頭はあまり良くないが、いつも振り回されている。

 

スキがあるタイプの美人なので男にはモテる。おかげで街に出るとよくナンパされる。

結婚したい女というより、愛人タイプ。

 

そしていま、札幌すすきの界に足を踏み入れて、ニュークラ嬢に変貌を遂げた。

俺の浮気が発覚して行方不明となり現在に至る

とにかく二人の生活は波乱に満ちたものだった。

 

音信不通の時間が長すぎて、二人の関係は破綻しているに等しい。

俺は「自然消滅的」に別れていると考えている。

 

通話ボタンを押すべきか?

ふたたび夢の世界に逃げ込むか?それとも現実と向き合うか?

 

「もしもし?」

俺はそう言って、ゴクリと唾を飲みこんだ。

 

大「久しぶりやねえ!ねえ帰ってきたの?」

妙に明るい口調が怖い。

 

「うん、札幌に帰ってきてるよ。」

大「帰ってきてるなら連絡してや~!寂しかったんやで。ずいぶん会ってないけど元気なん?」

 

・・本当に大阪子か?オレオレ詐欺?

まるで彼女が俺の部屋を出る前の頃の喋り方だ。

俺は身構えていた分、ひょうし抜けした。

放置しまくったのだから、もっと辛辣な言葉で罵られると思ったのだが。

・・いや放置していたのは彼女の方か。

 

「いまちょっと風邪引いてて、体調不良。」

大「大丈夫?いるもんあったら持ってくで?」

「いいよ。大分回復してるし、熱はもうほとんど下がってたし。」

今の体調で大阪子と会う精神力はない。

 

大「・・そっか安静にしてね。」

大阪子はこのまま締めようとしている。

 

「なんか用事があって連絡してきたんじゃないの?」

大「あっ、そうや。明後日のクリスマスイブ空いてる?」

「・・予定はないけど?」

 

 

大「ちょっと会えへん?体調良かったらでええから♪」

「・・え?」

こりゃどういうことだ?

クリスマスといえば、お水業界も繁盛期じゃないか?一年の集大成的な一日じゃないのか?

同伴とかお客からのプレゼント回収とか。常連さんとアフターしてゴニョゴニョとか。

 

大「渡したいものがあるんだー。えへへ♪」

 

「・・そっか。せっかくだからご飯でも行こうか?久しぶりに顔見てみたいし。」

大「わかった!ほな狸小路のドンキに6時半集合でどう?」

「オッケー!」

大「それまでに体調治しといてな!声聞けて良かったわ。ほなね!」

「うん、じゃあ明後日」

・・・・・。

 

「ふー!緊張した!」

 

明るく穏やかな声で話す彼女に驚いた。まるで二ヶ月の空白など無かったかのようだ。

ただ、しばらく会わない間、ずいぶん関西弁が薄れているように思える。札幌に染まってきているのだろうか?

 

クリスマスイブの予定は埋まった。

渡したいものってなんだ?プレゼント?・・まさかな。

合鍵の返却だろうか?混乱で脳みそがかき混ぜられる。

 

いまさら、なにを話したらいいのだ。どう接したらいいのだ。

言葉にできない緊張が、俺を呑み込んでいく。

ーーー続くーーー

大阪子と出会ったサイトをチェック

大阪子が登場する日記を見る

前の日記次の日記

大阪子と出会ったサイトをチェック

大阪子が登場する日記を見る

前の日記次の日記

大阪子の出会い話(札幌Xmas戦線編)

  1. 札幌のほの暗い部屋。 
  2. 彼女がいないヤツ安心しろ!クリスマスはただの平日だ。
  3. 行方不明で音信不通だった彼女からの電話
  4. 久しぶりに外に出たら人が怖い。性なる夜に対人恐怖症
  5. 彼女の容姿がすっかりキャバ嬢に変貌しててビックリ!
  6. キャバ嬢になった彼女からのクリスマスプレゼントに驚く
  7. 彼氏なの?彼女の言動に混乱

6 Comments

YUTARO

お待たせいたしました~wまとめも並行してやってくね。もうちょっとなんで最後までしないと気持ち悪い

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。