ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

Xmas戦線1 札幌のほの暗い部屋。 

ほの暗い部屋

久しぶりに帰った部屋には・・・。

長い長い出会いの旅を終えてYUTAROは札幌の部屋に戻った。

扉を開けると部屋は真っ暗で、ブラックホールのようにこの暗闇に吸い込まれそうだ。

うち・・こんなに日当たり悪かったっけ?

人の気配がしない。一ヶ月以上あけた部屋には、大阪子はいなかった。

部屋の状況から大阪子はあまり部屋に帰っていないのだろう。

他に男でもできたか?少し心配になったが、一カ月も家を空けていたのだ、彼女の性格上、他の男性の1人や2人いても不思議ではない。容姿もいいのだから、札幌の男もほってはおかないのだろう。

とりあえず部屋の中でコトをいたした形跡はなさそうだ。

低くため息を吐き、まぁいっか。とつぶやいた。

「ううう!」

寒い!そしてなんかめっちゃホコリ臭いな。

部屋の中は冷え切って澱んだ空気が充満していた。

寒さも耐え難いが、この空気はもっとだ。なんかホラー映画で押入れからなんか飛び出してきそう。

「こりゃ健康に悪いわ・・」

とりあえず窓を開けよう。そして換気をしたら、掃除でもしよう。

YUTAROは片付けが苦手なので今回のように長期間家を開けて帰ってきたときは荷物なんて一週間以上ほったらかしなのだが、今日はめずらしくその気になっている。それぐらいこの部屋には負のオーラが漂っていた。

あんなに楽しかった出会い旅の思い出があっというまに後ろ向きな思考で埋め尽くされそうなのです。

このままじゃ悪霊が住み着く。まずは…そうだ!掃除機。

ウィンウィンと排気音を吐き出しながら暴れまわる。

次は洗濯!風呂掃除!

不思議なもので少しづつ部屋が綺麗になるにつれスッキリとした気持ちになる。

これからはこまめに・・掃除しよう。

ひととおり片付けが終わると、外は随分あかるくなっていたし、テレビでは朝のニュースが始まっている。

最後に冷蔵庫を開けた、部屋は旅に出る前とほとんど変わらず、冷蔵庫のタマゴやキムチはあたりまえに賞味期限が切れていた。

「うえ・・きっと腐ってるよな」

腐ったタマゴを片付ける気力もないので、冷蔵庫の扉はゴミの日まで封印だ。

うぬ・・?なんか瞼が強烈に重いぞ。

YUTAROは座りこんだまま、深い深い夢の世界に誘われるのだった。

タバコのヤニのせいか歯の裏側がザラザラして不快だったが、深い眠りに落ちていく。

本当に沢山の女性にあった。わずか一カ月の間にこれだけ多くの女の子と関わることはもうないだろう。

YUTAROは夢の中で通りすぎていく彼女たちを、遠くで眺めている・・。もう会うことはないのかな?

「おおう・・寒い・・体が痛い・・だるい」

布団も引かずに8時間以上は寝てしまっていたと思う。

その日の夜から高熱が吹き出した。38.5度。

結局旅の疲れと北海道の寒さにやられ寝込む。誰か助けて・・・。

部屋にかかっているカレンダー。今年の残り日数がどんどん減っていく。

「あっ、もうクリスマスか・・?」

イブまであと3日と迫っていた。

旅であれほどヤンチャをした男の年末は暗く悲しい。

---続くーーー

大阪子と出会った「ワクワクメール評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

大阪子の出会い話(札幌Xmas戦線編)

  1. 札幌のほの暗い部屋。 
  2. 彼女がいないヤツ安心しろ!クリスマスはただの平日だ。
  3. 行方不明で音信不通だった彼女からの電話
  4. 久しぶりに外に出たら人が怖い。性なる夜に対人恐怖症
  5. 彼女の容姿がすっかりキャバ嬢に変貌しててビックリ!
  6. キャバ嬢になった彼女からのクリスマスプレゼントに驚く
  7. 彼氏なの?彼女の言動に混乱

みんなのコメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ヨッ!(*^^*)待ってました!!(笑)!

  2. 続きが、非常ーに

    気になります。

  3. いよいよ戻ってきましたね!
    大阪子とのご対面~が楽しみです(^^;;;)

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top