YYC体験談

良7 ちょいブス彼女のアソコは名器?男を惑わす迷器だった。

投稿日:2018年9月15日 更新日:

名器

ちょいブスだけど名器だと女の価値が上がる

俺は金沢女「ザワ子」とのエッチを目指す。

まずは全てをキレイにしなければ・・オッサンになると臭いには敏感にならなければならない。

オッサンになると「臭い」は許されない

オッサンにもなると、食べカスは天敵だ。放置しているとガチで口臭がやばくなる。

たまに歯間ブラシで歯の間を掃除した後に、ブラシの臭いを嗅いでみると気絶しそうになる。・・でも嗅ぐ。

共感できる人はリツイートだ!

俺は口をすすいで、人差し指で歯を擦ってみる。

キュッキュという音がしたらOKの合図だ。エッチの前のエチケットは大事なのだ。

俺はタバコ臭でヤバくなった服を脱ぎ捨てて、バスルームへ入る。

(※オッサンのシャワーシーンは省略します。)

ヤルことやって寝たいが本音

ホテルのパジャマに着替えてプレイルームへと戻と、ザワ子がベッドの横にちょこんと座っていた。

 

ザワ「YUさん、さっきはご迷惑おかけしてすいません。」申し訳なさそうに謝った。

バーで酔いつぶれたこと?吐いたこと?30分も歯磨きしたこと?

「なんのこと?」と謝罪の理由を聞けばきっと長くなる。ヤルことやって早く寝たい。

「良いってことよ。それよりほら・・パジャマがお揃いだぞ♪」

あたりまえだ。ホテルのパジャマなんだから。うんキモい。

 

「隣に行っていい?」

ザワ「良いですよ♪」

俺は彼女の横へと移動した。

キスと抱擁と白い肌

「キスしてもいい?」

俺はタバコのヤニで黄ばんだ歯を「ニッ」と見せて言った。

ザワ「・・いいですよ。」

ザワ子の肩に手を回し、優しくキスを交わした後、激しいキスへと移行していく。唾液と荒い息が交わった。

 

俺は、パジャマの隙間からブラジャーに手をかける。

それほど大きくない胸の感触を確かめるように愛撫した後、抱き合ってブラのホックを外す。

ブラジャーがふわっと緩み、胸が開放されるのがわかる。

恥ずかしそうにするザワ子の表情と伝わってくる肌の熱。

 

息子「肩!温まってまーす!」

 

俺のチンコも先発準備が出来ているようだ。

自分のチンコにあう名器は得難い宝物。

「ささ・・お布団へ行こうか。」

ザワ子とベッドの中心へと移動させると、俺は彼女のパジャマを脱がしにかかった。

シックス・ナインでJust do it!

加賀百万石の白い女体が目の前にひろがる。

ザワ子のキレイな乳首を舌先で湿らせていく。控えめな喘ぎ声が心地よい。

 

クリトリスを指で丹念に刺激してやると、

ザワ「いやあ・・。」とつぶやく。

 

湧き出るオアシスからは、メス独特の匂いがする。

(ふうう・・。芳醇。)

 

シックス・ナインの体形へと変化する。腰が悪いのとさせてもらえないので、普段はあまりしない。

俺が彼女のアソコを吸い。彼女が俺のアソコを吸う。

二人はまるでナスカの地上絵のように美しい形を描いた。(意味不)

 

息子「Just do it! 」

名器すぎて腰が触れない。

「もう入れるよ?」

ザワ子は何も言わず頷いた。

俺は彼女が「ちょっとブス」ということすら忘れていた。

 

息子にコンドームを装着すると、濡れた秘壷へと入っていく。

「??」

腰をゆっくりと動かす。

「!!??」

もう少し早く動かしてみる。

 

(何これ!?めっちゃ気持ちいいんですけど?)

 

彼女のアソコは少しザラザラとしていて、腰をちょっと動かすだけで、とんでもないフィット感。

それは俺に強烈な快感をもたらした。まるで俺のチンコのためにオーダーメイドされたかのようだ。

「具合がいい=美人」という考え。

もうザワ子は美人にしか見えなかった。

 

(名器や!いや!男を迷わす迷器や)

 

我慢などできるはずも無かった。

腰を少し動かすだけで、いや動かさなくても気持ちいいのだから。

 

「ああ!もうアカン!ごめん!イク!」

開始から2分も経っていない。早漏と思われても仕方ない。でもイクの。

息子は初回からノックアウトされるのだった。

 

「あのさ・・来週も会える?」

 

帰りのルートに金沢が含まれた瞬間だった。

ーーーつづくーーー

  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-YYC体験談

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない! , 2018 All Rights Reserved.