ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

誕14 鹿児島行ったら桜島ドライブデートがオススメ。

フェリーに乗って、桜島を車で走ろう!

桜島フェリー

はしゃぎすぎた夜が明ける。

「あああ・・眠い・・。」

この年になると、前日の疲れは翌日に跳ね返ってくる。腰からは鈍い痛みがする。

 

しかし、いつまでも眠っているわけにはいかない。朝食のタイムリミットが迫っている。

 

それでもなかなか動けずに、ぼけーっと天井を眺めていると、苺女が部屋に戻ってきた。

どうやら朝風呂を堪能していたようだ。

 

苺「おはよ!YUちゃんもお風呂行ってきなよ。朝風呂気持ちいいよ?」

相当な温泉好きなのだろうか?それとも旅行で舞い上がっているのか?

 

「温泉は成分が濃いから、入り過ぎると逆にだるくなるよ?」

苺「え?そうなの?でもいいや。ほれ!美肌になったとやろ?」

「おう!プニプニ卵肌やん!」

「昨日も結局、夜にお風呂入ってないし、・・汚いよ?」

 

俺ってば、汚いのか・・?

 

ということで高速で風呂に行ってくる。

霧島の山中で入る露天風呂は最高だ。小鳥のさえずりが賑やかだった。

 

風呂から上がると朝食の時間だ。

朝食も絶品で、とにかく白飯が進む。3杯ほどおかわりしてしまった。

 

「さて、行くか・・。」

苺「うん・・なんだか名残惜しいね。」

お世話になりました華耀亭さん。

 

霧島から鹿児島市内へ移動

二日目は市内散策である。

・・とは言っても鹿児島市内には何度も行っているので回る気がしない。

昨日とは打って変わって天気があまり良くない。少し肌寒いので、寒がりの苺女はダウンジャケットを来ている。

とりあえず天文館のアーケードをブラブラした後、桜島をドライブすることにした。

車を載せてもお値打ちな桜島フェリー(うどんが旨い?)

桜島フェリーは車を載せても、千円ちょっと。(ドライバーの運賃込み)それほど高くないのでオススメ。

ちなみに車じゃないと大人一人160円と激安だ。バスとか電車並み。

 

桜島フェリーは24時間運行なので、鹿児島市内の夜景を見るのにナイトクルーズするのもアリである。

 

苺「うわあ・・船だ!船だ!」

彼女は初めて?のフェリーに喜々としてはしゃいでいる。

「おう・・どっからどう見ても船だぜ。」

苺「乗船券って買ったっけ?」

「あ・・払ってない。ヤバい・・。どうしよ。」

苺「仕方ないね。・・もう出発しちゃうし。後で乗務員さんに謝ろう。」

※桜島フェリーは車で乗ると後払いです。(桜島⇨鹿児島は前払い。)

いざ出発、実はうどんが旨いらしい

いよいよ出発だ。

フェリーには北海道時代から何度も乗っているので珍しくもなんとも無いが(てかやること無いので苦手)、桜島フェリーは対岸まですぐなので助かる。

桜島フェリー客室フェリーに乗ってテンション高めの彼女。(ほぼすっぴん)

客室2

桜島が少しずつ近づいてくる。空に向かってうっすらと噴煙を出している。

フェリーから見る桜島今日は『やや怒』ぐらいだろうか?

 

反対を見ればに鹿児島中心地の町並みが遠ざかっていく。

(右手に見えるのが谷山あたりかな?)

ふと、鹿児島のヤ○○ン・・谷山子のことを思い出した。

 

地元の友人に聞いたところ、実はフェリーで売られているうどんが旨いらしい。

ただ、すぐに桜島に到着してしまうので、うどん食ってるとクルーズが楽しめないというデメリットもある。

 

潮風を浴びながら、景色を堪能しているとあっという間に到着。

桜島港

海釣り公園で釣りをしている人がちらほら見える。

 

桜島のコンビニはなぜか茶色い件。

「よし、行くで。」

苺「おうよ!」

「ごめん・・なんかう○こしたい。」

桜島焦げ茶のファミリーマート桜島の風景に溶け込む、ごげ茶色の店舗デザインのファミリーマートでおトイレを借りる。

桜島のローソンちなみにローソンはこんな感じ。

 

「よし、行くで。」

苺「はいよ!」

 

ロードサイドを見ると、桜島が毎日せっせと出している火山灰がうっすらと積もっている。

それにしても桜島・・何度来ても何もねえな・・。桜島も近すぎてよくわからんし。

 

九州人絶滅しすぎ!姶良カルデラ&鬼界カルデラの噴火パワーがヤバい!

桜島噴火画像

鹿児島のシンボルとも言える桜島。

そんな桜島は実は海底にある『姶良(あいら)カルデラ』のごく一部分にあたる。

ドラクエで言うとバラモスが最後のボスだと思ってたらゾーマが出てきたような感覚だろうか?

2万9千年前に姶良(あいら)カルデラの海底火山の大噴火がきっかけで、錦江湾の北部が形成されたらしい。

ちなみにこの噴火によって九州と中国地方の旧石器時代人が全滅したとか・・。(四国はどうなったん?)

名前はどこぞのキャバ嬢のように可愛らしいが、強大なパワーを秘めている。

姶良カルデラ(Wikipedia)

 

ちなみ鹿児島県は活火山の銀座とも言うべき場所で、姶良カルデラから北にいけば、霧島山の『加久藤カルデラ(宮崎だけど)』。

鹿児島カルデラ分布図南にいけば、『阿多カルデラ』がある。これは錦江湾の南部と形成したとのこと。

 

そして恐ろしいのが『噴火する説』がささやかれているのが、阿多カルデラのさらに南にある鬼界カルデラ。

・・なんか名前からしてヤバい。

約7300年前の破局的噴火によって九州の縄文人が全滅した。(九州人全滅しすぎいいい!)

桜島噴火より怖い!巨大カルデラ噴火

 

ちなみにこの鬼界カルデラが破局的噴火すると一億人が逝くという説がある。数字的にまた全滅じゃねえか!

・・火山って怖いね!

 気を取り直してドライブ再会。道の駅たるみずへ。

さて・・ドライブである。

切り立った崖からみる景色を眺めながら、いつものパターンで『道の駅たるみず』に到着。

道の駅たるみずここは既に桜島内ではないのだけれど、お土産と、水揚げされたお魚を見るのが結構楽しい。温泉にも入ることができる地味にオススメスポットである。

ちなみに桜島の反対側も見ることができるので、桜島ドライブの際は是非立ち寄って見て欲しい。(そんなに遠くない。)

お土産&物産ゾーンは通路が狭いので、無駄に人口密度が高い。

「お!この焼酎珍しい!買ってこ!」

こんな風に九州各地買った焼酎がうちには無駄にある。(家では結局あんまり飲まない)

 

ちなみに鹿児島県垂水市は、豊臣時代の5大老だった宇喜多秀家(29歳)が関ヶ原の戦いで敗れ、逃げ伸びて移り住んだ場所と言われている。

オイラも世の中にはじかれたら、垂水に逃げて温泉に入るのもアリかもしれない。

 

そして凝りもせずにアイスを食って、来た道を戻る。

せっかくなんで桜島ビジターセンターで火山の勉強した後、

錦江湾を眺めながら足湯に浸かったりする。・・これがかなり熱い。

足湯

「あー足がジンジンするわ。」

苺「でも!気持ちいいよね!お湯も茶褐色だし、なんか効きそう!」

コイツどんだけ温泉好きやねん!

 

もう一泊してく?最高の旅行でござった。

2人は鹿児島を充分すぎるほど味わうと、帰りは下道で北上していく。

熊本に付く頃には既に暗くなっていた。

 

「せっかくだから馬刺し食ってく?」

苺「え?食べたい食べたい!」

 

「せっかくだから酒飲んじゃえ!」

「でも帰れなくなる。明日仕事ばい・・」

「いいやん。そこらへんのホテルに泊まったらええやん。朝はやくに起きて福岡に帰ったらええやん。」

「あっ・・それも楽しそうだね。」

 

旅は寄り道、あくせくするな。

苺女よ最高の誕生祝いをありがとう。

今でもこの日を昨日のことのように思い出すのです。

ーーー終わりーーー

苺女と出会ったサイト

前の記事次の記事

この話を最初から読む

みんなのコメント

  • Comments ( 24 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 1枚目の写真、顔分かってしまわない?

  2. 最近にしてはめっちゃ長い!頑張りましたねw

  3. 火山の勉強になりました!(笑
    旅行ていいですねぇ
    久しぶりに旅行したくなりました!

  4. 楽しい旅行でしたね😃

    とても勉強になりました

  5. もしかして、出会い系日記はこれで終了なのですか?(^^;

  6. 終了ですかね

  7. 生きてますかー

  8. 平常運転でしょ

  9. 本当に終わっちゃうのかな

  10. 本当に終わってしまうのですか?

  11. 完結編をお待ちしてます。

  12. 今までも長期に更新されないことがあったから、まだ終わらないと思うけど。
    リアルが充実してるか、体調が悪いか、周りに何かに起こったからだと思ってます。
    そのうちに、復活してくれると思ってます。

  13. yuさーん!待ってまーす。

  14. ゆーさん!体調悪いですかー?( ; ; )
    更新気長に待ってます( ; ; )♡♡

  15. By 一本釣り漁師

    何かあったのかなぁ??
    皆さん心配してますよー
    気長に待ってます!!

  16. 今回は終わりでしょ

  17. 前にも長期間空くことありましたよね。
    また再開されるのを楽しみにしています。

  18. 1ヶ月間ずっと更新できずにすいません!ちょっと色々と忙しくて・・今日から日記の更新を再会するのでお付き合いくださいませ。

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top