ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

いくら使ってもアドレス(LINE)交換できない。だってサクラだもの。

相手からアドレスやLINEの交換を避けられ続けていないか?

danger13相手はグイグイ食いついているのになぜかアドレス交換を避けられ続けている。そんな経験はありませんか?もしかしたらサクラかもしれません。ではどんなケースが当てはまるのか説明していきたいと思います。

相手がサイト内でメールしたがるケースとは?

出会い系において、メッセージのやりとりをしているのにアドレスやLINEのID交換を避けられたり、教えてもらえないケースがままあります。

例えば、

  • アドレスを悪用された嫌な経験がある
  • 既婚者など家庭がある
  • サクラやキャッシュバッカーである

上記のようなケースが考えられます。

過去に悪質な利用者によってイタズラされたり、悪い男に騙された女性は男性に警戒心を持っています。また、既婚者でアドレスを教えられない女性もアドレスやLINE交換のハードルは極めて高い傾向にありますね。

本当に相手のことが気に入っているのならサイト内やアプリ内で「会えるまで」メッセージのやりとりを辛抱強く続けるというのがいいと思いますが、やはりそういう女性を攻略するのは骨が折れるものです、さっさと他の女性に行ってしまうほうが効率的だったりします。

問題なのは絶対に会えない「サクラ・キャッシュバッカー」であるケースです。

※サクラやキャッシュバッカーの違いがわからない人は出会い系のサクラと業者とキャッシュバッカーの違いについてをご覧下さい。

それは次で説明したいと思います。

サクラ・キャッシュバッカーの場合

相手がキャッシュバッカーの場合はポイントを消費させるためサイト内でしかメールをしません

稀に「こいつサクラか?」という疑心を取り除くためにアドレスやLINE交換ができることもありますが、あまり長くは続かないでしょう。

  • 相手がグイグイ積極的
  • 女性から会いたいと言ってくる
  • セックス・または性的行為を約束
  • 総じて美人
  • 一度も会えていない
  • アドレス交換は「会ってから」と引き伸ばす

など、非常に積極的でこちらに対して好印象であることをアピールしてきます。極端な話だと、「○○さんとエッチしたいな~」とか「お口には自身があります。抱いて!」的なセックスや性的な約束や性的なアピール・アプローチを仕掛けてきます。

それにも関わらず、アドレスやLINEの交換を渋る場合はサクラやキャッシュバッカーであることがほとんどです。

サクラの断り方の例

サクラの場合、断り方も上手だったりします。

  • 「以前にとても怖いことがあって、アドレス交換は会ってからがいいな。」
  • 「アドレス交換は会ってからって決めてるの!そのほうがワクワクしない?」

こんな感じで非常にうまいです。一見納得してしまいそうですが、優良な出会い系の場合、ここまで積極的に相手と対話できている状態でアドレスやLINEを交換できないことはほとんどありません。

まとめ アドレス&LINE交換できない人とはほとんど会えない

既にかなりの数のメールのやりとりをして自分の財布が気になっているはず。でもアドレス交換は拒否orはぐらかし・・・。これは出会い系において致命的です。

YUTAROの経験から、アドレス交換のできない人はほとんど会えません。たとえ相手が素人だとしても、サクラと割り切ってメールをやめたほうがいいです。

最近ではアドレス交換に高額料金を課す悪質な出会い系ところもあります。そういうところでは3000円~10000円程度のポイント消費を課します。ありえない金額ですね。

ちなみにサクラ出会い系で高額料金を支払ってアドレス交換をしても、最初のうちはぽつぽつとメールの返信がきますが、あとはどんどん尻つぼみになっていずれ音信不通になります

高いお金を使ってやりとりし続けたのにいつまでも会えない。そして音信不通&自然消滅、悲しすぎます。

もしあなたが楽しく女性とメールを続けているのに、「アドレス交換」や「LINE交換」を断られたとしたらさっさと切ってしまったほうがいいと思いますよ。

サクラなし出会い系一覧

Return Top