ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

答4 彼女の手料理は俺の男心をガッチリ掴む

やっぱり料理上手の女はいいばい!

epronbijin

マリノア帰りのバスの中。足の裏には重い痛みが走っている。

でも悪くない疲れだ。すぐ隣にはかわいい百合子がいる。

百「ねえ、晩御飯は何食べたい?」

「うーん、そうやなあ・・昼がイタリアンだったから和食かな。」

オジサンになるとダントツで和食なのである。

百「和食かあ・・からあげ?」

和食=からあげという発想が若い。

「い、いや揚げ物はちょっと・・好きだけどね。魚の煮つけとか?」

百「煮魚かあ・・わかった!」

 

博多駅に着くとさっそく買い物に出かけた。行先は「美野島商店街」である。

「うちの近くに美野島商店街っていい感じの商店街があるんよ!」

百「お!夕方のテレビ番組で見たかも?そこ行ってみたい!」

嬉々として二人は商店街に向かった。手をつないで。

俺の容姿がもう少し爽やかなら、かつての「チャーミーグリーン」のCMも良く似合うことだろう。

「あれ?嘘だ。どこも営業してない。」

百「本当だ。お店ほとんど閉まってるね・・。」

日曜日の美野島商店街はほとんどが休店だった。

とりあえずスーパーはやっていたので、仕方なくそこで買い物。

百「煮魚だけだとなんか寂しいよね・・。他になんか食べる?」

「じゃあチンジャオロース!」

百「中華じゃんwオイスターソースある?」

「そんな凝ったもの・・ウチにあるわけねえよ。」

ピーマン、タケノコの水煮。メカジキなどなど

百合子は迷いなく買い物かごに材料を入れていく。さすが実家で台所を任されているだけある。

俺は彼女の頼もしい姿を見てキュンキュン来ていた。

やはり女性的な行動は男心を揺り動かす。胃袋をつかむというのは良く言ったものだ。

まだ食ってないけど・・。これでメシマズだったらどうしよう・・。

 

「お!これも忘れちゃいけねえ・・!」

俺はカゴの中にビールを突っ込んだ。

買い物を終え、ようやく部屋に到着。・・疲れた。

このまま二人でゴロゴロしたいもんである。

百「さあ作っちゃおう!フライパンとかお鍋どこあると?」

「・・うーん。ちょっとゆっくりしたら?ビールでも飲んでさ。」

百「オッサンはゴロゴロしてていいよ。」

優しさの中にある「オッサン」が痛い。

「いや・・手伝うよ。」

百「男の人はキッチンに立っちゃダメ!」

「え?なんで?」

百「なんでもばい!」

若干ハタチにして「古臭い考え」の持ち主だ。こういうのは九州の女子でたまに見かける。今では絶滅危惧種だ。

ビールを見ながらちびまる子ちゃんを見ていると、良い匂いがしてきた。

百「YUちゃん!お待たせ!ご飯出来たよ~」

小さなテーブルいっぱいに皿が並ぶ。

「おおう!ありがとう!なんか豪華やで!」

百「お味噌なかったからお吸い物にしたよ。お口に合うかな・・。」

少し緊張した顔で百合子が言った。とりあえず手を合わせて頂きます。

「おお!美味い!俺の好きな味付けや!ビールと米が進むぜ!」

百「ありがと!でもビールとお米って合わないでしょ?(苦笑)」

ということで料理上手が発覚した百合子。

申し分ないスペックだ。

今日はなんて幸せな日だろうか。福岡に来て本当に良かった。

 

さて・・次は百合子を召し上がっちゃおうかな?グフフ。浮かれる俺。

しかし、予期せず雲行きは怪しくなっていくのだ。

ーーーつづくーーー

百合子と出会った「ラブサーチの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

百合子の出会い話(答編)

  1. 百合子が博多に会いにくる。
  2. トラブル発生!俺のフェラーリ(ワゴン車)壊れる?
  3. マリノアでクルーザーを見ながら昼食デート
  4. 彼女の手料理は俺の男心をガッチリ掴む
  5. ヒステリックですか?急に怒り出す彼女に恐怖!

みんなのコメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 毎度毎度の雲行き悪し?ワクワク!どきどき!ばぃ!

  2. 胃袋をつかまれた後は

    玉袋と思ったら(>_<)⁉

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top