○○は見た!福岡は狭い

目撃者には気をつけろ!

▷広島から来た可愛い浮気相手編の1話目を見る

??「今、博多駅でYUちゃんらしき人見たんだけど・・。もしかしていた?」

血の気が引いていく。何度も言うが福岡は街が狭い。

だから天神周辺、博多周辺など福岡人の行動範囲も広くない。

それに加えてショッピングや飲みに行ったりと、みんな活動的に外出するので、よく知り合いに出くわすし、今回のようにこっそり見られている事も多々ある。

 

しかしデートをするとなると街を歩かないわけにはいかない。

俺はここらへんのリスク対策をもっと考えなければならない。

 

それにしても、まさかあの暗い中で目撃されていたとは。

 

「いたよ。良くわかったね。見られたのがキミで良かったよ。」

目撃されていたのは、戦友とも呼べる女友達の「ビチ女」だった。

彼女は性に開放的で、肉食系女子だ。

不幸中の幸いとでも言うべきか?見られてたのが彼女で助かった。

ビチ「私で良かったってどういう意味(笑)女の子といたでしょ?やるやん。YUちゃんのバリ近くにいたんよw気づかなかった?」

「マジかよw あっ今取り込み中だから今日の事は今度話すわ。てかクリスマスプレゼント選び手伝ってくれ。」

 

ビチ女にメッセージを送ると、鯉女がトイレから帰って来た。

俺はカバンの中へとスマホを「無い無い」した。

 

「じゃあ乾杯しよ!福岡にようこそ~☆」

鯉「かんぱーい。」

グラスがカチンと鳴る。

 

前菜を食いながら、一杯終えると、次は日本酒だ。

 

「ささっ!まずは一献。」

鯉「ありがとう。はいYUちゃんもお猪口持って。」

「くあああ!んめえ!」

鯉「これ飲みやすいねえ。なんてお酒なの?」

「えっと・・東一(あずまいち)ってヤツ。佐賀のお酒だよ。」

鯉「そうだ!お土産に九州のお酒も買ってこっと。」

「お土産が蜂蜜と酒ってなかなかだねw」

会話を楽しみながら1合、2合と消費されていく。

 

鯉「福岡の水炊きってこんなに鳥づくしなんだねえ・・。」

「俺も滅多に食わないからなあ・・どう?美味しい?」

鯉「うん!すごく好きな味。スープが濃厚。」

 

気に入ってくれて良かった。水炊きで腹も膨れ、酒で体も温まった。

 

「どうする?もう一軒どっか行く?」

鯉「うーん。YUくんちに見てみたい・・。」

「ほほう・・。(そう来たか~)」

( 4/10話目 )

※タップで開きます。

⇨鯉女の登場する日記を見る

4 Comments

ねこまた

ビチ女さん、ナイスです!(←こういうコ、スキですw)
狭い街ってキケンですよね(笑)
早急に対策を練る必要があると思われます。
あ、もう対策済ですね?

返信する
YUTARO

ビチ女は男性的ですからねえwビチ女の話しもいずれしますね!福岡は都会が凝縮されてるんで、出かけるたびに知り合いに会ったりします。僕の対策なんて子供だましですよw

返信する
yuyu

久々のビチ子さんだ!笑
ヒヤヒヤしましたね~笑
『そうきたか~』の続きが気になる(*^^*)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。