パンツがない。着る服もない。デートに行きたくない。

俺のパンツ

どこ消えた?俺のパンツは盗まれない。

高美とドライブに行く日がやって来た。あと二時間後には彼女を迎えに行く事になっている。

↓高美と最初のアポはコチラ↓

高飛車な女彼女は意識高い系の高飛車女?遊んできたら思った以上に・・。【ワクワクメール札幌の出会い】

部屋の中は腐敗が進んだカニの匂いで異臭を放っている。

「お・オエッ・・。と、とりあえず風呂に入ろう。昨日はすぐに寝ちゃったし。」

昨日は結局風俗しか行っていない。夕食はコンビニの総菜と缶ビールを二本。

疲れが溜まっているせいで、すぐに眠ってしまった。

 

バッグ中の着替えのパンツを探す。

 

「ぱ、パ、パンツ・・パンツがない??」

一瞬誰かに盗まれたかと思ったが、俺のパンツを盗んでくれるような物好きはいない。

バッグの中には、パンツどころか、Tシャツなどの肌着も入っていない。

 

「なんでや・・?」

記憶を辿る。なぜかアニメの小学生探偵が脳裏に浮かんだ。

 

「・・あ。コインランドリーの洗濯機に入れっぱなしだ・・。」

 

急いでホテル内のコインランドリー室へと移動する。

洗濯機の蓋を開けると、槽の片隅に、べったりと服が張り付いていた。取り出して、臭いを嗅いでみた。

 

「・・着れるかしら?」

生乾きの臭いがするようなしないような・・カニ臭で鼻が馬鹿になっている可能性もある。

 

「乾燥機に入れておけば・・生乾き菌も死滅するはず(願)」

乾燥機に投入して部屋へと戻ってシャワーを浴びた。

タオルで体を拭き、洗面所で入念に歯を磨く。

 

「・・あれ?」

 

これまで見て見ぬふりをしていたがもう誤魔化せない。

 

「なんや・・この残念な体。」

醜く膨らんで垂れ下がった腹。下乳も発達している。首と顎が繋がり始めていた。

 

「嘘・・。めっちゃ太ってるやん。」

あらかじめダイエットして旅に望んだのに、明らかに増量している。

この旅で一体何カロリー摂取したのだろうか。

 

「こんな体見せられない・・。」

急激に自信は失われていく。(後で測ったら63.5⇨71.8キロになってたw)

 

乾燥を終えた少し酸っぱい臭いの服。

それにホテル備え付けのファブリーズをたっぷりと吹きかけて着替える。

 

「うう・・濡れてて冷たい・・。行きたくない・・。」

髪型や服装が決まらない時の女子の気持ちがわかる気がした。

 

外に出ると、俺の気持ちとは裏腹に、札幌の空は雲一つない晴天だ。

北海道の空は本当に澄んでいる。PM2.5がひっきりなしに飛んでくる福岡の空とは比較にならない。

 

高「この場所に迎えに来てください。」

車に乗り込んで、LINEで届いた指定場所をインプットする。

 

20分ほど車を走らせて、待ち合わせ場所に到着する。札幌市内某所のセイコーマートだ。

セイコーマートは道民の愛するコンビニで「セイコマ」「セコマ」と呼ばれ親しまれている。(YUTAROはセイコマ派)

2016年に社名が「セイコーマート」から「セコマ」にこっそり変更されててビビった。

 

「お茶でも買っとくか・・。」

セイコーマートでお茶を二つ買って、店の灰皿の前でタバコに火をつける。

レンタカーは禁煙車なので、ヘビースモーカーにはきつい。

 

モクモクと勢い良く吐き出される煙の先に女の姿が見えた。

 

「チクショウ!やっぱめっちゃカワイイがな・・。」

ーーーつづくーーー

⇨札幌の高美と会ったサイト

2 Comments

yuyu

最後のチクショウ笑いました(笑)
待ってる相手にそう思われたら
うれしいなぁ(*´-`)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。