ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

進化6 大惨事!彼女がセックス中にお漏らしをしました。

怖がる彼女に電マをあてたばっかりに

hunsui

「また怒られちゃったね・・ちょっと落ち着こうか。」

タ「それ入れるんじゃないよね。」

「うん。入れるわけじゃないから安心して」

スイッチオン。

ブ――――!

タ「え?何この音!」

「まず、これをあてます。」

タ「どこに?なんかめっちゃ怖いんだけど・・」

「まあまあ・・物は試しと言いますか」

デンマちゃんをタヌキ女のあそこに軽く当てる。

ブーブーブーウン!

タ「わあああ!何これ、ストップ!」

一旦スイッチをオフ。

うるさいなあ~もう!リアクションでかすぎ!でも、なんだかんだで楽しかったりもするわけであります。

「ごめん、痛かった?」

タ「なんかその、気持ちいいんだけど・・刺激が強すぎてよくわかんない。私やっぱりちょっと怖い。」

「わかった、もうちょっとチャレンジして、痛かったり辛かったりしたら止めるから。」

タ「うん・・てかいつもこんなもの使ってるわけ?」

「デンマのこと?これって大人のたしなみの一つだよ?友達とか先輩に聞いてみ?」

再び、デンマが振動を開始する。

ブ―ブ―!そして、彼女のクリトリスに電マの「弱」モードでやさしく当てた。

タ「わあああ!あああん!やっぱり刺激すごい!」

パクパクとタヌキ女のアソコが魚の口のように呼吸している。

マムコの端からいやらしい液体がトロトロとにじみ出ている。

「思ったことを口にしちゃいなよ。」

タ「なんか、来そう・・!これが・・」

お?そろそろイキソウなのかい?僕は少し強めにデンマを押し付けていく。

電マで刺激されてオシッコを放つ彼女

タ「いやああ!なんか、なんか・・」

「なんか?どうしたの?」

相手の意見など聞かないクレバーなSに徹するYUTARO。本当は自分も責めていただきたい。

タ「だめ!ストップ!ストップ!おしっこしたくなってくる。」

「大丈夫・・大丈夫。」

タヌキ女のヘルプも無視してクリをデンマで刺激しつづける。

本当にうるさくして隣人にはとてもご迷惑をおかけしております。

普段はめっちゃ静かに暮らしているので今日くらいは許してたもれ。

タ「あああ・・ちょっと!おしっこでちゃうって!」

チョロ!

あっ・・あーあ!いまちょっと出ちゃったね・・。

チョロチョロ・・

引き続き流れ出る流水。

タ「うわあ・・ストップ!」

デンマを押しのけ、飛び起きる彼女。

タ「今、私おもらししちゃったかも・・。」

「うん。漏れてる。」

タ「だからおしっこ出そうって言ったのに!汚しちゃってごめんなさい。」

「いいよ全然。」

タ「でも・・.ごめんなさい、ごめんなさい!大人になっておもらししちゃった!すぐにタオル持ってくるから・・。急いで拭かなきゃ!」

「大丈夫。明日一緒にシーツを洗おう。」

なんか律儀なタヌキ女がかわいそうになってきた。

そして、なぜか息子はギンギンになっているのである。

一部の女性はエッチ中に「おもらし」することがある

彼女のように一部の女性は外部からの刺激によっておもらししてしまうことがある。

「潮吹く派」と「潮吹かない派」に別れるのもそのせいだろう。

これは人の「体質」によるところが多い。

また経験上アルコールなど利尿作用が強い飲み物を摂取していると起こりやすかったりもする。

注意したいのが無理に潮やオシッコを吹かせないこと。

電マをどれだけ当てても、中を刺激しても出ない人は出ない。

僕も若い頃は「ほら!吹け!吹け!」と指でかき混ぜまくったものだが、やり過ぎると痛がられて台無しになる。

潮吹きやおもらしは男の自己満足の部分が多い。(女性も気持ちいいらしいけど・・)

あくまで彼女の体質とその時の状況を考えよう。

そして自分の家のベッドではやらないことが一番大事だ。

ーーーつづくーーー

 ⇨タヌキ女と出会った「ハッピーメールの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

タヌキ女の出会い話(進化編)

  1. コスプレという幸福のお届けもの
  2. 彼女が家にやってきた。とりあえずピザを取ろう!
  3. 彼女に初めてコスプレを着てもらうんです
  4. 好きな女を自分色(コスプレ)に染める・・それが男の夢
  5. 本当の「壁ドン」とはこういうことだ。
  6. 大惨事!彼女がセックス中にお漏らしをしました。
  7. 愛らしい彼女のキスマーク

 

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top