出会い系体験日記

最高!貸切風呂で彼女とエッチな事するヤツ。

体が冷えたら貸切温泉で混浴。なんか色々気持ちいい。

二人は、2時間ばかり水族館を堪能した。

結局トイレとお茶を飲む以外は、筑紫女と手を握って回っていた。手が汗でベタベタ。うす塩味でございます。

 

女性の体にずっと触れていると、どうしても、肉欲的なものを感じざるえない。

 

(んあ~!おっぱい拝みてええ!!エッチしてええ!!)

いくつになっても、男の頭の中をぱかっと開けてみればこんなもんである。

彼女への強引なお願いも、明る誘えば冗談ですまされる。

「さあ!温泉に行こうよ!」

筑「え~?本当に行くんですか?」

「是非もなし。」

筑「意味がわかんないです・・。」

「エスコートもしっかりできたし。ご褒美で風呂につかりたいかな・・。二人で。」

筑「それって自己採点じゃないですか!エロオーラがすごいですよ!」

「・・変態はお嫌いですかな?」

筑「嫌いじゃないけど・・ってお風呂で変なことするつもりですか?」

「・・・。」

筑「なに・・そのドヤ顔!」

「・・筑紫女は真面目に突っ込んでくれるから好き・・。」

 

そんな感じで、ちょっと強引に温泉に行くことになった。

強引に事を運ぶには、「あくまで陽気」にが俺のモットーだ。陰気さや高圧さがあってはいけない。

「何事も明るくやれば失敗しても冗談ですむ」歴史上の偉い人か、死んだじいちゃんが言ってた気がする。

ということで、陽気&強引に彼女を温泉へと運ぶ。

貸切温泉へ、「予約はしてますか?」でパニック。

ネットで調べてたどり着いたのは、別府の外れの、とある立ち寄り湯(旅館)。一片の隙も見せず入口から入っていく。

旅館に入ると、なにやらいい匂いがする。どうやら夕餉の準備をしているらしい。

 

「すいませーん!」・・返事はない。

「すいませーん!」

大きい声で叫ぶ。こういう時ってちょっと恥ずかしいよね。

「あっ!いらっしゃいませ~!」

旅館で働いているであろう、若い男が出てきた。

「すいません、立ち寄り湯を利用したいんですけど・・・・。」

旅館の人「ありがとうございます~ご予約はされてますか?」

「え?予約?」

旅館の人「はい。ご予約はされてますか?」

・・・・予約いるの??

社会常識のない、いろいろと恥ずかしい人間。彼女を横目に、脇汗びっしょりなわけであります。

 

貸切風呂のシステムがよく分からず、しかも週末なんかに来ちゃったもんだからYUTAROパニック。

このまま風呂に入れなかったら台無しだ。一軒目でキメなければグダグダになってしまう。

 

「予約はしていません。でも福岡から来ました。」

とりあえず「遠くからわざわざ来たアピール」をしておく。

旅館の人「お疲れ様です。」

「すいません。予約はしてないんですが、やっぱりダメですか?」

旅館の人「そうですね~宿泊者の方もおられるので、ちょっと確認してきます。お待ちください。」

・・・旅館の人が帰ってくるのをしばし待つ。

 

「一緒にお風呂に入る」という小さな野望、あえなく潰えるか!?

 

旅館の人「今なら大きい半露天で岩風呂の貸切湯なら空いております。ご利用されますか?オススメですよ。」

「よかった!じゃあそれでお願いします!タオルも貸してください。」

「目隠しして・・」恥じらう彼女がエロス。

助かった!ホッと胸をなでおろす。天は我に味方した。

これで、疲れた体を癒せる。・・いや、筑紫女の裸体をおがみながらイチャイチャできる!

「筑紫女!温泉入れてよかったね!」

筑「うん・・でもやっぱり一緒に入るのは恥ずかしい・・。」

「も、萌ええ・・。」

お金を払って、タオルを借りて。いよいよ二人きりの貸切湯に向かう。

二人きり、いまからここでアバンチュールじゃい!

 

ガラリ・・・扉を開けると、思ったより広い露天風呂。

10人以上入れるのではなかろうか?これなら大浴場としても充分通用しそうだ。

 

「お!すげえ!贅沢!」

筑「広いねえ!びっくり!」

「では・・さっそく入りますか!ハアハア・・。」

息子ちゃんがスタンバってきました。

 

筑「でも・・まだ、お外が明るいし、裸見えるの恥ずかしい。」

「でも、この冷え切った体をあっためないと、温泉地に失礼ってもんだよ。」

筑「じゃあ・・YUさん目隠ししてて。」

「え?知り合ったばっかりでそういうプレイは・・嫌いじゃないけど。」

筑「馬鹿だw 私が先に入るんで後ろ向いててください。」

「は、はひ♡」

女子の恥じらいほど、男子にとって心を揺さぶるスパイスはない。

扉に向かって後ろを向く、まだかな、まだかな。聴覚だけが活躍中。

 

やがてザバザバと湯をかぶる音が聞こえてきた。

その音が止み・・。ぴちゃり・・・。水面に音を感じる。

 

筑「こっち向いてもいいですよ~。」

振り返ると筑紫女の艶やかに濡れた、背中が見える。

 

「ひゃっほおおおい!!!」

俺は一瞬で服を脱ぎ捨て・・一応マナーとしてチ◯コを洗う。

 

「ご一緒してもよかですか?」

筑「よかよ♡」

俺の秒針はカチカチになって、今はもう動かない。

 

ふううう。お湯の中に体を沈めていく。混浴なんて久しぶりだ。しかも半分野外ですがな・・・。

さすが世界に誇る、日本の名湯。別府のお湯は気持ちいい。

 

「いいお湯だね・・。」

筑「うん・・気持ちいい。」

「もうちょっと、そっちに行ってもいい?」

筑「うん・・。」

広い広い露天風呂。筑紫女は恥ずかしさからか、端っこに行ってしまっている。

ススッ~。穏やかな波をたてながら、俺はターゲットに近づいていく。

濡れて煌めいている彼女の背中が目の前に。

 

「来ちゃった。」

筑「(笑)」

「寒くない?」

筑「むしろ少し熱いです。」

俺は、筑紫女の背中を指でなぞる。

筑「ひゃ!くすぐったいw」

身をよじらせる彼女。水面がぱしゃりと音を立てる。

「俺にもたれかかって・・ほら。」

彼女の背中が俺の胸にもたれかかり、抱擁するかのような形になる。

こりゃあ、◯ンコビンビン物語だ。(古)

 

愚息の先っちょが、筑紫女の腰あたりに当っている。ちょっと気持ちいい。

 

「それにしても今日は寒かったねえ~。ここでしっかり温まっていこうね!湯冷めしないように。」

彼女の肩や背中にお湯をかけながら、その手は次第に乳神様のほうへと導かれる。

 

気がつけば、彼女の乳を揉んで・・いや揉みしだいておりました。

乳首をコリコリ。

筑「やん・・あ・・あ。」

「乳首たってまっせw」

筑「だって触るから・・はああん♡」

「気持ちよくない?」

筑「気持ちいいけど・・。」

 

そんでもってまたコリコリ。すると突然、筑紫女が振り向いた。

筑「キスしたいです。」

このキス魔め!でもそれは俺のセリフだ。

チュッチュ・・ペロペロ・・ヌチャヌチャ・・。

 

いやらしい音を立てながらのディープなキス。チ◯ポがのぼせそうに熱い。

 

「ほら・・こっちも触って・・。」

彼女の柔らかく細い手を、我が愚息のほうへ持っていく。

筑紫女は愚息を捕まえると、やさしく上下させた。

 

筑「YUTAROさん・・気持ちいいですか?」

「ええ。やばいくらいです。」

筑「ねえ・・。私のも触ってください。」

 

筑紫女は見た目の清楚さを、見事に裏切るエロさを秘めておる。彼女陰部に優しく触れる。

筑「ああん・・あん♡」

温泉の温もりで、感度が良くなっているのか、かわいい声で鳴く。

彼女のソコはしっかりと濡れている。クリも勃起していた。

 

筑「はあ・・んん・・あああ・・」

俺はそのまま筑紫女の膣内に指を入れていく。そしてやさしくかき混ぜる。

筑「んん!んん!・・・ああ!」

 

声が漏れるのを気にしているのか、あえぎ声が控えめだ。

(おいおい、チ◯ポを触る手が止まっているぜ?)

 

「ねえ・・俺の舐めて。」

筑「はい・・。」

ザバア!!俺は立ち上がる。息子は既に立ち上がっている。

 

ちゅぱッ。

 

筑紫女がゆっくりと息子を口に含んでいく。このゆっくりが好きであります。

彼女の温かい口が、あっしの粗チンを包み込み、実に優しい刺激をもたらしてくれる。

 

チュプ。チュップ・・。

「ふええ・・気持い・・い。」

丁寧な筑紫女のフェラ。

(やばい・・このままじゃ・・)

俺は必死で射精感を抑える。

みんなヤッてる。でもゴムは持参しよう。

「あの・・入れたいのですが。」

筑「え?・・ここでですか?だってここ・・旅館の温泉ですよ?」

「うん・・。でもきっと皆やってるw」

筑「ちょっとだけですよ?中に出しちゃだめですよ・・?」

彼女も発情している。今は建前よりも本音だ。

 

「うん。わかった。ではお尻をこっちに向けておくれ・・。」

筑紫女の引き締まったお尻が突き出される。

 

あ・・アソコ丸見えや!(゚д゚)

彼女の陰毛からは、水滴が滴っている・・。ケツからは湯気がうっすらと漂っている。・・というエロス。

 

ギンギンに勃ったチ◯コを彼女の下の入口まで持っていく。

「入ります!」にゅる・・。

ヌルヌルと生暖かい感触が伝わってくる。

 

「ああ・・温泉よりも・・。気持ちいい・・。」

やっぱ生はええ!いつもは安全「ゴム派」の俺も、このシチュエーションに興奮し、冷静さを欠いてしまっている。

 

腰を振るたびに「チャプ!チャプ!」と温泉が音を立てて暴れる。

さすが別府の名湯。性にも効く。

 

筑「ん・・あん♡んあん・・・」

控えめに喘ぐ筑紫女の声も少し大きくなっていく。

 

AV仕様の「岩風呂でハメる」の現実は痛い。

「今度は筑紫女が動いて・・。」

YUTAROは岩に腰掛ける。そして、筑紫女がその上で跳ねる。

AVで良く見るシーンが現実になった。

でも・・。痛ててて!

岩にケツが擦れて猛烈に痛い!岩の硬さと歪さを舐めとった!

彼女のケツがぶつかる衝撃で、俺のケツが岩に押し付けられて、悲鳴を上げる。

 

筑紫女「ああ♡んん!!ああ!!んん♡」

彼女もそろそろクライマックスみたいだ。だって声でかい!

 

それにしても、痛い・・!!!AV男優ってすごいわ・・。痛みのおかげで早漏の俺もなかなかイケない。

耐えながら、筑紫女のケツを受け入れる。

 

(ぐ・・ぐぬう・・う・・あれ?気持ちいい・・?)

ケツの感覚がおかしくなってきたのか、痛みが快感へと変わっていく。

もしかすると、お尻もイケル系かもしれません。

 

「ああ・・え?やばい!イキそっ!!」

一瞬、彼女と子供たちの「明るい家族の光景」が脳裏をよぎる。

 

(いっそ、このまま・・)

筑紫女「YUTAROさん、中だめ!だめです・!」

「で・・ですよねえ~!!よいしょ!」

 

ぽいッ!ドピュッ!

筑紫女を跳ね飛ばして、俺は自らの手の中で射精を迎えるのであった。

お湯で流されて、排水口に流れていく出番なしの我がDNA。

それでも、冬の露天風呂エッチは最高なのだった。

みんなもマナーを守って温泉でやってみてくれよな!

 

次の日記⇨夜明1 急なお誘いは行くべき?断るべき?

前の日記⇨女子とデートで行くなら水族館が断然オススメ!

⇧筑紫女と出会ったサイトを見る

⇧筑紫女の登場する日記を見る

初心者も安心。高確率で出会えるサイト
ワクワクメール
ワクワク画像
恋活もアダルトに使える弱点の少ない出会い系サイト。YUTAROもここで150人以上と一番会えているので信頼性は抜群。

評価ページ公式ページ

ハッピーメール
ハッピーメール画像
会員数1700万人の国内最大級出会い系。いつも新しい女の子が登録してくるのは嬉しい。ややアダルト色は強いが、一度は使っておきたい。

評価ページ公式ページ

ラブサーチ
ラブサーチ画像
運営17年の恋活系の老舗。定額制で使い放題なのでガッツリ出会いを楽しむことが可能。なんと出会い率は80%以上。

評価ページ公式ページ

評価ランキング 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。