有名店で本場の尾道ラーメン食ったら激マズだったんだが。

尾道ラーメン

尾道ラーメンの人気店行ってきたら、想像以上不味かった。

「あいたたた・・。」

腰の痛さで目が覚める。一日も経っていないのにこれはヤバい。

台風の暴風雨は、まったく弱くなっていなかった。俺の小学生並の予想は大きく外れた結果となった。

「ああああ!雨すごおおい!」

視界の悪い中を進んでいく。でも進むしかない。

他の車も気を付けて進んでいるせいで、全くスピードがでない。

行きは8日間で6アポ。既に遅れ気味。

とりあえず今回の往路ルートはこうだ。

「大阪」⇒「金沢」⇒「富山」⇒「新潟」⇒「青森」⇒「札幌」

既に各々の地域で、アポを取っている。往路については、8日間でこのルートを踏破しなければならない。

※北海道からの復路に関しては、歯抜け状態。旅の途中で決めて行こうと思う。

 

既に予定よりも少し遅れ気味だ。

今日中に大阪に着くことができるだろうか?途中で高速を使うことも視野に入れなければならないだろう。

午前11時。ようやく広島市を通り過ぎる。福岡を出発してから既に8時間が過ぎている。

今回は、広島でのアポ予定は今のところない。帰りまでになんとかアポがとれればいいのだが・・。

せっかくだから本場の尾道ラーメンを味わう

「オラ腹が減ったぞ!」

俺は某人気マンガの主人公のモノマネをつぶやく。旅の道中は一人言も増えてくるのだ。

 

正午過ぎ、尾道市を走っている。尾道といえば尾道ラーメンだ。

この旅のもう一つの目的は、ご当地グルメである。

「よし!せっかくだから尾道ラーメン食ってこ。」

さっそくコンビニに駐車して食べログを開く。どうせなら点数の高いところで食べたい。

「お、ここ良さそう。3.5点。」

たどり着いたのは商店街?のような場所にある、尾道ラーメンの某有名店だ。

台風で凄まじい雨の中、店の前で、ずらっと人が列をなしていた。

 

「こ、これは絶対に旨いヤツだ。」

待つこと20分。ジーンズの膝下が雨でビチャビチャになっている。

ようやく店内へ入ることができた。もちろん店内は満員。

 

「ぐううううう!」

スープのいい匂いが腹を無意識に鳴らす。

カウンターに座り、食券を渡す。

尾道ラーメンとチャーハンを注文した。はよはよ食いたい。

「何これ?味がない。」

店員さん「おまちどうさまー。」

(キタキタ!これこれ!)

濁りの少ないスープからたまらなくいい匂いがする。豚の背脂がキラキラと光り輝いている。

俺は箸で麺を持ち上げる。麺は平打ちの少し太めだ。

 

(くうう!美味しそう!まずは・・スープから・・。)

ズズ―。

濡れて冷え切った体に尾道ラーメンの温かいスープが流れ込んでいく。

(!!!)

ズズ―。

(???)

ズズ。

(あれ・・?味がしない。)

醤油の風味はあるものの、凄まじく塩気がない。ラーメンのタレを入れ忘れたレベルだ。

(きっと麺に味があるんだ。)

ゾゾゾ!

(えへへwやっぱ味がしねえやw)

 

もしかして疲れているのか?俺が悪いんだきっと。

これは空腹でなければ食えないレベル。

 

(チャーハンはしっかり味ついてんな。チャーハンうめえ!)

ただチャーハンについているスープも味がしない。

これが有名店?これが食べログ3.5?これが尾道ラーメンのスタンダードなのか?不味すぎるんだが・・。

 

以前に、高速のサービスエリア(小谷SA)で食べたのはうまかったけど・・どうして?教えて!尾道の人!

 

「ご、ごちそうさま(ズーン。)」

・・とりあえず、腹は満たされた。

結論!チャーハンは美味かった!(※名誉のため店名は伏せさせていただきます。)

「くそ!1食損したぜ!」

「でも・・たぶんアレ・・なんか入れ忘れてるよな・・。お湯と脂のラーメンだったもん。」

「また今度もう一度確認しに行ってみるか・・。」

一人でぶつくさ言いながら、車を走らせる。

尾道に来る理由が一つ見つかった。

6 Comments

こんぶ

ひさびさの全国旅編!
研ぎ澄まされたアポ取りテクニックと大人の余裕によって素敵な旅となるのか。
はたまた肝臓に鞭打ってのデスロードとなるのか。

読者としては後……いや、どんな展開でも楽しみです(笑)

返信する
こう

車中泊は腰が痛くなりますね(>_<)

YUTAROさん、電車でも出会い旅してほしいなぁ😃

返信する
YUTARO

今は車が無いんで、次は電車旅になると思います☆運転の疲れを考えると電車のほうが良いかもしれませんw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。