冬9 お前もか!彼女から聞かされる衝撃の事実

驚く男

「飲みたい!」と言ってコンビニへと疾走する彼女。

俺の言葉は彼女の心の敏感な部分に触れてしまったのだろうか?

魚「YUちゃんにもビール買ってくるからちゃんと付き合ってね!」

と言って出ていったのがせめてもの幸いだろう。

脱走から20分ほどしてインターホンが鳴る。

彼女が持ってきたファミリーマートの手提げ袋一杯に酒とつまみが入っていた。

「こ、こんなに?・・飲めるかな?」

魚「あははあw今日はたっくさん飲みましょうw」

コンビニまで歩いたのが効いたのか彼女の酔はより深いものになっている気がする。

きっとこれから魚女の「やけ酒」に付き合わされるに違いない。

 

「カンッ!」

再びビールの缶がぶつかり合って音を立てた。

 

「もしかして・・彼氏と・・その・・うまく行ってないの?」

好奇心から「さっきの話の続き」が気になる。

彼女はムッとした表情で下唇を突き出しながらこちらを睨みつけた。

 

(こんな顔もするんだ・・。)

 

魚「うまくは行ってるんよ・・。会ってる時は仲いいもん・・。」

チー鱈をかじりながら言う。

「そうなんだ・・。じゃあそろそろ結婚しよって話が出るんじゃない?もう30も手前なんだし。」

俺もこっそりとチー鱈を頂く。

魚「いまどき30越えても結婚してない人いるでしょ?YUちゃんだって。」

彼女はチー鱈を左右にブンブン振りながら言った。

「男と女は違うような・・それに若いほうが・・ほら子供とか? 倖○來未も言ってたじゃん。」

俺はチー鱈の半分にへし折り贅沢食いをした。

魚「もお!うるさい!私だってホントは結婚したいの!」

彼女はこぶしを振り回して言う。口からチー鱈を飛ばしながら・・。

「じゃあなんで・・?」

魚「YUちゃんのいじわる!結婚したいけど・・子供も欲しいけど・・できないの。」

彼女は目に涙を浮かべている。ちょっと言い過ぎた・・。それにしてもチー鱈は美味い。

「え・・できないって・・結婚?子供?」

魚「・・・・・結婚のほう。」

 

(な・・なんかこの話はヤバい気がする。)

俺は話が核心に向かっていることを察し始めている。

 

魚「結婚・・・してると・・。」

「え?」

魚「彼・・既婚者なの・・。」

話の途中からそんな気がしていた。

「ふぇ・・?つーことは・・不倫関係なの?」

コクと彼女が小さく頷く。

「彼はいつから結婚してるの?」

魚「知り合った頃にはもう結婚してた。」

「つまり?」

魚「4年くらいかな?ちなみに彼は42歳の本厄。」

思いがけず強烈なカウンターを見舞われる。

「あっ・・俺ちょっとオシッコ・・。」

俺はトイレに入り息子をファスナーから召喚する。

「4年」「42歳」「2ヶ月」「2年半」「460円」

頭の中を数字がぐるぐると渦巻く。

 

あれ?もしかして・・・

俺は2年半に既婚者に彼女を盗られたということ?

「ブルータスじゃないけど・・魚女よ・・お前もか・・。」

 

あはは・・なぜだろう・・。

息子がちょっとにじんで見えるのは。

ーーーつづくーーー

⇧魚女と出会ったサイトを見る

⇧魚女の登場する日記を見る

前の日記次の日記

魚女の出会い話(冬編)

  1. 出会い系で知り合った女が実は既婚者だったという体験
  2. 彼女からの呼び出し
  3. 嫌な予感がする。そして彼女の口から出た言葉
  4. ベタな別れの言葉「他に好きな人ができたの」を食らう
  5. 別れ際、彼女が見せた最後の「ぶりっ子」
  6. 「もしかして元カノ?」LINEの「知り合いかも?」がきっかけで再会
  7. 2年半ぶりに会った彼女の変貌に驚く
  8. まるで昔見たいだね・・元彼女の手料理
  9. お前もか!彼女から聞かされる衝撃の事実
  10. 結婚ってなに?女遊びは男の甲斐性?不倫大国福岡
  11. 「私・・結婚します。」めでたいけど実はホラー

12 Comments

けんた

うわー!!
予想してなかった展開だ。
今年の週刊紙とワイドショーを賑わしている関係なんだ。料理が上手くても、既婚男性に行く女性はダメだね。

返信する
ぼくみつる

独身より既婚の方がガツガツしてなくてモテるのは間違いないだろうね
※ある程度のイケメンか金銭的な余裕がある奴に限る

返信する
YUTARO

確かに・・独身者にはない落ち着きと余裕があるんでしょうな~。ちなみに僕の先輩はバツイチになってからモテなくなりましたw

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。