ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

山2 彼女の手作り弁当が嬉しい!ここに嫁候補現る。

不意打ちのお弁当は卑怯である。

obento

まずは山子を拾うべく、俺は柏原へと向かった。

彼女の住むマンションの駐車場に到着すると、既に彼女は待っていた。

今回はちゃんと「おめかし」をして来てくれている。

前回は山登りだけだったので服装もスポーティだったが、今回はちゃんと女の子仕様だ。

顔面のメイクもしっかりとしてくれている。

彼女の足元には一泊二日の旅行と考えても大きすぎるバッグが置かれている。

俺なら10日くらいはいけそうな量だ。女っていろいろ大変なんだね。

「おはよう!いい天気でよかったね!」

山「うん!でも暑くなりそうですね~」

「山だから涼しいんじゃない?(雑)」

山「そうですね!湯布院っていったら避暑地ですからね。ああ早く登りたい!」

俺たちは爽やかに合流を済ませると湯布院に向けて発進した。

いつもなら高速代をケチって下道で向かうところだが、ここは見栄を張って高速に乗る。

ちなみに俺は鹿児島や広島、果ては地元の名古屋まで下道で行くほど「高速代ケチ」である。

 

今回登る「由布岳」は九州の大分県にある標高1583mの活火山だ。

近くには全国的に有名な温泉地の湯布院と別府がある。

大分県では一番メジャーな山と思っていい。

九州は全体的に活火山の多い地方(有名なものは鹿児島の桜島や熊本の阿蘇山、長崎の雲仙普賢岳など)で温泉地も多いが、2000メートル級の山は存在しない。

ちなみに一番高い山は鹿児島の屋久島にある宮之浦岳(1936m)。

 

山「YUTAROさん飴食べます?」

「お!ありがとう!」

俺、飴ちゃんをもらう。

山「あっ!そうそう!今日お弁当作って来たんですよ!」

「え?嘘!マジで?」

山「はい!卵焼きとかウインナーとかちくわとか・・簡単なものですけど・・あとはおにぎりです。」

んん?ちくわ?まあ旨そうだけど。

「なんか悪いなあ・・ありがとう。」

山「こっちこそ、車出してもらってありがとうございます。」

・・嫁候補がここにもう一人現れちゃった。

全国の料理が苦手な女性諸君、弁当なんて不格好でもいいんだ!その気持ちが嬉しいんだ!

 

和気あいあいと湯布院に到着。

湯布院は九州随一の温泉スポットで、海外(主に中国だけど)からも沢山の観光客が訪れる。

ちょっと高級な旅館が多い。夏は避暑地。冬は・・えっと・・まあ寒い。あと蕎麦がうまい。

自然が豊富で市街地も観光スポットがたくさんあるので機会があれば是非行ってみてほしい。

 

「市街地を抜けたらもうちょっとだから。」

山「はい!」

「んん?・・・ぎゅるるる!!」

突如腹痛に見舞われる。きっといつもよりも早起きをしたせいだ。(僕は一年間で250日ぐらい下痢です。)

「・・ちょっとコンビニ寄ってもいい?」

山「あっ!行きたい!私もポカリとお茶買いたかったんです。」

「あはは・・ちょうどよかった。(漏れる)」

脂汗を垂れ流しながら、コンビニに滑り込みトイレを拝借。

「ぶりゅりゅ」する。そして便座に座りこんで考えた。

「由布岳って富士山みたいに途中にトイレあるのかしら?」

いかにもトイレ大国ニッポン人の発想だ。

「もし・・トイレに行きたくなったら・・彼女の弁当食べてお腹痛くなったら・・まるで彼女の弁当が腐ってたみたいじゃん!」

・・俺のプライドにかけてそれだけは避けたい。ネガティブ方面の創造力が広がっていく。

「たしかこの辺りに・・下痢止めが・・。」

コンビニから出ると車のトランクルームを探す。

開封された「ストッパの箱」が2箱も出てきた。

「お・・入ってる・・飲んどこ。」

心配性の俺は、規定量の2倍を飲み込んだ。

「これで大丈夫なはず・・きっと」

 

yuhutozanguchi

ようやく登山口についた。由布岳の登山口には小さな駐車場がある。

平日のせいか3台しか車が停まっていない。

「さっ準備して登ろう!」

山「YUTAROさんは着替えないんですか?」

「いや?このままだけど?」

山「じゃあ私トイレで着替えてきますね。」

彼女が荷物を持って公衆トイレに消えていく。あらかじめ着替えてくればいいのに・・。

そして俺は嫌な予感がしていた。

「山+公衆トイレ=??」である。

山「ぎゃあああああ!!」

案の定トイレから絶叫が聞こえてきた。

ーーーつづくーーー

山子と出会ったサイトを見る

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

山女との出会い話(山編)

  1. 山ガールに誘われて・・俺は由布岳に登る
  2. 彼女の手作り弁当が嬉しい!ここに嫁候補現る。
  3. いよいよ由布岳を登る。なんだかんだで素晴らしい。
  4. やまなみハイウェイを通り「草太郎庵」へ・・
  5. 童貞こじらせても魔法は使えないが奥手になるから気を付けろ。
  6. ドSなイケメンマッサージ師のおかげでハートに熱を帯びる
  7. 浴衣がはだけて我慢ならねえ!・・彼女に飛びかかってみる。
  8. 青い空、新鮮な空気、白い肌、ピンク色の乳首。今日は良い日だ!

みんなのコメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 去年、僕も由布岳に登りましたよー。登った後は別府と湯布院の中間にある塚原温泉で汗を流しました。

    あと北部九州でメジャーなのは九重連山ですね。雨に降られることが多いのが残念ですが。

    名古屋は有名な山が近いので出身者のYUさんが羨ましいです。

    • 九州北部もなかなかいい山多いですよね(^○^)塚原温泉ですかー!一度いきましたよ!あの辺りは泉質の濃い温泉多いですよねー!
      中部地方は高い山が多いですが僕には無理です笑

  2. 山娘に!何が?(笑)
    火曜サスペンスになりそう?(*^^*)

  3. あ~・・・なんとなく分かったw

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top