ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

歪み14 彼女があの日「逃げた理由」に仰天!

彼女の声に怒りを抑えて・・「逃げた理由」を尋問開始

riyu大「もしもし・・YUちゃん。」

「え・・嘘?つながった。」

うっかり口に出してしまうほど、俺の中で大阪子と連絡を取るのは、かなり「難易度が高い」ことになっていた。

さて、何を話そうか?

 

大「あの・・ごめんなさい。」

先制パンチを繰り出したのは大阪子だった。

「え?な、な、何が?」

 

いきなりの謝罪に意表を疲れたが、煮えたぎった血は収まるはずがない。

 

大「その・・飛行機乗らなかったこと・・ごめんね。名古屋で待っててくれたのに。」

「ずっと待ってたんやぞ!うっ・・」

あかん・・出だしから涙でそうや・・。

今、泣いてはいけない。毅然とした態度で立ち向かわないと、大阪子に「スキ」を見せてしまう。

とりあえず、彼女がなぜこんな行動を取っているのかを知らなければならない。

 

「なんで飛行機乗らなかったの?もしかして体調悪かったとか?」

混乱していたので一つずつに絞って聞くことにした。

 

大「あの・・その・・グス・・グス・・ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!」

大阪子まさかの号泣である。泣くの?そっちが?泣きたいのはコッチでござるよ!

「あのさ・・泣いてちゃわからんじゃん。結構大事になっているんだから。飛行機乗らなかった理由はなによ?」

もはや「女の涙」ごときで動じる俺ではない。

 

大「ごめんなさーい!ウワーン!」

 

な、なんやコイツ・・。話にならんがな・・。

・・俗に言う「マタニティブルー」ってヤツか?俺は怒りながらもドン引きしていた。

しかも「俺がやりたいこと」を彼女は思いっきりしてしまっている。

 

「・・・落ち着け・・。落ち着くんだ・・・」

とりあえず大阪子が泣き止むまでの10分程度、瞑想モードに入る。

 

瞑想によって、コチラの怒りもだいぶ落ち着き、冷静な考えが戻ってきた。もしかしたらこれが「彼女の狙い」だったのかもしれない。

そして彼女からその理由が明かされるのだった。

ええ!彼女から出てくる「消えた」理由

「さて・・少しは落ち着いた?」

大「グス・・グズ・・うん。ありがとう。」

「それでなんであの日、こっちに来なかったの?」

彼女のしたその行為についてできる限りの「暴言」は思いついたが言うのはやめておいた。

大「うん・・あの日、ホテルをチェックアウトしてから、時間があったから・・」

あの日と言うと大阪子が飛行機に乗る日のことだろう。

「うんうん、それで?」

大「大通りにある占い師さんに占ってもらったんよ・・。結構当たるって有名な人。」

占いだと?あれあれ?なんか嫌な予感がしますよ?

大「急に妊娠してトントン拍子で結婚まで話が進んだやん?だから不安だったの。」

不安なのはお互い様でしたよ。

大「それでその占い師さんに占ってもらったの。いろいろ。このまま結婚して上手くいくのかとか・・」

案の定な方向へ話が進んでいく。

大「そしたら・・YUちゃんと結婚するのは・・」

「ストーップ!皆まで言うな!」

「お前は・・お前はそんなことで・・ぐぬぬ!」

「怒り」、「呆れ」・・様々な感情が体を駆け巡る。

俺は、冷蔵庫に駆け寄り、ビールを取り出した。グビグビ!

「プハー!お前!そんな大事なことを見ず知らずの『占い師』に決めてもらうんかい!」

憎い・・大通りの占い師が憎い・・。俺の頑張りは占い師の「鶴の一声」で無に帰したというのか?

占うならもっと早い段階にして欲しかった。タヌキ女と別れる前にでも・・。

大「それだけじゃない・・」

「???え?」

まだあるの?もうお腹いっぱいなんですけど?

大「本当は私・・名古屋に行きたくないんよ・・。私さ、札幌が好きだし、友達とも離れたくないし・・トータルでこの街が好きなの!(*´∀`*)」

「・・・ポカーン(コイツは何を言っているんだ。)」

好きなの!じゃねえよ!お前「友達」なんていねえじゃねえか!と脳内でツッコミながらも、熱が急激に覚めていく。

大阪子は思った以上に「馬鹿」だった。

どうやら彼女は「クズの極み」に達していたようだ。

俺に、少しは残っていた「愛情の欠片」もこの一瞬で砕け散った。

そして、この女のために怒るのもバカらしくなってきた。

「そかそか・・まあいいや・・一生札幌に住んだらいいと思うよ。はっきり言って、俺と結婚はしないってことだよね。」

大「・・・・」

「だけど子供はどうすんの?もうすぐ産まれるわけでしょ?占い師が言っただの、札幌が好きだの、友達が大事だの・・そんな自分勝手なことじゃ絶対育てられないっしょ!?」

ヤバイ・・酔っ払って書いてたら怒りが甦ってきた。

大「そうだよね・・でも・・」

俺は、こんな女に子供の「養育費」を払うのはゴメンだ。

「お前の言う友達もきっと男なんやろ?お前は女友達なんてできないタイプだし、お前は嘘つきだもんな。」

大「嘘なんてついてない!」

えええ?('ロ'('ロ'('ロ'('ロ' )!!!

「だって大阪の実家にも帰ってなかったやん。結局、全部嘘!実家に帰ってるって言ってた期間、誰となにしてたんやろね?・・人に全部任せて。」

俺、ようやく「暴走モード」に突入。口が止まらない。

大「それは・・」

「だから今、お前が俺に言った、『理由』だの『言い訳』だのも内容がアホ過ぎて信用できない。俺はお前とは縁を切る!」

 

大「キイィイ!お腹の子供はどうすんのさアア!」

 

逆ギレで応戦する大阪子。電話の向こうで耳が痛くなるほどのキーキー声が聞こえる。

「子供に関してはしっかり責任とる。産まれたら俺が育てる。お前には任せられないから。でも・・お前は信用ならないから・・」

 

産まれたらスグにDNA検査をしようと思う!」ドン!

 

大「え?D・・NA・・何それ?」

「本当に俺の子かどうか確認するための検査。これは絶対に受けてもらう。」

大「・・ふざけてん?意味がわからん!慰謝料請求すんで!」

もはや完全にキ○ガイの所業である。

だれか彼女の「取り扱い説明書」をくれ。・・なんで俺はこんな女と住んでたんだろ?時間を巻き戻せるならそうしたい。

「おうおう、そこは『結婚破棄』でお前にしっかり払ってもらうから。」

・・・それから大阪子とは電話でいろいろと揉めたが、とにかく「DNA検査」と「結婚しない」ということは確定した。

無事、俺は「独身」のままなのである。

結局、彼女は札幌にいるまま出産することになった。

そして二ヶ月が経った。

・・・いよいよ「XDAY」がやってくるのだ。

ーーー終わりーーー

大阪子と出会った「ワクワクメールの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

大阪子の出会い話(歪み編)

  1. ダンボールに思い出を詰めて
  2. 実家から帰って来ない嫁
  3. 引越し一週間前に帰ってきた彼女
  4. 札幌最後の夜、これって有終の美なのかな?
  5. 1,000キロ以上の道のりを走るのはヤバイ
  6. やることはやった!これが最後の安眠になるとは・・。
  7. 嫁さんを空港まで迎えにいったんだけど・・。
  8. 事件です!再び行方不明になった彼女
  9. 彼女が行方不明になった時はどうしたらいい?
  10. 彼女にとって俺の存在はなんだったのか?
  11. ウチの彼女、尋常じゃなく虚言癖があるんですう~
  12. 「絶望」よりも「怒り」という感情のほうがよっぽどいい
  13. 音信不通の彼女から「怪文書」が届く
  14. 彼女があの日「逃げた理由」に仰天!

みんなのコメント

  • Comments ( 32 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ずるいー!!!!早く読みたいので早めの帰宅希望っす!笑

  2. また話が進まない

  3. yutaroさん!良い感じで話が進んできて面白くなってきましたね(⌒▽⌒)まぁ、結婚しなくて正解!そんな女性の為にした苦労を考えればまだまだ甘いですね!

  4. 感情的な女って楽しい部分があるんだけど(特にセックスとか)、トータルで考えると付き合うのは

    ダメなんすよね。

    短絡的思考で自分本位で言い訳ばかりだしw

    いやあ、何がしんどいってYUさんの親御さんを巻き込んでしまって、

    YUさんは身辺整理してしまったことですよね。

    • >感情的な女って楽しい部分があるんだけど(特にセックスとか)、トータルで考えると付き合うのはダメなんすよね。
      このすけさんわかります。恋愛と結婚は別腹ってのはこのことですね。
      今回の件で少しは女性を見る目が養われたので良しとしたいんですが、親を巻き込んでしまったのは本当にきつかったです。

  5. 重症虚言自分勝手嘘つき非常識病娘
    でした!

    なんたる良いわけ?(爆笑笑笑)
    良いわけにすらなりませんねぇ!
    一時期は可愛く思えたこと
    全否定します!(笑)(*^^*)

    なんやそれ(?_?)?チャンチャンですなぁ!?

  6. なんか…大阪さんは
    妖怪とか化物とか
    みたい。彼岸島の邪鬼というか…

    あ、失礼しました。
    言い過ぎでしたか?

    でも、嘘を暴かれて、
    逆ギレだなんて
    ホントにやだし、怖い。

  7. 女は占い師を信じるからなぁ(-_-;)

    でも、部屋を解約してもらって

    どこに住んでるんだか?

    謎は解明されるんですかね(>_<)

    • 女性は「占い」とか「縁結び」とか「パワースポット」とか大好物ですからね。信仰心があるかないかはわかりませんが・・。次回でどこに住んでたのかわかりますよ。

  8. By 一本釣り漁師

    ってか話も進みましたねw
    占いなんて嘘だと思うよ〜信用性ゼロな女だな(^_^;)
    結婚する気なんてサラサラなかったんだろね〜嘘に嘘を重ねすぎて引っ込みつかなくなり仕舞には振り回すだけ振り回し居直りと逆切れ(-_-;)
    次のお話待ってます!早急〜!!

    • たまには本気出します!ネガティブな日記はあんまりスキじゃないので今月までに終了させたいかな・・。占いの件は本当かどうかわかりませんが彼女ならありうるかも・・。

  9. By ラピュタとナウシカ

    師匠久しぶり。

    この流れに水を差すようで申し訳ないけど、
    お見合いパーティーで100マッチングもしたし、一区切りついたので結婚したよ(´・ω・`)

    これからおれもお見合いパーティー全国制覇するわ(奥さんから県外ならいいと了解済・(笑))

    • ちょちょ!ラピュちん!ただの自慢やん!(‘ロ'(‘ロ'(‘ロ'(‘ロ’ )
      でも結婚おめでとうございます!式に誘われてないけど・・てか奥さんが出来すぎというか・・ちょっと変わってますなw

  10. YUTAROさんきもちいいです。皆が思ってることスパッと言ってくれました。大阪子頭弱すぎ。

  11. 大阪子みたいな女と結婚していたら
    まさに「結婚は人生の墓場だよ、だって・・・」になってましたね。
    ちなみに私は人生の墓場に到達しました。

  12. わかってはいたことですが

    Yutaroさんの子供かどうかも怪しい反応ですね。

    思い当たる節はあるから

    その反応なのかどうか……

    どちらにしても一番の被害者はYutaroさん

    というかタヌキ女さんだ!!

    と思いました。

  13. 占いとは・・・まさかの結末です。ありえないす。

  14. あ、これ
    完全な地雷やん。

    なにはともあれ、おつかれさまですε-(´∀`; )

  15. By ぼくみつる

    >>子供生まれる→血液型違う???→DNA検査する→父親違う→離婚→福岡移住・・・

    だいたい似たような感じになってきたじゃん
    という事で福岡編はよ!

  16. 暫くして、大阪子とも連絡が取れなくなりDNAの話も無し。

    現在に至る。

    そんなオチかなぁ〜?

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top