ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

南国3 夏だからこそしょっぱい汗でドロドロになってしよ!

舐めたらしょっぱくて痺れる。それが夏!

汗女性旅の始めというのは疲労も無い分、テンションが高い。

そしてこれまでの旅のように過酷じゃない。母さん僕は元気です。

ホテルにチェックインして二人で充分にはしゃいだ。でも目の前の魅力的な果実を食べないわけにはいかない。

ゴロリ。

俺はベッドに横になった。うちのせんべい布団とは違ってフカフカだ。

これがリゾート地のマットレスか!最近腰が痛いのは布団が悪い気がしてくる。

 

「ほれ・・近くに・・一緒に寝転ぼう。」

 

幸いベッドが三つある。一つは「それ用」ということかもしれない。(違います。)

 

筑「うん・・。」

 

筑紫女がフローリングの床をペタペタと鳴らしながら近づいてくる。

同じように彼女もベッドに寝転んだ。そして俺の肩に頭をうずめる。

んちゅ・・んちゅ。

ゆっくりと味わうかのように唇を交えた。

さらにエンジンがかかってくる。

俺は着ていた黒いTシャツを脱ぎ捨て彼女に言った。

 

「乳首を・・舐めてもらっても?」

筑「あはは・・YUさんってバカだあ。」

 

「仕方ねえなこのハゲは!」

そんな表情で、でも少し楽しそうに筑紫女が俺の乳首を舐め始めた。

ペロペロ・・。

 

「あ・・ひん!・。そ、そこそこ。」

 

もう百回くらい言っているが俺は乳首が大好物だ!

自分のも他人のものも・・。

 

筑「んん!なんだかちょっとしょっぱいです・・。」

「ごめん・・今日は結構汗かいちゃったから。」

 

筑「じゃあ先にお風呂入ります?」

「いやいや・・大丈夫。そのまま続けて。」

舐めてもらっているのにエラそうだ。

 

「さて・・お次は筑紫女の番でっせ♪」

よいしょ!

彼女の着ているTシャツを脱がせて、ブラさんもさっさと外す。

 

筑「窓開けっ放しですよ~カーテンも閉めてないし・・丸見え・・。」

「大丈夫!目の前は海だから!(ニッコリ)」

そう言って、お返しに彼女のお乳を舐める。

 

筑「ひゃ・・ああん。」

 

彼女も沖縄に来てテンションが上がっているせいか、あっという間に先端が硬くなった。

「うむ・・。確かにしょっぱい。」

筑「ちょ・・こら!もう舐めちゃだめ!」

「かまへんかまへん。」

彼女の体から塩分を補給した後はそろそろ下のほうも・・。

「脱がすから腰浮かせて」

彼女のショーパンもさっさ脱がして、とりあえずおパンティを拝んでおく。

俺は女性のパンツにはあまり興味がない。

 

「おお!めっちゃセクシーなパンツ!」

筑「うふふ!かわいいでしょ♪」

 

・・んでパンティをさっさと海の方向へと放り投げる。

海まで届くはずもなく、それはひらひらと舞ってソファに落ちた。

 

「それじゃあ・・下のほうもいただきますかね。」

筑「ダメ!下のほうは舐めちゃだめ!」

「え?・・なぜですの?」

筑「お風呂入ってないから汚い。」

「え?俺は全然かまわんよ?」

筑「今舐めたらYUさんでも蹴っ飛ばすから!」

 

女性とは、よくわからんものだ。

旅行初日で顔面を腫らすのはいやだったので、指にしておく。

 

筑「うん!ああ!そこもっとして!」

筑紫女は一旦スイッチが入ると命令が増える。

 

にゅぽにゅぽ。

 

指で彼女のアソコをほじくっている間、こっそり指を嗅いで舐めてみた。

「(臭くないけどなあ・・しょっぱいけど。)」

 

それよりもマン脇に生えている毛が気になった。

「(これ・・剃りたい)」

 

「そろそろ入れちゃうよ。」

・・コクりとうなずく彼女。

んでそこからコンドームを取りに行くという手際の悪い俺。

 

「じゃ入れちゃうよ?(仕切りなおし)」

息子はトロトロになった彼女のアソコへと吸い込まれていき、極めてスムーズな出し入れが繰り返される。

 

筑「ああん・・ヤダあ・・」

南国の照りつける太陽のおかげで、快楽で崩れる彼女の微妙な表情までがよくわかる。

そして額やうなじの辺りから汗がにじんでいた。

・・明るい場所でのエッチも悪くない。

でも俺はどんな顔をしているのだろう。

 

「ああん!やばい!急にきた!上がってきた!」

そんな彼女の表情に興奮がMAXになったせいか、俺のアレが噴射されようとしている。

・・これ以上こらえるのは無理だ。

 

「いくよ?いくよ!」

コクッ!コクッ!

筑紫女は首を立てに二回振った。

 

・・んドピュ!

 

ああ・・空が・・青い。

俺の息子から出たアレは、南国の積雲と一体となった気がした。

ーーーつづくーーー

筑紫女と出会った「ハッピーメールの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

筑紫女との出会い話(南国編)

  1. いよいよ沖縄旅行。二人で行く南国は飛行機内ですら楽しい。
  2. 沖縄着!まずはアメリカンビレッジへ!
  3. 夏だからこそしょっぱい汗でドロドロになってしよ!
  4. アソコのムダ毛が気になって。彼女をパイパンにしたい願望
  5. 仕上がりが大事!アソコをキレイにパイパンにする方法
  6. 沖縄といえば肉!風変わりな鉄板焼き屋「JAM」で体力をつける
  7. 彼女はおもむろにTシャツを脱ぎ捨てた。
  8. いけね!コスプレとローター持ってきてたわ!
  9. スッチーのコスプレの彼女に暴れるローターを使う
  10. 最終日は圧倒的に時間が足りない!さらば沖縄!

みんなのコメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ああ、エロいっす(笑)

  2. こんばんは。
    リゾート地でバカンス羨ましいです。

    YUTAROさんはHにフ○ラは
    1セットではないんですね。

    最近テレビで本仮屋ユイカさんをよく
    見ますが、筑紫女さを思い出します。

  3. エッチは男を詩人にする😃

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top