ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

エロい妄想7 ハーレム状態なのに・・。僕って女性に舐められる系男子?

芝公園あたりに向かって歩く。

ハーレム状態

麻布のバーを出て、女性二人、そして男性一人のハーレム状態。

でもなんだろう・・この胸躍らなさは・・(゜´Д`)

時間は既に午前3時。さすがにいろいろなところにボロが出始める。・・しんどい。

ずっと座っていたせいか、腰は鈍痛を覚え、胃は膨満感が半端ない!そして顔と頭皮には脂が蓄積され、ギラギラと鈍い光を放っている。

明日の昼は、東京最後の出会い系アポがあるがそれすらも面倒くさい。

そして、まだ終わりじゃない・・これからYUTAROは都会女と同居女の住む部屋で宅飲みというヤツを繰り広げる。

美女二人、それも相手のお宅で飲むという一生に一度あるかないかの状況。

男としては、かなりありがたいシチュエーションなのだけれど、なんせ都会女は酒乱状態。

これから何があるかわからないという恐怖にYUTAROは怯えていた。

YUTAROは、なぜか女性にあまり警戒されない。

決してイケメンでもないからその理由は自分でもわからないが(男性として見られていないのかも?)、

それほど深い中になったわけでもないのに、女性の家に上げてもらうことはちょくちょくある。

その逆もしかりで女性がYUTAROの部屋に上がることもそれなりにある。

部屋に上がった挙句、お茶を飲んでテレビを見て帰るという女性もいるのでやっぱり男性として見られていないのかも?

いや・・・威厳のある男性であれば、まだ会って2回目の都会女からあのような女王様的な態度をされることはないはずだ。

男性どころか、対等な人間として見られていないのかもしれない・・・。

僕って女の子に舐められる系男子ですか?

兄弟にお姉ちゃんがいるから?

小学六年生までオカンと風呂に入っていたから?

童貞歴が長かったから?

舐められそうな理由はいろいろと浮かぶけれど・・・。

もっとオオカミにならなければいけない!

明日からは積極的に肉を食おう。バイオレンスに生きるぜ!

・・・・・・・・・

途中にあったコンビニで三人は酒を買うことにした。

都「私これが飲みたい!このチーズのおつまみ食べたい!」

彼女のワガママは止まらない。

「え?まだこんなに飲むの?ほどほどにしたほうがよろし。」

都「え~!夜はまだ始まったばかりだよ!」

いや・・・始まったばかりというか、もうすぐ朝なんですけど・・。

コンビニで酒をたらふく買った後・・・まあほとんどが都会女の分なんですけど・・。

二人の住む部屋までふらふらと千鳥足で歩く。

酔ってる時ってなぜか無駄に歩けますな。

いよいよ女の子達のマンションに上がり込む。

彼女達の住処に到着する。

今流行りのシェアハウスというやつで2DKになっていて、一つが都会女の部屋、もう一つが同居女の部屋だ。

ダイニングとキッチンは二人で共同して使っているらしい。

東京の都心にしては、広い間取りだと思う。

札幌は家賃がかなり安いので、この部屋の家賃を聞いて驚いた。東京って大変ね・・・。

週に数回は同居女が料理を振舞うらしい。どこまでもいい女だな!チクショウ!

さて、そろそろ夢の3Pを繰り広げますか?

とりあえず、都会女の部屋で飲むことになった。

ダイニングで飲めばいいのだが、都会女が急に寝てしまうことがあるので都会女の部屋。

6畳ほどの広さの部屋に小さな折りたたみのテーブルとシングルのベッドが小さいタンスが置いてある。

「さて、2次会しますか!かんぱーい!」

チビリ・・・ぜんぜん酒が進まねえ~(´;ω;`)

YUTARO的には2次会どころか、貴女とのデートを含めると5次会である。

飲もうという意欲はあるものの、

「隊長!もう飲めませんぜ!」と体が拒否反応を示す。

都「うへへ・・・んじゃトランプしよ~ゲームは何にしようかな・・そうだ!ババ抜きで負けたら・・・」

どん!とテーブルに差し出されるガラス制のボトル。

これは・・テキーラ!?アルコール度数40以上の強烈なお酒・・。

都「これのストレートを一気飲みれす!」

紙コップにテキーラを入れてポンっと置く都会女。

早稲田の某レ○プサークル出身ですか?

お前!この空気読めよ!スカートからパンツが丸見え状態な都会女に空気を読む能力は期待できそうにない。

てかさっきコンビニで買った酒はなんだったのか?

ゴールの見えないゲームはスタートする。

「ああ・・・負けた・・グビ!うええ」

同「うう・・負け・・ゴクリ。」

都「隊長飲みマース!」

こんな感じでテキーラをあおる。

なぜかテキーラというヤツは強烈に酔う、そして後味が体質に合わない。

強烈な吐き気に襲われながらながらも、ゲームを続けていく。

果たして何杯飲んだだろうか・・人間の限界はどこにあるのだろうか?そして・・・なぜ俺はここにいるのだろうか?

神様・・・なんの罰ですか?これは。

「わ、私・・明日仕事なんでそろそろ寝ます!おやすみなさい!」

同居女が脱落を宣言し、いそいそと部屋を出ていってしまった。

この裏切りものめ!

これからテキーラを飲む確率が50%に跳ね上がる。

そして、3Pの夢はあえなく潰えた。

飢えたメスライオン

そして残ったのは、凶暴なメスライオンと同じ檻の中という・・この状況だ。

---つづく---

都会女と出会った「ワクワク評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

都会女の出会い話(東京エロい妄想編)

  1. 貴女その後、女性が怒って帰るのは男に原因がある?
  2. 麻布で合流、かわいい子の女友達はかわいい?という説
  3. 東京でハプニングの予感
  4. この年になって初めて女の子と一緒にトイレに入るわ!
  5. ひとりっ子の性格はわがまま?女王様ご立腹!
  6. ビッチ対あげまん女性の格差社会を目の当たりにする
  7. ハーレム状態なのに・・。僕って女性に舐められる系男子?
  8. 親しき仲にも礼儀あり?彼女がありのままの姿をみせた結果
  9. 見ちゃダメ!彼女がセックス中にゲロを吐いた!泣きそう

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top