決別7 結婚は無理!本当に申し訳ない!

仰天画像

まさか!?結婚という言葉に仰天する僕

「け、結婚?」

彼女から飛び出す言葉に仰天でござる。すんなり「YES」とはいかないと思ったけど。

タ「うん、結婚したらいいじゃん!」

「ちょ、ちょっと!冷静になれって!まだ俺ら、付き合って2ヶ月だぞ!」

タ「・・時間は・・関係ないと思う。」

「それに名古屋の仕事だってつづくかわかんないじゃん。見切り発車は危険だよ。絶対後悔するって!お前、頭に血が上ってるんだよ。」

見切り発射・・つくづくそう思うわ。若さゆえの先走りという奴だろう。

タ「そう・・だよね。私となんか結婚したくないよね。わがまま言ってごめんなさい。」

タヌキ女の目元がみるみる潤って、再び涙が流れ落ちる。

「いやいや・・タヌキ女はいい女だよ・・でもまだその時期じゃないっていうか・・てか俺はお前に見合うような大した男でもないし・・」

タ「・・・もういいよ。YUちゃんがどう思ってるかわかったし。何言われても取り繕ってるようにしか聞こえない。」

彼女の震える声に、もう言葉が見つからない。

「・・ごめんなさい。」

タ「うん。私、今日はもう帰るね・・」

急に立ち上あがり、足早に玄関に向かうタヌキ女。

「ちょ、ちょっとこれタクシー代。」

タ「そんなのいらない!」

ブーツのジッパーも締めずに飛び出して「バン!」と勢いよく玄関のドアは締められた。

本当にすまないと思っている・・・。

あと、お隣さんにもいつも本当にすまないと思っている・・。

追いかけたくても追いかけられないもどかしさだけが玄関に残った。

すでにめちゃイケは終わっていたが、まだ九時を半分すぎたあたりだった。

長いようで短い二人の別れ話は終わった。

部屋はさっきまでの喧騒とはかけ離れて、シーンと静まり返っている。

「ああ・・・なんかもういろいろ疲れたなあ・・」

小さなソファーで足を抱えて横になる。YUTAROはそのまま目を閉じるとゆっくりと夢の世界に向かっていく。

きっとすぐに目が覚めてしまうに違いない。

また罪悪感と自業自得という奴に苛まれるのだ。でも、少しだけでも寝かせておくれ。

ーーーつづくーーー

タヌキ女と出会ったサイトをチェック

タヌキ女が登場する日記を見る

前の日記次の日記

タヌキ女の出会い話(決別編)

  1. 彼女に「別れの言葉」をいう日
  2. こんな笑顔を前にして別れ話とか殺生だわ
  3. これからの話をされると悲しくなる
  4. 違う違う!そうじゃない!
  5. 何かを察した彼女の不安げな表情が辛い
  6. 嘘偽りの別れの言葉
  7. 結婚は無理!本当に申し訳ない!
  8. 忘れ物はないですか?

 

13 Comments

スバ

狸さんに、正直に告げたほうがよかったのかも?
無責任な感想を申し訳ない。

返信する
ろく

何が正解だなんて、
わからないですよね。

タヌキさんの幸せを
祈っております。

さて、

つまり、

これでユウタロウさんは、
今は父親ってことですよね?

返信する
YUTARO

前もって正解がわかっていれば人生はつまらんですからね。僕もタヌキの幸せは心より願ってます。さて予想系はお答えできませぬw

返信する
一本釣り漁師

タヌキさん可哀想すぎる・・・。
完全にユウタロウさんのせいで男性恐怖症+トラウマですね。。。
そうならなきゃ良いけど・・・。
っで・・・暫くしたらコチラのサイトも閉鎖でしょうか?

返信する
匿名

ユータロウさんの出会いライフ楽しみにしてましたけど、本当に最低だと思いました。

流され過ぎじゃないですか?

返信する
YUTARO

このままだといつかは別れがくるので、せめて傷が浅いうちにというヤツですね。コチラのサイトはまだまだ続きます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。