ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

風俗嬢の技術を堪能する元童貞のYUTARO

風俗シャワータイム

わておっぱいが好きです!きれいな乳首が好きです!

YUTAROはボブの女の子の乳首にむさぼりつく。 はじめ優しく、徐々に激しく。

「はじめチョロチョロ中パッパッ」米をうまく炊く時と同じ原理だ。

「いやん。ああん。」フェリスボブ嬢のスケベな声が、シャワールームにこだまする。

素人の女の子でも、一緒にシャワーを浴びることは案外にも少ない。たまには彼女と一緒にお風呂に入りましょう。

こういった風俗のお風呂場タイムというのは、異性とのコミュニケーションの場としても、いいと思う。

相手はプロだとしても、こういう経験は男を少なからず成長させるものだ。

風俗を楽しめるようになったのはいつからだろうか?

YUTAROが童貞から上がったばかりの若い頃は、金払ってるんだからシャワーなんてゆっくり浴びてられるか!すぐプレイじゃ!的な感情があった。

できれば、時間内で二回いきたいとか、激しいテマンで潮を吹かせてみたいとか、本番なんかも夢みたりしてた。

今ではゆっくりしゃべりながら肩もみなんかのマッサージしてもらうのも悪くない。余った時間でシャンプーしてもらうのも気持ちいいもんだ。

「あぁ!僕乳首がよわいんですぅ!」

フェリス嬢「じゃあもっと刺激してあげる!」

嬢の情熱的なボディウォッシュに、息子も黙ってはいない。久しぶりにななめ上を向いている。

フェリス嬢「さ、体ふきますね~私もシャワー浴びるからちょっと待っててね。」

丁寧に体をふいてもらい。 フェリス嬢自身のシャワータイムをベッドで転がりながらタバコをくわえて待つ。

このご馳走を待つ間のそわそわ感もたまらない。

 

嬢「お待たせー。」

 

「よっ!待ってました!ちゃんとキレイにしてきた?」

タバコの火を消すといよいよプレイがはじまる。

YUTAROはベッドに仰向けになると、「 乳首を入念に舐めてくだせえ。」と嬢に懇願するのだった。

え?責めないのかって? 風俗では基本責めません。

彼女がいやらしい顔でYUTAROを快楽に導く顔が、見たいのです。

優しいキスにはじまり、嬢の舌先はYUTAROのニップルに迫ってくる。

嬢は乳首を舐めるかと、思いきや、すっと避けて周辺を刺激する。

「くぅぅ!焦らす!早く!早くぅ!」

この焦らしこそ、できる風俗嬢の真骨頂だ。

YUTAROの突起は完全にボブ嬢の舌先を、欲している。

おかげさまで息子はギンギンだ。

ようやく、彼女の舌先は狙いを定め、軽い挨拶をかわす。

「くはぁー!」

体に電撃が走った。 そこから勢いを増す、嬢のタン。

嬢「右と左どっちが気持ちいいの?ねぇ?」 猫撫で声で聞いてくる。

「左がいいにゃー!」 答えると嬢は返事もせずに、高速回転を繰り出す。

ふ、風俗界のデンプシーロールやぁー!

そろそろおちんちんも触っちゃうよ。 はひ、お願いします。

やっとのことで答えると、フェリス嬢はいきり立ったペニスをやさしくつつみ、ゆっくりと反復運運動をはじめる。

「あ、あひ、ああ。」

精巣から強烈に精子が送迎されてくる。

もうこれは・・・それほど長くはもちませんな。

意識もとぎれとぎれになりながら必死で射精を我慢する・・・がまん・・・。

「あっダメ!いっちゃいそうだ!ストーっぷ!。

フェリス嬢が手コキを止めた。

くうう!止まれ!止まれ!

「あっ・・・!」

ドピュり・・。

必死で精子を制止しようと試みたものの・・・漏れる。そこから微妙な力でつづく射精。

嬢「あらあら・・・うっかりさんだねお兄さん。」

気持ち良すぎるのも考えものだ、次回からは下手に我慢せずに壮大にぶっぱなそうと心に決めるのだった。早漏は大変だ。

シャワーを浴びて、嬢にマッサージをされ、至福の時間は終わりを告げた。

嬢「これ・・・外にでたら見てくださいね。」

「今見ちゃだめなの?」

嬢「もう!恥ずかしいからダーメ!」

愛のこもったメッセージを名刺に書いてもらい(コピペ)受け取る。

※名刺は割引券になるので捨てちゃダメだよ!

プレイ部屋を出ると、

嬢「また一緒に遊びましょうね!ちゅ!」

嬢がキスをしてくれる。

嬢「お客様お帰りでーす!」

そして、僕のハニーは冷静な顔に戻り、現実に引き戻される。カーテンが開いた。

待合室では、サダオが一足先に待っている。

そういえば、サダオの存在すっかり忘れてた。俺より遅く入ったはずなのに、俺より先に上がるなんて・・・もしかして初風俗はダメだったか?

「おい!サダオ!お待たせ!どうだった?」

サダオがゆっくりとYUTAROに向かって親指を立てる。

そこには童貞から一つ成長した凛々しい男の顔があった。

---つづく--- 

|前→童貞はほっといて風俗レポをしてみる 東新町フェリス編

 

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top