ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

体3 YUTARO宮崎の方言に萌える!でも服装がダサい!

宮崎山形屋なう。待ち合わせに現れた女は服のセンスゼロだった。

gaan

「ここか?山形屋の連絡通路・・」

山形屋は宮崎、鹿児島など九州南部に存在するご当地の総合デパートだ。

連絡通路の下とはこれまた変わった注文だが、もしかすると逆に分かりやすいのかもしれない。

ここなら人ごみに紛れて、俺のことをこっそりと確認できるし・・。

そんな事を考えると、自分がどこかから狙われているような気がしてソワソワしてくる。

時折、若い女の子が目の前を通り過ぎると、俺は目で追った。

一際美人な子が通りすぎる時は心臓が高鳴った。

「たぶん・・この子じゃない・・。写メと違うし・・。」

太陽が完全に沈み、暗闇が訪れる。待ち合わせの時間がやって来た。

一人の女性がやってくる。携帯と俺を交互に見ているのできっとアレに違いない。

「YUTAROさんですか・・?」小さな声で俺の名を呼ぶ女性。ビンゴである。

名前を呼ばれただけなのに、強烈なイントネーションの違和感に気がつく。

福岡の博多弁が標準語に聞こえるほど、南九州のイントネーションは強烈だ。

方言まで混じれば何を言っているのかわからないレベル。

かつての彼女「つよ女」も鹿児島出身だったので似たようなものを持っている。

ちなみに南九州のイントネーションは変えづらいようで、福岡など九州各地から人が集まっている地域では指摘されることも少ないのかそのままだったりする。

東京などに行って荒療治しなければ変わりづらいかもしれない。

私、強烈な方言が大好物でございます。

宮崎弁は少しモゴモゴとしていて可愛い。南国特有のゆったり感と優しい感じはなんだか癒されるのだった。

さて、ヤシ子である。

目のパッチリとした顔立ちは写メの通りで、美人と可愛いを兼ね備えている。

芸能人で言うと「仲里依紗」だろうか?

昨日の谷山子よりも顔立ちはタイプだ。

「不細工のメッカ」と言われる、地元名古屋にいけば、充分もてはやされるレベルだろう。

 

だが・・彼女は「服装がダサい」。

 

俺も人のことは言えないが、その俺が間違いなく「これはないわ」と思えるレベル。

厚手の青パーカーに、ボーダーのインナー。ジーンズに白のスニーカーだった。

にじみ出る「しまむら臭」。小学生の遠足のようだ。

ボーイッシュなのがいけないのか、サイズ感がいけないのか、組み合わせがいけないのか・・

上半身は細いのに下半身が太めな「土偶体型」がいけないのか・・。はたまたその全てか・・。

とにかく一目でダサかった・・。色気はゼロ。

せめて白のスニーカーをどうにかするべきだと思う。

これは山形屋で服を買ってくれという暗示だろうか?

「顔がタイプだからまあいいか!(心の声)」

「さて、ご飯に行きましょうぜ!」

ヤシ「はい!今日はよろしくお願いします!」

「なんか性格も良さそうだからまあいいか!(心の声)」

ーーーつづくーーー

ヤシ子と出会った「ラブサーチの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

ヤシ子との出会い話

  1. 「もう足が動かない」ホテルからの絶望的な道のりを経て宮崎へ
  2. 陸の孤島扱いの宮崎へマンゴーは食べられるか?
  3. 宮崎の方言に萌える!でも服装がダサい!
  4. 「さあこれから飲もうぞ♪」宮崎で突然湧いた選択肢
  5. 脳内会議。迷った末に俺が出した答え

みんなのコメント

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. まぁまぁ~(^^;;;)
    ルックスが良ければ良し!としましょう(笑)

  2. ダサい=素朴ということで(^_^)

    変に染まってない分

    いいかもしれませんね😃

    • 素朴な子は好きです。ただこういう子ほどハードルが低いと思われていろんな人と関係を持ってたりということもありますよねw

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top