ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

縁4 冬の支笏湖しばれる!美里さん大人のお子様ランチいただきます!

支笏湖到着!いざ湖へ

冬の北海道を舞台にのほほんと始まった二人の逢瀬。

今思うとこの頃は本当に楽しかったなあ・・。環境にいろいろと恵まれていた。

二人は支笏湖に到着する。

「おお!着いたぜ!よっしゃ早速湖見に行こうぜええ!」

テンションマックス!二人で車から飛び出す。

そして二人で大きな大きな湖を望む。

「やっぱきれいだねえ~北海道って感じだねえ~」

目の前にそびえ立つ恵庭山は雪化粧で色っぽくなっている。

閑散期に行っちゃったから心まで冷えるわ

タ「うんうん!大自然大自然・・・すっごい静か・・だね。」

 

・・ポツーン。誰もいねえ・・。

 

営業を停止しているボート小屋も水から出されて並ぶアヒルボート達もなんだか寂しい。

 

ビュウウオオオオオ!

 

「うお!風が強いねえ・・」

突風いただきました。遮るものがない湖は風が強かった。

か、顔が痛い。みるみる唇が乾燥していく。

タ「さ、寒いい!」

「タヌキさん?そ、そろそろ室内に入りますか・・?」

道産子は意外と寒さに弱い子も多い。これがインフラの整った現代の現実だ。

どんな見事な景色も、澄んだ湖もマイナス5度の気温にはかなわない。

安定の北海道である。

タ「お腹すいたなあ~さっそくカロリーとって体温めなきゃね!」

ということで湖を眺めるのは一時中断し、ご飯屋を探すことに。

あちらこちら・・・があんまり営業していない。ぐぬ!下調べ不足が祟ったか・・。

みるみる体は冷えて震えが発生する。

タ「あの大きいホテルはレストランあるかも?」

「それは却下!(高そうなので)」

でももう寒さに耐え切れない。

結局、喫茶店?の「美里」というところに突入。

美里さんお邪魔します!

フヒューフヒュー!・・助かった。

凍てついた体がみるみる溶けていく。

そして急に血流が良くなったもんだから体が痒くなってくる。

それでも席について数分もすると、

「きっと奥さんの名前が美里さんなんだろうなあ~(´∀`*)ウフフ」

なんて店の名前の由来について当てにいったりしている。喉元すぎればなんとやら。

大人のお子様ランチ」という反比例したタイトルのメニューに興味を惹かれたので頼んでみることにした。

大人のお子様ランチ

タ「ふふっ!まるでYUTAROさんと同じだね。見た目は大人、心は子供だもんね~」

「ほっとけ!タヌキ女は何食うの?」

タ「私も大人の以下同文」

な、なかなか笑える子ではないか・・。

最初に会った時の印象よりも2回目のほうがずっといい。馴染んできたから?

出会い系で女の子と2回目に会って「あれ?違うな・・」なんて思うことも多々あるので、これはいい兆候ではないだろうか?

「ふう美味しかった!」

大人のお子様ランチはボリューム満点でオムライスとハンバーグとその他お子様っぽい食べ物もろもろ。

ちょっと重かったが寒さでカロリー大量消費の北国ではちょうどいいのかもしれない。

タ「食べきれないかと思ったけど全部いけちゃった」

「なに少食アピールしてるの?」

タ「少食だもん!誰かさんみたいにお腹出てないし・・」

「ぐぬぬ・・中年の弱点を・・」

ということで高カロリー食によって無事生き返った二人。

「美里」さんその節はお世話になりました。ごちそうさまです。

ーーーつづくーーー

みんなのコメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いちばーん!

  2. うっ・・・美味そう!!!
    男はいつまで経っても子供っすよね~(笑)
    しかし、カップルのような雰囲気ですな。
    今後の展開が楽しみです(^^)

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top