ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

一難4 彼女と家デート!マズイ料理を食べない方法

彼女のマズイ飯を食わない方法

飯がまずい

二人は部屋でひと休憩するとスーパーに買い出しに出かけた。

YUTAROのマンションから徒歩10分ほどの距離にそれはある。冬の札幌なので近場の距離は徒歩でいったほうが内地出身の俺としては安心だ。

料理は愛情だけではすまされない

今日の夕食は鍋だ。最初に彼女や女友達なんかに料理を作ってもらうのに選ぶリクエストは簡単なほうがいい。

鍋とかカレーなんかがオススメだ。

リアルな話、料理は女性のたしなみの一つとされてきた一昔前とは違って、今は料理のできない女性がかなり増えてきている。

YUTAROも時々それを感じることがあって、一人暮らしの女性なら、おそらく最低限の家事はするのでともかく(コンビニばかりの子もいるが)、特にタヌキ女のように若くて実家暮らしの女の子には特に注意が必要。

母親の手伝いをしていない子はいままでに家庭科の授業ぐらいでしか包丁を握ることがなかったりする。料理はセンスとかいうけれど、普通に食うレベルのものなら日頃の練習で培われるものだ。

そういう「料理ってどうやって作成すんの?」レベルの女は米を洗剤で洗うようなことはないにしても、味覚がしょぼい俺でも本当にマズくて食えないようなメシが出てくることがある。そうなると、ただの拷問にしかならないし、二人の幸せな時間もぶち壊しだ。

愛情だけではメシは食えない。愛情だけでは臭いの強いアソコは舐められないのだ。

ちなみに昔メシマズ料理を食わされたので「お前、料理下手やな~」と直接的に伝えたら、それ以来彼女は台所に立つことがなくなった・・という過去がある。これは彼女のプライドに対する配慮と自分の胃袋への配慮の間に挟まれた、非常にデリケートな問題なのだ。

簡単なものをリクエストしよう

ということで、俺の最初のリクエストは常にカレーとか鍋の簡単なもの。焼き魚やシチューやパスタなんかでもいいと思う。

いきなり家庭の味や創作度の高いものなんて大舞台を求めてはダメだ。とりあえず彼女が台所に立って手際や包丁さばきを見てから、もうちょっとハードルの高いものリクエストするほうが安心で安全でございます。

クックパッド先生の力を借りる

若い女の子に受け継がれてきた家庭の味を表現させるのは酷だ。初心者が目分量で作ると大概失敗を招く。

そこで、家に計量カップなんかを100円ショップで買っておくと初心者の彼女も料理がしやすい。

それに分量通りに作れば、まず吐き出すレベルのものは出てこない。

そして「この前クックパッド見たんだけどさあ~これ美味そうじゃない?一緒に作ろうよ!」とクックパッド先生の存在をすりこみ、その便利さを宣教師のごとく伝える。自動的に彼女を料理上手へと導いてくれることだろう。

ということで鍋作りマース

きのこ、鳥肉、ごぼうや白菜などの野菜、せっかくなので北海道名物の真鱈。鍋の出汁の元。そして発泡酒・・役者は揃った!

狭い台所にパックを広げていく。

「ごめん、エプロンとかないからバスタオルでも巻いとく?」

タ「いいよ~このまま作るよ。切ってお鍋に入れるだけだし。」

「じゃあコンロの準備とかしとくわ。」

トントン・・トン。タヌキ女は多少ぎこちないながらもそれなりの手つき。きれいに鍋の具材が切り刻まれていく。

やがて鍋のいい匂いが狭い部屋に充満していった。

「おお!美味しそうだね~次回はオムライス作ってちょ!」

タ「うふふ。いい年しておこちゃまなもの好きなんだねえ~」

二人は近づき、唇を重ねた。

どうやら今日は平和に食事を迎えられそうだ。

皆さんの彼女や嫁さんはメシウマですか?

ーーーつづくーーー

 ⇨タヌキ女と出会った「ハッピーメールの評価」

出会い系評価一覧へ

みんなのコメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 良い雰囲気じゃないッスかぁ~
    うちの嫁さんは生野菜サラダが得意です(笑)

  2. (*^_^*)!アットホーム!(*^_^*)
    大阪娘の初日も思い出すね!

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top