ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

大3 画面に映る昔の彼女はまるで別人。

写メを見てもらうの大好き!でもその写メは止めとけ!

1241013579写メとかプリクラとかを人に見てもらうのが好き。

そんな現代っ子のキャピ子。

盛り上がって彼女が見せてくれたのが「5年前の高校時代の写メ」である。

「こ、これは・・誰?」

俺は携帯の画面と彼女を交互に見る。

「本人だよね?」

キ「もちろんワタシですよお・・。」

見せられた写メにはツッコミどころがいろいろありすぎて・・どこから手をつけていいのやら?

「髪・・短髪やん・・。」

彼女の髪は今のようなサラサラのボブヘアーではなく、バッサリと尖った短髪だ。

キ「短髪とか言うのやめてくださいwショートカットですw」

「運動部だったのかな?」

変わった色に染められた彼女の髪の色を見るに運動部ならエース級だ。

キ「違いますよお~運動苦手だし。」

うん。運動は苦手そうだ・・。

「それにしても・・や・・や。」

キ「え?」

俺はその言葉を口にするかどうか迷った。

でもブレーキが効かない。

「キャピ子って昔ヤンキーだったの?」

スカジャン姿がよりヤンキーっぽさを演出している。

キ「・・・・・・・。」

「ほらこの写メ・・ちょっとヤンチャそうやん?」

キ「・・・違いますよお・・。」

「え?なんかめっちゃ強そうだし。」

携帯の画面に映る彼女からは神取忍っぽい何かを感じた。男前だ。

キ「この頃は目も一重だったんですよね~メザイクしてたら二重になったんです。」

確かによく見ると目が一重である。(今はくっきり二重)

ちなみにメザイクとはアイプチ的なヤツである。

「うーん女の子って変わるもんだねえ。おじさん関心しちゃった。」

キ「この頃は化粧もほとんどして無かったですからw」

俺は一瞬「整形したの?」と思った。だって原形ねえもん。

だが彼女がこの写メを「あえて」見せてくる辺り嘘を着いているようには見えなかった。

ちなみに痩せていたかどうかだが、確かに痩せていた。

いや・・「今よりは少し痩せてた」が正確だろう。

今がポッチャリだとすれば、ちょいポチャくらいだ。

 

居酒屋ではその後、彼女の顔をじっと見つめて「本当に本人?」と思いながら酒を飲んだ。

変化とは凄まじいものである。

キ「じゃあここで失礼します。ご馳走様でした。」

「うん。気をつけてね。寒いからちゃんとお風呂入るんやで♪」

彼女は再びJRの改札に消えていく。その姿を俺はぼーっと見つめた。

今日のアポジャブ程度だ。次回はもっと深い仲になれるに違いない。

 

キャピ子は礼儀正しく明るい性格の女の子だった。

でもなぜあの写メをチョイスしたのだろうか?

俺の脳裏にしばらくの間「神取忍」がチラつくのだった。

ーーーつづくーーー

キャピ子と出会った「PCMAXの評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

キャピ子の出会い話(大編)

  1. これ写メ詐欺?メチャ可愛い子に会ったら「デブ」だった。
  2. 彼女が太っている理由はわからないが一緒にいるとよく見えてくる。
  3. 画面に映る昔の彼女はまるで別人。
  4. デパートに緊張!プレゼント選びって大変!

みんなのコメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 今度は寝技をきめられるかも(^_^)⤴

    礼儀正しい娘は好感持てますね

    次回が楽しみです😃

  2. かんどりぽちゃこ!(*^_^*)

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top