ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

下関出会い6 驚愕のアレを持った外人観光客

突如、川棚温泉に現れた下関子とYUTARO。

彼女と出会ってまだ一時間ほどなのにヘンな感じだ。

 

「さて、温泉入りますか?」

下「うん!行ってきますね~楽しみ!」

 

あまり長風呂ができないので、川棚グランドホテルの浴場「山頭火」の入口にあるベンチでとりあえずタバコを一服。

(今日はどんな感じになるんだろうか?)

ちょっと鈍感そうな下関子を相手にいきなり親密な関係になるのはちょっと難しいかもしれない。

 

(いや・・ああいう子のほうが意外と中身はすごいのかも?)

吐き出したタバコの煙にいろいろな想像を働かせ、夜空に飛ばす。

 

「俺もそろそろ風呂につかるか?」

階段を上って、大浴場の中に入る。脱衣場には誰もいない。

 

「お!これってもしかしたら貸切かな?」

ちゃっちゃと服を脱ぎ捨てて、風呂場へ向かう。

 

・・・誰もいない。

やっぱり貸切や!かなり広い浴場に一人だけ・・・お得な気分!

 

今日の汚れを落とすべく、体を洗う。

長い旅のせいか、抜け毛が多い、不摂生がたたって、髪質がさらに柔らかくなったような・・。

 

札幌に帰ったら、「ミノキシジル」で対応しますか!

 

さっそく、内湯はすっとばして、露天風呂に入る。

「ふええい・・だああ・・」

 

体を湯に囲まれると、冬の寒さから開放されオッサンの声が漏れる。とっても気持ちいい。

露天風呂は目の前が林になっていて、ポツンと一人そこに置かれる。

聞こえるは、壁越しから伝わる隣の風呂のおばちゃん?の声。

 

こっちは貸し切りだけどあっちは他に誰かいるんだねえ~。

下関子はどんな乳しているのだろうか?

壁を見ながら、想像は止まない。

ん?なにやら壁にたくさん文字がかかれているぞ。

「ふるさとの言葉のなかにすわる」by山頭火

ふるさとの言葉のなかにすわる

山頭火さん深いわあ~。( ・∀・) イイネ!

このホテルの大浴場の名前は山頭火なので、壁に書かれているのは俳人「山頭火」の一句だろうか?

ちなみに山頭火こと種田山頭火は山口県出身の俳人です。どおりで、壁にいっぱい俳句が書かれているわけだ。

wikipediaを見てみると、なかなか酒グセの悪い人だったようで・・笑

種田山頭火 - Wikipedia

 

「ふううい・・だいぶ熱くなってきたな~」

まだ風呂に使って10分程度しかたっていない。・・ちょっと涼むか・・。

突如現れた巨漢の外人

その瞬間、「hello!」と後ろから声がする。

 

(な、なんじゃこりゃあ!)

 

振り返ると、ビッグボーイが所狭しとぶら下がっている!

これは・・外人さんのアレである。

 

「え?あっ!こんにちは!」

外「コニチハ!」

 

二つのビッグスマイルがこちらを向いて笑っている。

・・馬並みとはこのことでしょうか?

YUTAROの息子は外人のナニを見て完全に萎縮してかくれんぼしている。

いやいやこれが平常モードか?比べるから小さく見えるのだ。

たとえ覚醒モードに突入したところで、そびえ立つビックマウンテンの足元にも及ばない。

 

無念なり!日本艦隊がアメリカに破れた理由が一つわかったよ。

 

突然の外人襲来で俺の脳は完全に混乱をきたしていた。

湯船が広いにもかかわらず、YUTAROとの距離が微妙に近い外人さん。

一瞬ゲイかと思った。さすがハグの国だわ。

 

このまま移動するのも負けた気がするので、ここからは我慢比べだ。

長風呂勝負!チ○コは完敗だったが、根性では負けねえ!

さてここからは長風呂勝負である。(チ○コ見られるのが恥ずかしいだけ)

どっちが先に上がるか!勝負だ!

もはや山頭火の風情やわびさびはどこへやら・・・。

 

外「oh!オンセンサイコー」

「yes!オフロキモチーネ!」

 

結局この後、30分間戦いは続いた。

微動だにせず、外人とコミュニケーションをはかってましたわ!

ってか意外と長風呂なのね・・・。

 

外「ワタシハサウナハイッテクルネー」

「あっはい!また!おやすみなさい!」

外「オヤスミー」

 

湯船から上がると、さっそく立ちくらみが襲う。

 

「なかなかやるじゃねえか!外人!」

 

すっかりYUTAROはのぼせてしまっている。

汗だくのフラフラになりながら、戦いの場を後にした。

大浴場を出ると、すでに下関子が待っていた。

 

YUTAROを見つけると笑顔で迎えてくれる。満足そうだ。

「お、おまたせ・・・お風呂どうだった?」

下「広くて気持ちよかったよ!最高!YUさんは?男風呂はまた違うのかなー?」

「どうだろうね~俺は外人・・チン・・いやなんでもない・・久々に長風呂したよ!」

下「ちょっと温めでいいお湯でしたね~また行きましょう!お腹すいた!」

「うん・・お腹すいたねえ~」

 

これからご飯だが、今はとにかく水が飲みたい。

・・ていうかビールが飲みたい。

ホテルの中に食事処があるのでそこで夕飯を食べることにした。

 

「瓦そば二つ!後ビール・・いやウーロン茶を!」

 

ここまで我慢してビールも飲めないとは神様のSっぷりもなかなかだ。

---つづく---

下関子と出会った「YYC評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

下関子の出会い話(下関出会い編)

  1. 門司港でかかってきた彼女からの復縁の電話
  2. 門司港レトロの伽哩本舗の焼きカレーで腹ごしらえ!
  3. フグ(福)の町へ抱く期待
  4. いよいよ合流!デート開始!
  5. 「温泉入りたいんです」川棚温泉へまさかの大移動
  6. 驚愕のアレを持った外人観光客
  7. ごはんの時間。川棚温泉で瓦そばを食す!
  8. イケメンバーテンに嫉妬。酔っ払って記憶をなくす。
  9. 酒に酔って記憶障害に陥ったあとの祭り
  10. 車の中で・・失った記憶の続き。
  11. 下関で抱いた後200キロの距離を疾走

みんなのコメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. こりゃまた続きが気になるざんす!

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top