九州で混浴と言えば黒川温泉。「一緒に入らないか?」と彼女を誘ってみる。

黒川温泉

黒川温泉は混浴の聖地!

▷遠恋前の彼女と過ごす貴重な時間編の1話目へ

阿蘇ドライブを楽しんだ後は、熊本県の黒川温泉に向かう。

阿蘇から距離的には、さほど遠くないので助かる。

 

黒川温泉は九州を代表する温泉地の一つだ。

山間にある温泉街で、多くの旅館が立ち並んでいる。

旅館の値段設定も、比較的高めの宿が多い気がする。

 

「そういえば黒川温泉って混浴風呂が有名だよな。」

苺「へえ・・そうなんだ!家族風呂とは違うの?」

「フフ・・せっかくだから入ってみる?」

よく考えたら黒川温泉で混浴に入った事がない。

苺「でも・・他の男の人も入ってくるんでしょ?」

「そりゃ・・混浴だもの。」

 

この黒川温泉は混浴風呂を推している温泉街。江戸時代スタイルだ。

多くの旅館で男女混浴の風呂を開放している。

YUTAROも何度か入ったことがあるが、女性が結構強気に入ってくる。

オバちゃんが多いが、若い子も集団なら、恥じらいも薄れるようで、意外と堂々としていたり。好奇心が勝るのだろうか?

 

いくつかの旅館では、女性のみタイムとして、女性だけでも入れる時間帯を設けているところある。

混浴だからって下心は控えめに。

混浴で若い大学生くらいの男性陣が、必死でのぼせと戦いながら、今か今かと女性が入ってくるのを待っている姿を見かけるが、すげえダサいのでヤメておこう。(僕も若い頃やりました)

混浴風呂は性別を越えて、温泉と景色を楽しむべきところ。女性の体をジロジロと見るところじゃない。

下心、エロ心が見えると、女性も入って来なかったり、警戒してすぐに出てしまったりする。

 

「あ~!いい湯だなあ♪」

と呟きながら、チラッと見る程度がいい。

入湯手形を買うと存分に黒川の混浴を楽しめるぞ!

黒川温泉では、1300円の入湯手形を買うと、黒川の温泉を3つまで入浴することができる。

3つも入れば、湯あたりするレベルだ。

「うわあ・・ババアしかいねえ・・次行くぞ次!」

と黒川の混浴風呂を巡ってみても良いかも知れない。

彼女はNG、見事に論破される

「頼む!一緒に混浴しようぞ!」

苺「だって旅館に行ったら一緒に入れるでしょ?それに男女一緒なら落ち着かないから。温泉ってゆったりのんびり入るものじゃなくて?」

「で、でも・・。」

うーん。論破。

まあ彼女の裸を他の男に見せるのも癪である。こんなに強気な喋りをする子だったっけ?

一年も付き合うと、お互い言いたいことを言い合えるようになるものだ。

 

「さて・・旅館に向かいますか?」

苺「やった!後で肩揉んであげる。背中も掻いてあげるね!」

俺ってば・・じいちゃんかよ。

混浴している気になれるサイトを紹介

今回は苺女と混浴できなかったので、混浴した気になれるガチのサイトを紹介します。

スッチーの混浴風呂体験記

ーーーつづくーーー

( 4/8話目 )

苺女と会ったサイトを見る

※タップで開きます。

6 Comments

しほ

ゆーさーん!!ついったー見ました!!わたしも常連さんの1人です(^^)笑

ガセ記事が多い出会い系日記の中でも、ゆーさんのは本当に本当にホンモノ!もう何年も読んでるわたしが断言します!!!だから大丈夫です!!何がって感じだけど、大丈夫です!!!
理不尽なこといっぱいで嫌になることもあると思いますが、ここにはファンもたくさんいるし♡これからもずっと更新楽しみにしてますねー♡♡

返信する
YUTARO

しほさんお久しぶりです☆酒をべらぼうに飲んで酔ってますwそう言って頂けるとうれしいな☆日記の続きを楽しんでくださいね。しほさんだったかな?メール返したんですが、アドレス死んでましたよ。

返信する
しほ

朝早くにべろべろって最高です♡笑 そうそう!メール!携帯のアドレス、迷惑メール対策してて、パソコンからのメール受け取れなくて( ; ; )ちょっと別のアドレス作ってまた送りますねっ!!笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。