ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

揺12 今日、また一つの恋愛が終わった。

彼女の電話の内容に興味津々

電話彼氏との電話を終えて苺女が帰ってきた。

放置された側としては、ホッとした反面、会話の内容に興味深々である。

 

「んでどうなった?彼氏に言いたいこと言えた?ホントは仲直りしちゃったりして笑」

 

俺は早口で畳み掛ける。

彼女は浮かない顔でフッと短いため息をついて、お猪口に残っていた元熱燗を飲み干すと、またフッと短いため息をついた。

そして、自ら落ち込みおかわりを注いだ。

これ以上はやめといたほうが・・。俺は彼女の表情と行動で「いい結果」にならなかったことを悟った。

 

苺「・・・聞きますか?」

「いや、聞くでしょう。そこは。あんなに躍起になって電話しに言ったんだから。知りたいがや。」

苺「まず最初にめっちゃ怒られた。なんで連絡とれないの?って。俺がどれだけ心配したかとかなんとか。電話ごしに怒鳴るから耳が痛いばい。」

早口で喋る彼女からは最初に会った頃のおとなしい印象はもうない。

 

「それで?なんて返したの?」

苺「こっちも怒らてカチーンきたんやけど、私になんか言うことない?謝ることないの?って言った。」

「そしたら?彼氏なんて言ったの?謝った?」

謝ったと言うのはハンバーグ焦がした事件の件である。

詳しくは「揺10 悲しい時、辛い時はお酒と俺に身を任せるべし」を見てちょ。

 

苺「んでヤツはなんのこと?ってシラ切ったんよ。酷くない?」

(徐々に口が悪くなってきてんな・・)

「あらら。謝らなかったんだ。」

苺「ちゃんと謝れたら許してあげようと思ったのに。もういいオッサンなのに謝ることすらできないなんて脳になんかあるばい!」

「謝るのとか苦手な人って結構いるんだよね。とりあえず中年を代表して俺が謝るわ。本当にごめんなさい。」

「私もプッツン切れて、この前のこととか、ムカついてることとか全部言ったんよ。」

俺が代わりに謝るというギャグはあっさりとスルー。・・ちょっと悲しい。

 

「ん、んで?」

「彼氏に逆ギレされた。んでお前みたいな女の風上にも置けないヤツとは付き合えないって言われた。」

「風上」とか付けるだけでそれっぽく聞こえるのはなぜだろう・・。

 

「え?ってことは?」

苺「こっちから終わりにするために、ついでに最後に文句言おうと思って電話かけたのに、先にフラれたと。」

そこで俺は吹き出してしまった。こんな時に笑ってはいけないけど無理だわこれ。

ミイラとりがミイラなるみたいな?ちがうか?

 

苺「YUさん笑わんといて!私すっごく悔しいんだから!」

「ごめんごめん!まぁ結果は同じなんだし。」

苺「なにが?」

「彼氏と別れるって言う結果。」

苺「確かにそうだけど、余計ストレス溜まっちゃった。なんだかなあ。」

 

「でも、嫌いになったほうがスッパリ忘れられるって言うやん?」

苺「うん。そうだけど・・。」

ジェットコースターのように、激しくいろんな感情を出したせいで、彼女の顔には疲労の色が伺える。

「まあ今日はとことん飲もうぜ!なんならウチで飲み直す?」

まだ午後10時過ぎ。誘うには早いかもしれないが一か八かだ。

苺「・・・YUさんちここから近いの?」

「美野島だから近いっちゃ近いかな?」

苺「じゃあお邪魔しよっかな?でもなんかしちゃダメだよ。」

しっかりとクギを刺されるが、女性にとってこのセリフはある意味社交辞令みたいなもんだ。

「よし!コンビニでお酒仕入れてから行こう。おつまみに美味いチーカマがあるんよ。」

俺たちは店を出る。

今日という日は一つの恋の終わりに立ち会うという珍しい日だった。

ーーーつづくーーー

苺女と出会ったサイト

前の記事次の記事

みんなのコメント

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By チーム挫折禁止

    なんかしちゃダメですよ?←

  2. そしてYUTAROさんの恋も終わりに近づいているということですな(ドヤ顔)

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top