ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

誕2 いつも通りで気楽な飾らないバースデー。

渋い居酒屋、単品料理。そしてビールラッシュ・・そんな誕生日会。

さっそく衛生女から誕生日プレゼントを受け取る。

渡された袋の重量から「大きいけど重くはないもの」が入っていることがわかる。

 

「ありがとう!プレゼント今開けちゃダメ?」

衛「ダメ!・・恥ずかしいから後で!私の居ないところでこっそり開けてよ。」

「お年玉かよ・・。」

衛「とりあえずお酒飲もう・・。プレゼント選んでたら喉乾いた。YUちゃんビールでいい?」

「お、おう・・。」

 

おいおい・・プレゼントさっき買ったんかよ・・。

これってクリスマスの時と同じ流れではないか!

 

「あの・・料理はコースなのかな?」

衛「ううん。コースじゃないよ。だから好きなもの頼んでいいよ。」

そう言って店のメニューを開いて渡してくれる。

 

もともと『好きなもの』と『嫌いなもの』がはっきりとしている彼女。

酒はビールをこよなく愛し、カクテルもレッドアイかシャンディガフとビールが入ったものばかりを飲む。

料理の好き嫌いは、出会った頃に比べるとだいぶまともになったけど、イカの刺し身とか銀杏とか・・まだまだ多くの物が食えない。

だからコース料理よりも「自分が食えるもの」が頼める単品料理を好む。

 

刺盛りと卵焼きとエビマヨが届いた。刺盛りに入っているイカは別のものにしてもらった。

 

衛「グビグビ!ふうう!ビールおかわり!暖かくなって心置きなく飲める季節になったね。」

嬉しそうに二杯目のビールに口をつける彼女。

相変わらずビールの飲みっぷりが良い。

2杯目・・3杯目・・。

こちらも負けじと彼女の早いペースについていく。

 

 

そんな感じで誕生日の特別感もさほどなく、いつもどおりの食事を楽しむ。

これはこれで気が楽だ。彼女の誕生日も同じように飾らなくてもいいし。

 

それに比べると苺女の場合「鹿児島行き」が決定している。

彼女はイベント事を盛大にやりたいタイプ。つまり彼女の誕生日には、『鹿児島以上の何か』が必要ということだ。

近いうちにくるそのイベントを思うと、ちょっと面倒な気持ちになった。

 

衛「ほら!YUちゃんもおかわりでしょ?」

「おう・・日本酒飲んでもいい?」

衛「えー日本酒なんて美味しい?」

「ふふっ・・最近ポン酒の旨さが身に染みるようになってきたんよ。」

衛「オッサンだもんね。」

「つまりキミの彼氏はオッサンってことよ?」

衛「まあ・・そうなるね。」

「衛生女だって・・いいと・・」

俺は途中までセリフを言いかけてやめた。

 

衛「え?なに?」

「いや・・いいオンナって言いたかったんす。」

衛「絶対違うこと言おうとしてたでしょ!」

彼女の場合、軽い口論でもマジで怒っているように見える。(実際は無愛想なだけでたいして怒ってない。)

 

「いやあ惚れ直した!ほらビール飲まして。」

衛「え?別に飲んでいいけど。」

彼女がビールグラスを渡そうとしてくる。

 

「ちゃうちゃう!口移し。」

衛「バカなの?お店だよ?」

「いいやん個室だし。誕生日だし。」

衛「・・んもう・・。」

彼女は恥ずかしそうにビールを口に含むと顔を近づけてくる。

 

ンチュ・・チュルルルルル。ゴクン。

 

いつも無愛想な彼女だがスイッチが入る瞬間は、いつも見逃せない。

ーーーつづくーーー

衛生女と出会ったサイトを見る

前の記事次の記事

この話を最初から読む

みんなのコメント

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By はらほれひれはれ

    なんかムカツク((笑)

  2. By チーム挫折禁止

    最近更新ペース調子いいですね
    無理しすぎずまたーりどうぞ( ・∀・)つ

    無理しすぎると、ほらまたお腹が、、

    • あはは!このペースならなんとかなるかな?無理して書くときと悲しい話しの時はたまにやる気が無くなっちゃいますけどw

  3. いいなぁ😃

    羨ましい😁

あなたのコメント待ってます!

*

Return Top