ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

浅草よ3 自分なんて全然かわいくないですからという女の見た目

二日酔いの気持ち悪さと戦いながら・・・

なんとか浅草に到着したYUTARO。

ここ最近は、酒飲みの二日酔いブログと化している。

無事、浅草子からの電話を頂く。

 電話

これは出会い系アポ確定の電話だ。

待ち合わせ場所で相手女性から電話があった場合は、ほぼ100%ドタキャンやすっぽかしを喰らわない。冷やかしやネカマという可能性はほとんどなくなる。

さて、どんな女子が来るのか?歯科衛生士は美人が多いと言うし・・・うひょひょ楽しみ!

・・・といつもなら血湧き肉躍るところなのだが、今日は体調がそれどころじゃない。

無事にデートの体裁を保つことだけに意識が向かっている。我に全く余裕なし。

「さみ・・・寒いよお・・」

さっきまで火照っていた体が急に冷えてくる。せ、せめてガクガクと無意識に震えるこの膝をなんとかしてくれえ!

このままじゃかなり気持ち悪い人だわ。・゜・(ノД`)・゜・

オレンジ色のコートの女性

オレンジコートの女性が向かってくるよ

相手はオレンジのコートを着ている。同じ銀座線の4番出口付近にいたらしい。

周りを見渡すと、電話で彼女が言っていたとおり、少し先にオレンジのコートを着ている女性が立っていた。

目が霞んでいるのか、それとも出会い系のやりすぎで視力が落ちたのか・・浅草子の顔は微妙にぼやけて良く見えない。

YUTAROは、今自分ができるであろう、満面の笑みで彼女に向かって笑顔を作った。そして弱々しく手を上げた。

浅草子はラブサーチでメールしていた相手だということを確信したようだ。

ここは男性から行くべきなのだろうが、彼女のほうからYUTAROに向かって歩いてきてくれた。

かわいくないブサイク

自分なんてかわいくないと自己申告する彼女の見た目

浅草子との距離が5メートルほどに縮まったあたりで、YUTATOのピントも合ってきた。

ぼやけていた彼女の顔が鮮明になっていく。

今日のデートは消化試合のつもりだった。

「自分なんて全然かわいくないですから写メは送りたくありません。」

彼女はそう言って写メ交換を拒否してきた。

こういう自己申告してしまう女性は、経験上本当にかわいくない子が多い

たまに普通の子もいるが、美人には会ったことがない。このセリフを吐いた女性の多くが『中の下』~『かなりヤバイレベル』の範囲でおさまっている。

かわいくないという自覚があるから、こういう言葉を吐くのもごもっともだ。

ということで浅草子からの、このメール内容でかわいい子が来るという希望はほとんど失われていたが、歯科衛生士という美人が多い職業にわずかばかりの光を見出していたわけだ。

もし、ブサイクが来たとしても、酒ばかり飲んでいつも体調を壊している自分への戒めにしよう。・・・僕は本当に失礼な奴です。このブログが炎上していないのが不思議だ。

「ほ?・・・」

神様はいたずらっ子だ。

常盤貴子似の美人

ところが、YUTAROの前に現れたオレンジのコートの女性は常盤貴子似の美人だったのです。

白い肌に少しつり上がった目、意志の強そうな眼差し。大人の魅力あふれる、アジアンビューティー。

東京で会ったどの女性よりも、美人に見えた。(都会女は酒癖が最悪なので格下げ)

「私なんて全然かわいくないですよ。」

その言葉は新手の詐欺だろうか?お前さん・・・そりゃ逆にブサイクに失礼だろ。

遠慮がちなのか、したたかなのか。彼女は曲者だ。

体調不良でヤル気なし

体調不良は美人の魅力に勝る

「こんにちは浅草子です。」

彼女は落ち着いた口調で名前を言う。都会の大人レディは一味違う。

「どうも・・・YUTAROです。」

言い慣れた自分の名前も今日ばかりは力がない。

それよりも、彼女がつけている複雑な匂いの香水(普段はいい匂いに感じるはず)のおかげで、いったん収まったはずの吐き気がぶり返してきた。

目の前に美人がいるのになんたる様だ。普段ならこんな美人とデートというだけでテンションうなぎのぼりなのに・・・。

今なら浅草子が裸で隣に寝ていても、なにもしない自信がある。ソルマックとバファリンを飲んで安らかに寝たい。風邪の気だるさを超える、二日酔いは恐ろしい病気だ。

二人は浅草寺に向けて歩き始める。

いつもなら美人が隣に歩いているだけで鼻高々なのだが、今日は吐き気をもよおすだけだ。

---

浅草寺に近づくにつれて人が増えてくる。浅草寺前の参道は両側にお店が連なっている。どれも浅草感満載だ。

・・・そして、人口密度がかなり高い。黒い頭が右へ左へ揺れ動き、人に酔いそうだ。

それは、昨日訪れた渋谷並だ。そして渋谷よりも年齢層が跳ね上がる。

くうう・・・クセエ(゜´Д`゜)

浅草子の香水なんて目じゃない。

ババ・・おば様やおじ様のミステリアスな香水?のかぐわしい香り。頭がクラクラするっす・・・。

「・・・ぐふう!」

神様・・・これが罰ですか?

---つづく---

浅草子と出会った「ラブサーチ評価」

出会い系評価一覧へ

前の記事次の記事

浅草子の出会い話(東京浅草よ編)

  1. デートがあるのにドタキャン?空前の二日酔いでたどり着けるか?
  2. 歯科衛生士って美人が多いよね~その理由を考える
  3. 自分なんて全然かわいくないですからという女の見た目
  4. 体調悪いのにデートに来るなよ。女の言う、また今度は来ない気がする
  5. 浅草寺の神前でゲロを吐いた報い

この記事にコメント入れちゃいませんか?

*

Return Top