判決16 「秘密だよ♪」彼女の作る料理に期待が膨らむ

ドライブ運転手のご褒美に彼女の手料理

琴ひら温泉に入った後は、軽く観光地めぐりをした。

まずはクーラーで涼みながら東へ。

天ヶ瀬温泉を越えて、慈恩(じおん)の滝へ。

ローカルな久大本線の「杉河内」駅のほど近くにある滝だ。

jiontaki

筑「うわあ!近くで見ると迫力ありますね!」

「足元濡れてるから気をつけて」

筑紫女の手を引き滝を目指して歩く。

慈恩の滝は歩いて滝の裏側に回ることができる。

滝に近づくに連れて水しぶきが強烈になってくる。

「う、うわ!結構濡れるね・・。」

筑「温泉入るのこの後だったほうが良かったかもw」

jionura

それでもなんとか裏側に回ると水のカーテンが広がった。

「ドドド」というジョジョの奇妙な冒険で出てきそうな効果音が聞こえる。

「滝の裏側に回るとかなかなかない経験だね。」

筑「気持ちいい!マイナスイオンを感じますw」

今日は体中の毒素が消えて無くなりそうだ。

 

次は再び西の日田市街へと向かう。

豆田町という観光スポットへ。

mametacho2

mametacho

筑「わあ風情がありますね!」

「おお、なんかタイムスリップした感じやね。」

小道を挟んで白壁の商家がズラッと連なっている。

江戸時代の天領地だけあって「栄えた感」を感じるわい。

二人でブラブラとお土産屋めぐりをする。

全国的に有名な焼酎の「いいちこ」のスペシャルボトルなんかも発見。※いいちこの工場は日田にあります。

あと気になったのが「鮎の魚醤」。一体どんな味がするんや・・。

「お・・そろそろ夕方や。」

筑「時間すぎるの早い!」

ご当地名物に心惹かれながら、なんも購入せずに帰路に着くことに。

そう・・俺はお土産を買ってもほとんど消費しないまま、「気がつけば数年経ってる」スタイルの持ち主。

うっかり買ってしまいそうな衝動を必死に抑えつける。

 

帰りはもちろん下道。急いでいない限り高速は使わない。

途中、渋滞に巻き込まれようとも、信号に引っかかりそうでも下道。

午後8時、ようやく近所のスーパー「サニー美野島店」へとたどり着く。

「え?うそ!おれ温泉入ったっけ?」ってくらい肩が凝っている。

「ねえねえ・・何作ってくれんの?」

筑「ふふ・・秘密。」

そう言って彼女がひき肉をカゴに入れた。

筑「YUさんの家って今、パン粉と牛乳あります?」

もしかしてそれってハンバーグ?

この言葉を聞いて俺は思った。

(今日はきっとハンバーグだな・・。)

玉ねぎもカゴに入った時点でそれは確定した。

「えっと・・ビールの他にワインもあったほうがいいかな?」

ちょっと気を利かせて聞いてみる。だってハンバーグなんだもん。

筑「あっそうですね!ちょっと料理にも使いたいし」

安くてまあまあ美味い赤ワインを投入。

筑「あっこれも!」

なぜかごぼうと人参が入ったのが気にかかる。

とにかく無事に買い物を終えると俺たちは家路に着いたのだった。

部屋について早速ビールで乾杯する。

「えっと・・手伝わなくて大丈夫?」

筑「何作るか秘密だからテレビでも見ててください。」

(いやいやハンバーグだろ・・)

筑「出来たら持って行きますから。うふふw」

ネタバレしているが、なにわともあれ楽しみだったりする。

ーーーつづくーーー

 

前の日記次の日記

筑紫女の出会い話(判決編)

  1. 海外旅行から帰ってきたアイツ
  2. 日田の高塚地蔵尊へ。神社仏閣デートはお財布に優しい
  3. 琴ひら温泉【ゆめ山水】 女子に喜ばれる俺の行きつけ
  4. 「秘密だよ♪」彼女の作る料理に期待が膨らむ
  5. 彼女の料理ハンバーグ(仮)が予想外のメシマズ
  6. 俺と彼女は「住む世界」が違うのかもしれない。
  7. 塩辛いエッチとタイミングの悪い告白
  8. 賢者モードの時に答えなんて出せない

6 Comments

みかん県民

元・福岡県民(八幡西区と中央区に住んでました)でいつも楽しく読ませていただいてます。

杉河内駅は久大本線ですよ~!なぜに杉本!?(笑)

返信する
YUTARO

杉本本線になってました?どっから来たんだろ?テレビ見ながら書いてたんで何かに影響されちゃったのかも?修正しときます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。