ワクワクメール体験談

冬7 2年半ぶりに会った彼女の変貌に驚く

投稿日:2016年10月13日 更新日:

久しぶりに会った彼女はどう変わったのか?

大人彼女3月。大陸から飛んでくる黄砂とP.M2.5の影響で福岡の空は黄色く染まる。

山と海に囲まれていると言っていいこの街では、山の景色をバックに福岡空港へと降り立つ飛行機を眺めるのもまた「オツ」なわけである。

しかしこの時期は黄砂の影響でたびたび山が消える。酷いと少し離れたビルすらも視界から消える。

ということで福岡の空気は思ったよりも汚い。

「ヤツが遊びに来る。」

そんな3月の週末、オレは元彼女と再会を果たすことになった。飯を作ってくれるらしい。

食い終わったカップ麺や冷凍パスタの容器でカオスな状態になっていた台所からはじめ、

なぜかベタベタになったフローリングを絞った雑巾で拭き取っている。

朝から入念に部屋の掃除をして、布団のシーツや枕カバーもこれを機に新調した。

おかげさまで燃えるゴミの袋はパンパンになっている。

あと20分ほどで彼女がやってくる。

最後の仕上げにファブリーズを部屋中に振りまいた。

「ちょっと・・やり過ぎたかも・・?」

もはや2時間前とは全く違う匂いが部屋中に漂っていた。

あとはシャワーでも浴びて着替えるだけだ・・。

魚「ちょっと早く着いちゃうかも?いいかな?」

スマホを確認すると魚女からLINEが入っていた。

「やべ・・急いでシャワー浴びないと・・」

ピンポーン!

OKの返事を出した瞬間に部屋のインターホンがなる。

画面には魚女の姿があった。

俺はホコリだらけのスウェットパンツをはいたまま天を仰いだ。

 

彼女がエレベーターで上がってくるまでの間に適当なシャツとジーンズに着替える。靴下はあきらめた。

ピンポーン!

もう一度インターホンが鳴る。

呼吸を乱しながら俺は玄関へと急いだ。

「お、おっす!」

魚「わあ!YUちゃん久しぶりだねえ!」

少しハニカミながら魚女が言う。

「ささっ!お上がりください。」

 

少し気まずさを感じながらも俺の心臓は高鳴っていた。

20代後半になった彼女はとてもキレイに変貌していた。

メイクにこなれ感があり、コートを着て少し大人びている。

スカートもタイト気味で上品な印象だ。(以前はパンツルックが多かった。)

(ん?これは・・香水の匂い?)

この2年半の間に「可愛い」を卒業し大人の「美人」になったのだろう。

きっとそれは憧れの彼氏の影響なのだろう。

 

魚「わあ・・この部屋なんか懐かしかね~!ちゃんとキレイにしてるね!」

ぶりっ子めかした高めの声と喋り口調はあの頃のままだった・・。

変わらないその声と変わってしまった彼女の姿を見て、俺は少し苦味を覚えるのだった。

ーーーつづくーーー

⇧魚女と出会ったサイトを見る

⇧魚女の登場する日記を見る

前の日記次の日記

魚女の出会い話(冬編)

  1. 出会い系で知り合った女が実は既婚者だったという体験
  2. 彼女からの呼び出し
  3. 嫌な予感がする。そして彼女の口から出た言葉
  4. ベタな別れの言葉「他に好きな人ができたの」を食らう
  5. 別れ際、彼女が見せた最後の「ぶりっ子」
  6. 「もしかして元カノ?」LINEの「知り合いかも?」がきっかけで再会
  7. 2年半ぶりに会った彼女の変貌に驚く
  8. まるで昔見たいだね・・元彼女の手料理
  9. お前もか!彼女から聞かされる衝撃の事実
  10. 結婚ってなに?女遊びは男の甲斐性?不倫大国福岡
  11. 「私・・結婚します。」めでたいけど実はホラー
  • この記事を書いた人

YUTARO

ネットナンパ歴17年目の自称出会い系マスター。会った女性の数は400人を超。女子に会いに行く為に全国を巡ったりする変人。末期の男性型脱毛症である。「出会い系で結果が出ない人、わからない事は俺に相談だ!」 ▶相談する

-ワクワクメール体験談
-

Copyright© ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない! , 2018 All Rights Reserved.