ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

2004年の出会い系利用実績! データ収集スタート! 

出会い系実績2004年

2016年 》2015年  》2014年 》2013年 》2012年 》2011年

2004年10月実績 出会い数メアドゲット数を掲載していきます!

サイト出会いアド交換
ラブサーチ1人6人
ブーアイブ―0人2人
メグリアイ2人7人
スイートボート1人3人
YYC1人2人
5人20人

出会い系で会った女性の人数とアドレス交換数や使ったサイトなどをこれから掲載していこうと思います。

ち なみに実績をとるようになったのは平成16年8月中旬となります。それ以前の実績は10月に入れます。 出会い数がすごい数になっていますが、こちらについては8月中旬からの実績を合計したものとなります。

メルアドゲット数については実績調査時(8月中旬) に数えるようにしたので 内容が不確実なものとなっております。すいません。

2004年11月実績 愛知県だけじゃなく近隣の県もせめてみる

サイト出会いアド交換
ラブサーチ1人6人
ブーアイブ―1人3人
メグリアイ1人5人
スイートボート1人1人
YYC0人3人
4人18人

11月はYUTAROが静岡に旅行に行ったため旅行先で2人と遊びました。活動範囲を広げたのでメルアドゲット数は18人となかなかナイスです!この頃から愛知県だけでなく岐阜や三重、ちょっと遠いけど静岡の浜松など近隣の県にもメールを送るようになりました。

反省として同一サイト内で一度メールを送る人にもう一度メールを送ってしまうイージーミスが結構あったので気をつけることにします。

2004年12月実績 ボーナス入って好きなだけ出会い系とデートできた

サイト出会いアド交換
ラブサーチ2人13人
ブーアイブ―1人4人
メグリアイ1人6人
スイートボート1人1人
YYC1人10人
6人34人

12月はYUTAROの勤めている会社はなぜか暇なこともありメルアドゲット数はかなりの数に上った。それに比例して出会いの数も結構いい数でした。 中でもラブサーチとメグリアイ、YYCが調子いい。 結果の要因としてはクリスマス効果とYUTAROの会社のボーナス効果があげられる!ある程度お金がないとデートもたくさんできないもんね!

12月のおかげでストックのメル友数も結構な数に上っているため一月も期待できそう。

2004年を振り返って

2004年の合計

利用サイト出会いアド交換
ラブサーチ4人25人
メグリアイ4人18人
スイートボート3人5人
YYC2人15人
ブーアイブ―2人9人
15人72人

さて、2004年全体の感想ですが、まだYUTAROがサラリーマンだったこともあり、サイトのチョイスがかなり雑ですね。今では絶対に使わないようなサイトも含まれていますね~それでも、結果が出ていたんですね~。

無 料で知名度もあり、優良サイトだったメグリアイ(今は存在しません)がかなりいい数字を出している状況からも、出会い系サイトの栄枯盛衰が面白いです。今 はあまり見込みのない無料の出会い系サイトも悪質なサイトが少なかったことや出会い系サイト規制法がまだ存在しなかったこともあり、それなりに出会えてい たのが実績の結果を見てもわかります。

雑なサイト選びや利用しているサイトの数が少ないにもかかわらず、メールアドレスの交換数や出会い数 がかなり多いのも、住んでいる愛知県の名古屋市以外にも名古屋近隣の市や岐阜や三重など近隣の県にまで手を出すなど、広域化を進めるという攻略法を身につ けたことと、YUTARO自体若かったので精力的にアクションを起こしていたのも一つの要因だと思います。各サイトともに、それほど実績に遜色無い状態で すね。

月別に見てみると、出会い数はそれほど大きな差はありませんが、12月のメールアドレス交換数がかなり増えています。クリスマス前と 年末休みにはアクティブな利用者が増えるので、この12月に頑張っておくと結果に結びつきやすいと思います。特に年末の連休は学生や社会人など全体の女性 利用者が増えるので年末休みと正月アポの成功にかなりつながりやすい気がしますね。

追記

2004年から10月から管理人YUTAROの出会い系サイトを利用した実績を取るようになりました。利用している出会い系サイトも、ラブサーチという今も利用している優良サイトもあれば、今は知名度が低くなってしまったブーアイブーや、無料サイトで運用されてしまったけれど、ナチュラルに変更されて悪質サイトサイドに変貌してしまったメグリアイなど、ちょっと振り返ってみると懐かしいです。

ちなみに現YYCは この2004年当時ワイワイクラブという名前(紛らわしいのでYYCで統一しました。)で世に出ていて、まだライブドアの子会社的な感じで運営されていた と思います。(ホリエモンこと堀江貴文氏も健在でした)。その後、ライブドアショックを乗り越え、ホリエモン氏が退任した後は、ライブドアの運営を全面に 押し出しライブドアYYC(ワイワイシー)として運営されていましたね。その後livedoorはNHN Japanに吸収されたものの、ライブドアのポータルサイトは残り、今現在もYYCとして生き続けているというなかなかしぶとい・・いや老舗の優良サイト として生き続けています。

2016年 》2015年  》2014年 》2013年 》2012年 》2011年

出会い実績トップへ

Return Top