【ワンナイトラブ】沖縄女子と泡盛飲んでホテルへ連れ帰った話

ゆうなんぎい

 沖縄女の酔わせて口説く!酒を飲んで一緒に楽しめばなんとかなる

最初から読む⇨ハッピーメールで知り合った女の子とドライブデート

二人でとても贅沢な時間を過ごした。車は、那覇に向かって走り出す。俺、観光してるやん。

ベタな沖縄プランに喜ぶ。車は、那覇に到着。ホテルの近くに車を停める。

そして二人で国際通りまで歩いた。今日は沖縄の料理が食べたい・・。

そして彼女を酔わせて口説きたい・・。酔ってしまえばなんとかなる。

いや俺は酔わないと俺は行動に移せないダメ男なのだ。アルコールよ、オラに力をくれ!

沖縄料理の名店「ゆうなんぎい」へ

ということで、食べログで検索。

『ゆうなんぎい』というところが評価が高かったので、そこで沖縄料理を堪能することに。

入ってみると、小上がりのあるオープンな客席で、たくさんの泡盛のキープが並んでおります。

昔ながらの沖縄の居酒屋という雰囲気。ただ、デートで使うにはちょっと家庭感が出すぎているような・・。

 

「こ、ここでよかった?」

美「え?全然!こういう雰囲気好きだよ~」

 

ええ子や、美ら子。恋に落ちてしまいそうである。

乾杯の声とともに、グラスはぶつかりあう。

フーチャンプルをつまみに泡盛ボトルで!

フーチャンプル

二人は沖縄料理(フーチャンプル激ウマです!)に舌づつみをうちながら、杯を重ねる。

 

「美ら子、飲めるねえ~嬉しいねえ~(*´д`*)」

美「しゃべり方がおっさん化してるよ~私ね~お酒強いの!」

「こりゃ落とすの大変だねえ~」

 

美「そうだよ~酔いつぶれたりなんかしないんだから!」

「飲むと、エッチな気分になったりしないの~?」

美「こら!おっさん!まあ性欲は強くなるかな!」

「そこ答えるんだ!( ゚Д゚) 」

美「ちょっと酔っ払ってきたということでw」

泡盛残波

「てか、泡盛飲める?」

美「好物www」

「チャンス!泡盛をボトルでお願いします!」

 

すかさず泡盛と水割りセットを注文し、YUTAROを攻撃を開始する。

少し美ら子の目もトロンとしている。

 

彼氏いなくて寂しいから出会い系する。

「でもなんで、出会い系?」

美「仕事上、あんまり出会いもないし、こっちの人以外にも会えるでしょ?」

「そっか~☆美ら子なら普通に出会いありそうだけど・・・」

 

美「だって彼氏いないの寂しいもん。」

「でも、出会い系って・・」

そんな私は出会い系で旅をしているわけですが・・。

 

美「でも楽しい人でよかった。」

「おれも、美ら子会えて良かったよ・・。」

 

美「どしたの?急に赤くなって・・」

「いや・・臭いセリフは・・苦手でして・・。」

 

美「ははん・・。じゃあ泡盛どんどん飲んで!」

「あんまり飲んだら帰れないよ~」

 

美「帰さないぜ~♪今夜は!」

「逆やろ!お前がいうな!w」

ということで、超ハッピーな時間は続いていく。

 

うう・・泡盛を舐めていた。

かなり濃い目のやつを何杯も煽ったので、記憶が混濁してくる。

俺たちは、いつの間にか店を出ている。

会計はちゃんとしたのだろうか?

 

「どこにいくの?」

美「コンビニだよ~今からYUちゃんとこで飲むんでしょ?」

「はい?いいの?」

テンションが最高潮のYUTAROは、部屋で飲みなおそうと美ら子を誘った(われた?)のだった。

ホテルへお持ち帰り。

美ら子と二人で千鳥足。

国際通りから宿泊先ホテルのある泉崎に向かって歩いていると、さらに酔いが回ったようだ。

(ここはどこだろうか?)

ふと薄暗い路地に出る。

路上でキスしながらホテルへ彼女をお持ち帰り

「美ら子・・キスするよ・・?」そう言って唇を重ねる。

どうやら南国という場所は人を大胆にさせる何かがあるらしい。(でもキスは許可制)

 

道中、ところどころで美ら子とキスをぶちかまし、ホテルの部屋に帰ってきた。

唇がなんだかヌルヌルとしている。

2ページ目⇨ワンナイトラブ。沖縄の女子は性に開放的だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。