ネットで恋人ゲットナビ!出会い系サイトマスターを目指せ! サクラに騙されない!

革新4 「生きてた!」Facebookで懐かしい面々と再びつながる。そしてあの子も・・

嬉しい!お前ら生きとったんかワレ!

生きてた

Facebookをダウンロードしたものの、苺女と衛生女と二人の女性と二股をかけているものとしては、このアプリは危険度が高いと悟った。

結局昨日はプロフィールを作っただけで、ほとんどアプリを開くことは無かった。

 

苺「じゃあYUちゃん仕事に行ってくるね!」

 

朝ごはんを二人で食べると彼女は仕事に向かった。

苺女と会う日はウチによく泊まるようになった。

週に二回、多い時は三回。

 

彼女の職場が博多駅の近くにあるので、美野島から通ったほうが便利なのかもしれない。(市内だが彼女の実家は遠い)

泊まる時は彼女が手料理を振る舞ってくれるので、デートするよりも出費は少ない。

 

「もしかすると・・そのうち同棲とかもあるのかな・・。」

 

付き合ってまだ1ヶ月ほどだが、彼女との生活は随分馴染んだものになっていた。

だからこそトラブルは避けなければならない。

 

俺はソファに寝転ぶと、スマホのロックを外す。

そして悪魔のアプリ、Facebookを開いた。

 

あれ・・?昨日よりも「知り合いかも?」の人数が増えている。

 

「えっと・・たしか連絡先で友達探せるんだっけ?」

 

俺はヤバいアプリとわかりつつも、どんな人が表示されるのかチェックしてみることにした。

ズラッと表示されるメンバーはやっぱり女性が多い。しかも地域が全国規模だ。

 

見に覚えのない名前ばかりで、イマイチ身に覚えがない。(連絡先だけ交換して会っていない子も多い?)

おそらく全国出会い旅の時に知り合った(連絡先を交換した)女性が表示されているに違いない。

 

「うーん。やっぱり怖いわ・・このアプリ」

 

とりあえず、地元の男友達や、福岡の男友達にリクエストを送っていく・・。

早いヤツだと1分で友達になった。

 

(お前どんだけFacebookチェックしてんねん・・。)

そうやって連絡先つながりから相手を探していった。

 

懐かしのキャラをFacebookで見つける

「あれ?この子・・もしかして・・嘘・・。」

 

一人一人プロフィールをチェックしていくと、思わぬ女の子に繋がったりする。

 

北海道のキャバ嬢。

沖縄でアポしたシングルマザー。

大阪のショップ店員。

 

懐かしい・・懐かしい。

 

面識のある女性のうち何人かが既に結婚していた。

中には玉の輿にのっているヤツもいた。

 

震災後に連絡が取れなくなっていた子の安否確認が取れる。

そして、宮城の女の子。

2011年3月の全国出会い旅で、西日本に行くか東日本行くかで迷っていた時に連絡していた子だ。

 

その後、東日本大震災によって東北地方は大被害を受けたのだ。

そして彼女との連絡は途絶えた。

 

(もしかしたら・・)

 

最悪の状況を考え、ずっと引きずっていた。

 

「うわああ!生きてたんや!良かった!良かった!」

 

俺はマジでそう叫んだ。被災者の方からすれば失礼言い方かもしれないが。

 

「良かった・・本当に良かった。」

 

俺は懐かしい彼女達にも友達リクエストを送っておいた。

そのままリクエストをスルーされることもあったが、多くの子が友達になってくれた。

 

中にはちゃんと覚えてくれていて、「久しぶり」とメッセージをくれる人がいた。

 

仙台の子もちゃんと連絡が取れた。

震災後、結婚して今は東京にいるらしい。実は結構なお嬢さんでビックリした。

 

「おいおいFacebookってなかなか楽しいやん!」

 

過去の女性達を久しぶりに見ることが出来て、そして彼女達いまどんな生活をしているのか、欠片だけでも知ることが出来て俺はなんだか嬉しかった。

そして自らのタイムラインを覗いた。

 

「〇〇さんが〇〇さんと友達になりました。」

 

嘘・・友達になったのも誰かにわかっちゃうの?

 

ザッカーバーグよ・・なんでこんな仕様にした!

血の気がサーッと引いていく・・。

 

(俺・・後半女の子とばっかり友達になってるやん・・。マズい・・。苺女にバレたらマズい・・。)

 

帳尻をあわせるため、たいして知りもしない男たちに友達リクエストを送りまくった。

 

(これで大丈夫かしら?)

 

何が大丈夫なのかよくわからないが、その時は大丈夫な気がしたんだ。

そして・・連絡先からの友達探しも終盤になろうという頃。

リストに見覚えのある顔が表示される・・そう・・毎週のように会っている顔だ。

ビールグラスを片手に微笑む彼女の顔。

 

これは・・多分少し前に二人で行った店だ。

 

「え、え?衛生女?」

 

そう彼女もまたFacebook使いの一人だったのだ。

俺は昨日に引き続き気を失いそうになるのだった。

ーーーつづくーーー

苺女と出会ったサイトを見る

衛生女と出会ったサイトを見る

前の記事次の記事

この話を最初から読む

みんなのコメント

  • Comments ( 7 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ゾクゾクします^^

  2. あかんで!!
    でもワクワクしちゃう(笑)

  3. ひえ~~~!
    心臓がキュッとなりますわ笑

  4. 血の気が引いてきた(>_<)

  5. うわぁー!二股してるときにフェイスブックは、、、ひりひりしますね〜(°_°)笑

    他人事だからめっちゃ面白いです♡笑

  6. By チーム挫折禁止

    SNS界でも二股こなしてこそ漢

  7. 嵐の前の静けさ😃

    どっちが気がつく?

あなたのコメント待ってます!

*

Return Top