一難6 とりあえず布団に誘導するわ

空腹が満たされた後はアレでしょ?

kanojyohuton

「ふう!美味かった!お腹いっぱいですわ。」

タヌキ女は台所で洗い物をしている。

タ「あったかいお茶いる?」なかなか気が利く女だ。

とうとう当たりを引いたのだろうか?僕、札幌で結婚するかもです。

さて、腹が満たされたあとは・・そして付き合いたての男女がすることといえば・・セックスでございます。

彼女も今日はウチに泊まっていくと言っている。

これは、暗黙の了解で抱いてもOKということなのだろう。まずは身を清めなければ・・

「ちょっと汗かいたからシャワー浴びてくるね。」

かなりワザとらしいが、ワザとらしいくらいが「これから結ばれるんだぜ!」と彼女にも伝わりやすいに違いない。

タ「あっ行ってらっしゃい。でもお茶冷めちゃうかも?」

「ええんやで、なんなら一緒に入るかい?」

タ「いや・・それはかなり恥ずかしい。」

ふふ・・ウブやのお。恥じらいとはこうもいいスパイスになるものだろうか?

YUTAROは服を脱ぎ捨てると、勢いよく蛇口をひねった。「つ、冷たあ!」

加齢臭もワキの悪臭もとんでけー♪カラスの行水を終えると、スウェットに着替える。

洗面所の鏡に映ったその姿は完全に「日曜日のお父さん」であった。

・・お、老いたな。

「お先、タヌキ女も入ってきたら?」

そのスキに布団をしいて、カマグラ(バイアグラのジェネリック品)を飲んで・・我は戦に備えるつもりである。

タ「うーん。まだご飯食べたばっかりだし、もうちょっとしてから入るね。」

早く入れよ!このメス豚があ!

「そうだね・・じゃあお布団だけでも敷こうかな?ゴロゴロしながらテレビを見よう!」

ゴロゴロしながら、彼女のオッパイを触らせていただこう。

タ「食べてすぐに寝るとめっちゃハゲるらしいよ(笑)」

「・・もうハゲとるわい・・(ノД`)とりあえずテーブルどかさんかい。」

手際よく布団を引くと、「ささ・・入って、入って!狭いところですが・・」

と強引に誘導。

もう完全にYUTAROの下心もバレていることだろう。

タ「うーん、仕方ないなあ~」

第一関門突破でございます。

※今日はいまからアポなのでここまでっす。続きは明日!

ーーーつづくーーー

タヌキ女と出会ったサイトをチェック

タヌキ女が登場する日記を見る

7 Comments

たなかひでとし

アポとかいってる時点でこの子とはもう終わってしまってるのがわかってしまうなぁ(T0T)

返信する
くゆしゅー

いいッスねぇ~
この、これから始まるワクワク感!
ウブ目なタヌキさんにもドキドキしますー(^^)

返信する
カズン

初めてコメントさせてもらいます、新潟県に住んでますカズンといいます。前のブログから拝見させてもらっていて勉強させてもらってます。続きも楽しみにしてます。

返信する
YUTARO

まいど!すいません!更新の予定でしたが、アポの途中で追突事故されててんやわんやでした。ちょっと落ち着いたんで今日続きを書きますね~

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。