「かわいい子を紹介する」で広島のバーへ。相手はキャバ嬢だけどゴリラ似。一応お持ち帰りに挑戦

キャバ嬢お持ち帰り

「可愛い子紹介するから」はアテにならない。

一話目▶広島出会い編 出会い系の掲示板と格闘!アポに変な女が来た!

ホテルに戻ると。スグに眠ってしまった。

「ブーブーブー!」

携帯のバイブ音に起こされる。まだ真夜中だ。

番号を確認してみると、アドレスに登録されていない見覚えのない電話番号だ。

夜中に着信。なんだ?

「誰や・・こんな夜中に電話とか怖い。」

でも緊急の用事だとヤバイのでとりあえず出て見よう。

お好「もしもし!私です~お好み女です。」

 

聞き覚えのある声は、3時間ほど前まで一緒にいた女のものだった。

 

「あっどうも…」

寝ぼけているらしく、言葉が上手く出てこない。

 

お好「さきほどは、お好焼きご馳走様でした!美味しかったです!すいません突然抜けてしまって。」

「いや、全然…。お気になさらず。」

そっけなく返事を返す。明日には広島にはいない。もう彼女とも会うことはないだろう。

律儀に電話をくれるのは彼女がいい人間性の持ち主ということだろう。

 

お好「YUTAROさん怒ってます?」

「いや、全然‥寝てた。」

まさかの「今から飲みません?」

お好「あら~起こしちゃいましたか!?すいません!」

妙に声が大きい。もしかするとずっと飲んでいたんだろうか?

 

お好「てか?今から一緒に飲みません?」

ツッコミどころ満載で、頭が混乱する。

 

(この女、常識の枠を大きく越えているニューヒューマンだ!)

 

こういう女は嫁にしてはいけない気がする。・・隠れジャイアンだ。

思い通りに人を動かしたいタイプ。思い通りにならないとそっけなくなるタイプ。

無駄に体力がある。無駄に内臓が強い。そして無駄に性欲が強い!(やばい今の自分が全部欲しいものだ。)

嫁にしてしまったら、浮気とか、不倫とか、家事放棄とかいろいろありそうだ。

 

「なんという身勝手な女だこと。振り回されてたまるもんか!」

 

ややこしくならない程度に電話を切ろう。

「いやあ・・さすがに今からは・・。」

お好「実はですねえ~いま、女友達とバーで飲んでて。」

「・・ほう。」

お好「すっごくかわいい子なんで一緒にどうかなって。紹介したいんです。」

 

可愛い子がいるから会いに行く。手のひらくるくる

な、なんだと。お前すっごくいいやつじゃねえか!

頭の中で緊急のアラートが鳴り響く。

「かわいい子 紹介」なによりも効くキーワードに心は激しく揺れた。

 

「行くべきか?行かざるべきか?」

心の中では、答えはとっくに決まっていた。

 

「へい!タクシー!」(゚Д゚)ノ

10分後には、YUTAROは、真夜中の路上でタクシーを止めていた。・・どうしてこうなった?

 

「ちょいと街まで」

運ちゃん「かしこまり。」

真夜中広島タクシー

アスファルトタイヤを切りつけながら、時速50キロで広島市街を走り抜ける、気分はGETなWILDだが、安全運転でお願いしまーす✩

時折赤のシグナルで車は停止した。

 

「すげえ可愛い子だって♡楽しみだなあ♡」

 

俺は広島の飲み屋街、流川に現れる。

 

(何がなんでもどっちかをお持ち帰りしてやる!!さてと、ここはどこ?)

何も考えずにホテルを飛び出して来たので、店がわからない。お好女に電話をする。

 

「もしもし?たぶん近くについたと思うんだけど。」

お好「ホントですか?さっき電話したばっかりなのに早い!今どのあたりですか?迎えにいきますよ?」

ええ・・可愛い子紹介してくれるってんで急いできましたよ。

 

「えっと◯◯のコンビニの前だよ。お迎えお願いできる?」

お好「もちろんです~!じゃあ今から行きます~!」

なかなか気の利く女だ。さっきはボロクソに言ってごめんなさい。

そもそもオッサンが若い女子に誘っていただけるというのは名誉なことだ。

 

「可愛い子を紹介する」という男心を刺激するキラーワード。

どんなに夜遅かろうが、どんなに体調が悪くても顔を出すべきところ。

コンビニの前でタバコを吸って待っていると、お好女がやってきた。

 

彼女と再会。広島流川のバーへ。

お好「YUさんお待たせしました~。」

「わざわざ迎えに来てくれてありがとうね。てか、こんな夜遅くまで飲んでるとかタフだね~。明日の仕事大丈夫?」

お好「私、タフなんですよ~!酒飲みなのは、きっとおじいちゃんに似たんだと思う。でも明日は仕事お昼からなんです。もう・・お酒飲むのに、時間なんて気にしちゃダメ!」

・・他人を巻き込む酒飲みの発言だ。

 

「…てか友達は?」

お好「友達はお店で待ってますよ~。ウフフ楽しみでしょ?」

「うん!めっちゃ楽しみ。はよ可愛い子に会いたい。」

お好「あはは♡いまだらしない顔した!」

「これは、もともとです。」

 

行き先がぼったくりバーだったら・・YUTAROは舞い上がって全く気にもとめない。

酔っ払い(お好女)との会話を楽しみながら、広島の流川のとあるバーに到着。もう午前1時過ぎだ。

バーというより、カフェのような、カジュアルな雰囲気の店。どうやら、ぼったくりバーじゃなさそうでよかった。

店内には入口付近に、白人の女性客が二人座っていて、とても美人。

 

(めっちゃ美人だけど・・まさか紹介したいのって外人さん?)

いやいやお好女が「かわいい」と言っていたのは、この子ではなさそうだ。

 

お好「連れてきたよ~」

「どうも~。」

これから、女性二人とYUTAROの2対1の飲み会だ。なんと贅沢な逢瀬だろうか。後酔っ払って、3Pとかエロい状況に発展ですかね?

 

(いやいや・・若い女性二人を相手にするような・・そんな精力ないですよ~。)

 

出会い系サイトで、ぶっとんだ性格の女性との出会いはそれなりにあるものの。未だに3Pとか4Pとか複数でのセックス経験はない。

とうとうチャンスが周って来ましたか?

 

いよいよ「かわいい」ご友人とご対面である。

ドキドキワクワク・・。

結果は?良く言えば黒木メイサ似。悪く言えばゴリラ。

可愛いと思ったらゴリラみたいな女

ちょっと肩幅と体格とあごがゴツイ印象だが、ホリが深くて目が大きい。以後あなたをホリ子と呼びたい。

これって・・かわいい?のかな?ブスではないが。

好き好みが別れそうな顔だ。よく言えば黒木メイサをさらに濃くしてゴツくした感じかな。

良く言えば、黒木メイサ。悪く言えばゴリラだ。

「可愛い子紹介してあげる」という言葉は本当にアテにならない。

女の可愛いは容姿以外も含む。

それでもブスが来たこともあるし、めっちゃ美人を紹介してもらった事もある。

女子の言う「可愛い」は、

  • 「性格が可愛い」
  • 「容姿が可愛い」
  • 「仕草が可愛い」
  • 「喋り方が可愛い」
  • 自分が一番可愛い」

となんでも含まれているから要注意だ。男の言う可愛いとは根本から違う。

だから、ちゃんと「顔が可愛い子を紹介して」と指定しなければならない。なかなか言い辛いが。

性格の捻じ曲がっている女だと、自分が一番際立つように、自分以下の容姿しか用意してこない。

「良い子」の場合はブスが混ざってる率が高い

女性の言う「すっごく良い子」の場合は余計やっかいだ。

「YUくんに紹介したい子がいるの、すごく良い子だよ♪コンパしよ!」

そんな言葉に騙されて、一度動物園のようなコンパを開催した事がある。その時は処女っぽい、コミュ障が二人混ざってた。

 

「良い子」となると、さらに表現がうやむやになっている。

可愛い子やイケメンであれば、「イケメン」「可愛い子」と相手に伝えるはずだからだ。

  • 「性格の良い子」
  • 「人畜無害な良い子」

良い子にはこの二つくらいしか残ってない。よりブス地雷度は跳ね上がるのだ。

2 Comments

とい

久々に米をば。
お好女・・・まいうぇい!っすな(笑)
何やら・・・
ぼったくりバーに向かってそうな?(謎)

返信する
yutaro(管理人)

睾丸無恥さん
ありがとうございます~帰ったら書きますんでしばしお待ちあれ~✩

といさん
コメントありがとう~!お好女はどっちかっていうと男っぽい感じでしょうかね~?自己中なんだけど嫌われないタイプw

返信する
yutaro(管理人)

出会い旅は時間的な余裕がない分、少しでもチャンスを無駄にしないように、急展開になることが多いですね~。今後をお楽しみあれ!

返信する
エボ

師匠

詐欺師に引っかかった被害者をもう一度引っ掛ける、2度詐欺の手順か・・・

連れの飲み代も払わすのか・・・・

返信する
yutaro(管理人)

エボちん、詐欺ってほどでもないですが、そこらへん女性は計算高いですね~まあキャバクラやガールズバーよりは安いと考えたら救われますw

返信する
とい

ぼったくり!では無かったようで・・・一安心(笑)

3Pへの期待感も薄れ気味で
支払いだけはYuさんの元へ。。。かな?

に、しても
お好女・・・脈有り展開ですな!

返信する
yutaro(管理人)

なかなかぼったくりってのはないですが、高い店で食事をしたがる嬢はいますね~w
といさんなかなか鋭いですw

友達を呼ばれると出会いの幅は広がって行くんですが、こういう遠征地だと逆にそれがネックになりますわ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。